ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

私の家政夫ナギサさん いよいよ最終回 二人の結婚どうなる?

私の家政夫ナギサさん

初回からハマりずっと見ております。

あれよあれよという間に、ついに次回が最終回。

 

家政婦ならぬ家政夫が。おじさんだけどお母さんみたいな包容力にあふれている。

部屋の片付けから、食事作り、心のケアまでしてくれるというのですから、

こんなに心強いことはありません。

親なら、一人暮らしをしている我が子にこんなナギサさんのような人がいてくれたら、

と願ってしまう、そんな心強いパートナーなんです。

 

主婦で共働きをして子育てしている女性にも、ナギサさんがいてくれたら。

「一家にひとりナギサさん」

そんな思いをつのらせながら見ております。

 

鴫野ナギサという家政婦の役を演じているのが大森南朋さん。

ナギサさん表情がとても豊かで思わず見入ってしまうのです。

 

家政夫としてメイ(多部未華子)と一緒に時間を過ごすうち、少しずつ少しずつ

愛というか恋に芽生えてきている二人。

どちらも気づいているのに、気づかないふりをしながらの微妙な関係。やりとりが

見ていてはがゆくもあり、切なくもあり、やきもきもあり。

 

いったいどないなるん、この二人。

いっしょになればいいのに・・・。

 

この二人の気持ちが、だんだんわかってくるというのが8月25日放送の第8話だったのでした。

最近のドラマは9話で終わってしまうのですね。

夢中になればなるほどあっという間のストーリーってことになってしまうのが、

なんだかもの足りず残念。

 

第8話の回想シーンは効果的でした。

ふたりのキモチが回想シーンでズーンとクローズアップされて。

こういう回想シーン、いい!

 

常々ドラマの回想シーンには疑問を感じているので

doramanohanashi.chaosan.info

 

ナギサさんとメイの関わりと気持ちの推移をよみがえらせてくれる回想シーンは

視聴者として嬉しいものでした。

 

このドラマのエンディングに流れるあいみょん歌う「裸の心」が流れてくるときには

もう泣けて泣けてしょうがない。

このが実りますように、と思ってしまうわけです。

 

ってことで、次回でドラマは終わってしまうのですが、

最終回前に盛り上がってしまうと最終回のハードルがあがってしまうわけで。

どうなるのか、とても楽しみです。

 

ナギサさん(大森南朋)の家政夫としての契約が終了すると知ったメイ(多部未華子)

ショックを受け動揺します。

で、とんでもない提案を思いつくわけです。

結婚しよう! というよりトライアル、お試し結婚!

最終回はトライアル結婚生活のお話です。

思いを寄せてくれている隣の住人でもある田所優太(瀬戸康史)とは

どうなるのでしょうか?

楽しみです。

 

このドラマがどう締めくくられるのか?

最終回レポートも書こうと思っております。

ドラマの話をしましょ、しばらく更新ストップしておりましたが

また読んでいただけたら嬉しいです。