ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

エール 軽い女になれずとも恋実る! 重かろうが軽かろうが恋は実る?

朝ドラ エール 第23週  恋のメロディ

 

18(木)放送のエールのラストは衝撃的でした。

華、軽い女になる

明日放送!

テロップにでかでかと書かれた文字に大いに期待してしまいました。

どんな女になろうというのか?

軽い女になるために、夜の街へくりだしてみる華さん。

いろんな男性と話してみる、が軟弱な男にイラつく結果に。

軽い女になる、という計画は早々に挫折。

 

今日の放送。軽い女になる計画に期待したものの、

結果的には、そのままでも十分いいのだってこと。

そのままの華(古川琴音)を好きになってくれる人が、すぐ側にいた、

ということでした。

アキラ(宮沢氷魚)のリハビリがきっかけではあったものの、

華ちゃんもどんどん惹かれていたのでした。

 

今回もラストの母・娘のやりとりに思わず笑ってしまいました。

彼ができた、と宣言した華の言葉に「ギャーッ!」と反応した母。

まるでお化け屋敷でおばけにでもあったかのよう。

 

さてさて、この恋のゆくえはどうなるんでしょうか?

 

母(二階堂ふみ)はきっと応援してくれるはず。

でも、父である裕一(窪田正孝)はどうだろう。

おそらく、ひともんちゃくある気がします。

ロカビリー歌手ということでしたが、二人のご対面も見どころです。

 

娘が恋した男と父との対面が気になるところです。

 

予告を見てみると、裕一(窪田正孝)が華が勤務する病院に入院することに!

そこで出会ってしまうのね、娘の彼と。

どういう展開になるのか、楽しみ。

 

はたして、ふたりのこの恋は実るのか?

結婚までたどりつけるのか?

来週からのエールも楽しみです。