ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

キワドい2人~K2 山田涼介・田中圭・椎名桔平でK3とも言えるのでは?

キワドい2人 K2

 

キワドい2人 略してケーツー(K2)か。

第一話、正直あまり期待はしていませんでした。

なんだかチャラい刑事の物語か、と。

 

四角四面まじめな新米刑事・神崎隆一(山田涼介)と感性で生きているような無鉄砲な

中堅刑事・黒木賢司(田中圭)の物語です。

刑事モノといや~、思い浮かぶドラマは、「兄きぃ~」で有名なショーケンと水谷豊の

傷だらけの天使

ついつい比べてしまう。

ちゃいます、ちゃいます。まったくベツモノです。

 

神埼と黒木の体調的な掛け合いは、だんだんリズミカルになり視聴者をも巻き込む。

あちゃ~、事件が解決へとむかっていくではありませんか。

互いの勘と思いつきが、調和を持って良い方向へと向かっていく。

まさにドラマじゃ、と思わずにいられない箇所、多々あり。

 

初回は15分拡大で、話は進みます。

ドラマは初回から意外な展開へ。

これは、第一回目を見逃した人も、次回から見てもわかるからくりになっている。

初回を見逃した人は、パラビで見ることができますが、それを見なくても次回見たらわかるようになっている。

 

え?! あの二人の関係は?

初回のラストの方で、一気にドラマが盛り上がる。

二人の父親は、神崎賢造(椎名桔平)でした!

その昔、刑事をしていたという賢造は、今は蕎麦屋の店主。

彼の過去にはなにがあったのでしょう。

二人の子どもは? 腹違い?

 

いやいや、そうではなくて神埼を名乗っている隆一は、犯人、もしくは被害者の子どもだった? その子を引き取ったのが、賢造(椎名桔平)?

で、黒木という姓の黒木賢司(田中圭)が実の子ども?

なら、なぜ姓が違う? 

いったい、この3人の関係はどないなっとるんだろう。

ケーツー・K2ならぬケースリーK3とちゃいますか?

かなりキワドい、この3人!

思わずそんなツッコミを入れたくなるほど。

 

初回からこんなドキッとさせられたら、つぎはいったいどんなドキッが

待っているのかしらん。

楽しみですわ。

 

その親子のからみのあたりで、ちょっとしたサスペンス要素も加わり、

ドラマはチャラさだけでなく、深み(?)をましたではありませんか。

 

このドラマを、面白くさせているのは、話題の田中圭&山田涼介というキャストと

ストーリーに加えて、出演している脇役たちの名演技にもあります。

 

木村ともこ役の江口のりこさん。刑事課所長・末永光一に扮する矢島智人さん。

彼らのドラマ中のキャラと名演技がこのドラマを大いに盛り上げています。

 

このドラマから目が話せません。

来週が楽しみです。

まだ第一話が終わったばかり。まだ間に合います。

キワドい2人 K2

このドラマにハマりましょ。