ドラマの話をしましょ

今放送中の朝ドラ、もう一度見たい朝ドラについて語ります。役者や脚本家についてもときどき。過去の朝ドラを懐かしむ記事もお楽しみください。たった15分のドラマが繰り広げる世界を楽しみましょ!

スポンサーリンク

天国と地獄 入れ替わった二人に気持ちの変化! 相反する対抗意識から確実に何かが変わった

天国地獄 ~サイコな2人~

2月7日放送 第4話。

入れ替わりのドラマは、どんどん進行しています。

 

彩子(綾瀬はるか)の相棒である八巻(溝端淳平)のみ、二人の入れ替わりをズバリ知っていて、

周囲の人は、何かが変、と勘づきはじめている。

でも、まさか2人が入れ替わっているとは思うはずもなく・・・。

日高陽斗(高橋一生)と入れ替わった彩子(綾瀬はるか)のほうが、仕事場で大変そう。

しかも社長。無理な話だ。

そこのところは、なんかほったらかしの感じが笑える。

もっと細部(机の引き出しに何が入っているか、とかパソコンのパスワードとか)のことなど

いっぱいわからないはず、なのに、なぜか自然に動けているのは笑える。

ま、お互い情報交換済ってことで進んでいるのですが・・・。その自然さが明らかに不自然。

気持ちの上で何かが変わった。見つめ合う。キラリーン!ドキッ!

日高陽斗(高橋一生)に扮した彩子(綾瀬はるか)は、右も左もわからないなりに

なんとかガンバるけど、しょせん無理。

周囲はすぐに社長の異変に気づいていました。

社員たちに問い詰められ、陽斗(高橋一生)が切り出した言い訳が・・・・

 

不注意で転んだ事による記憶障害ということでなんとか、乗り切りました。
日高陽斗に入れ替わった彩子(高橋一生)は実妹と会うことになる。

そこで昔話、思い出話しに花が咲く。

実妹から聞く話や、職場での彼の人間関係を知るうちに少しずつ気持ちに変化が。

 

日高陽斗(高橋一生)という人間がいったい何者なのか?

果たして悪人なんだろうか?

もしかしたら共犯者がいるのでは?

彼一人の犯行なんだろうか?

そんな疑問をいだきはじめる。

誰かに操られているとするなら、それは誰なのか?

そんなふたりに、ある団結意識のようなものが芽生えているのかもしれない。

そんなふたりを前に、ひとりハラハラ・ドキドキ、焦りまくっている男のことを忘れてはいけない。

八巻(溝端淳平)の開いた瞳孔、挙動不審な行動はいつまで続くの?

そう、彩子(綾瀬はるか)の後輩である八巻英雄(溝端淳平)です。

ふたりの秘密を知ってしまったばかりに、入れ替わった彼らよりそわそわ、びくびく。

開ききったままの瞳孔で動向も怪しい。挙動不審の彼のほうがよっぽどおかしい。

彼にしてみたら、そうなるのは無理もない。

職場で一緒にいる彩子は実は日高なんだから。

会話もままならない。

 

もしかしたら殺されるかもしれない。

犯人に協力したということで、犯人になってしまう!

そりゃ、あの顔になってしまうのはうなずけます。

いつまであのような立ち回りをするんだろう・・・・

見ているこちらも、どきどきしてきます。

あんなふうに電話して、いつ誰に聞かれるかわからないのに、焦ってしまいます。

あんなにドキドキしながら行動しているのに、

日高に扮した彩子(綾瀬はるか)に失敗を責められて、なんだかかわいそう。

 

今後のお楽しみは河原(北村一輝)と同居人・陸(柄本佑)らの関わり

頼もしいと思わせていた上司のセク原こと河原(北村一輝)は、強引な捜査をしたため、

捜査の第一線からはずされることに。

はずされた彼が、今後どのように事件に食いついてくるか、も今後のお楽しみの一つ。

 

同居人である渡辺陸(柄本佑)も、もちろん彩子の異変に気づかないはずはない。

今後、彼もこのドラマに大きくかかわってくるはず。

次回は、陸が日高(高橋一生)に会いに行くとのこと。

日高が彩子(綾瀬はるか)だと感じることはできる?

八巻(溝端淳平)のように何かを察してくれるのか?

果たしてどうなる?

 

ドラマは後半戦に突入します。

奄美大島に行ったことが、今後のストーリーにどう絡んでくるのでしょうか?

 

東京フレンドパークで綾瀬さんと高橋さんの関わりが、そっけなく感じたのはこのドラマへの意気込みからだった?

このドラマの面白さが加速するにつれ、思い出すのが番宣も兼ねたアトラクション番組

『関口宏の東京フレンドパーク』

今年、2021年1月3日に放送された新春3ドラマ超豪華俳優大結集SPです。

 

その番組での、綾瀬はるかさんと高橋一生さんの関わりが気になっていました。

他のメンバーたちは、フレンドリーに笑顔で接していたのに、

綾瀬さんと高橋さんは、妙によそよそしい、と感じました。

極力、絡むのを抑えていたように思うのです。最小限にしていたような。

一瞬、高橋一生さんは綾瀬さんのこと好きじゃないのかな? って思ったほど。

でも、このドラマを見てわかりました。

あそこで、ふたりがワイワイ仲良くはしゃいでいたら(その残像が)多少なりとも

ドラマに影響するかも・・・。

それは、きっとこのドラマのことを思っての行動だったのでは?

今となってはそう思えてならないのです。

その時から、このドラマに対する想いは固まり高まっていたのですね。

 

役に徹するなら本当は、番宣などしたくないこともあるのかもしれないなぁ。

そんな事を考えさせられました。

 

天国と地獄って、Twitterでのつぶやきでも話題沸騰!

面白いと感じている方のつぶやきが、いい。

 

彩子(綾瀬はるか)になりかわっている日高陽斗(高橋一生)のこと、

イセ子さんと親しまれているんですね。

イッセイだから、イセ子。なるほど。

 

二人が入れ替わったのには理由があった

忘れてはいけない、二人の会話。重要な会話でした。

「だから私はあなたと入れ替わった」という内容の言葉。

 

え!?  

いったいそこにどんな理由があるというの?

入れ替わった人格似、だから、という理由があった!

このくだり、きっと今後のドラマのキーポイントになりそう。

来週、その理由はわかるのか?

ドラマのお楽しみはますます加速していきます。