ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

同期のサクラ 最終回はヒジョーに難しい、涙一滴も出ず。あんなに泣いていたのに。

同期のサクラ 最 終 回

 

このドラマをどれだけ、楽しみにしていたことでしょう。

毎回、涙し、毎回感動の渦に巻き込まれていたというのに・・・。

そして、どれだけ、このドラマの最終回に期待したことでしょう。

 

今日も、仕事仲間や妹とともついに最終回だね、とドラマ話しに花を咲かせていたところでした。

 

前回を最終回としたほうがよかったのでは? と思うぐらい、

取って付けたような、ストーリーの最終回でした。

 

ドラマの最終回が、いかに難しいかがよくわかりました。

私には夢があります、という感動のせりふも、小学校の卒業式の呼びかけのように

なってしまいましたし。

 

あのセリフで、流した涙はなんだったんだろう? と思うくらい涙は一滴もながれませんでした。

あのセリフのバックに流れる森山直太朗さんの歌も、桜の花の下でまた会おう、という

歌に合わせたような設定に、唖然としてしまいました。

 

どう転んでも、最終回は難しいってことなんだ、ということがよくわかりました。

 

同期のサクラ 最終回レポート

 

毎回、感動させてくれてありがとう、と思いつつ、最終回は辛口レポートになってしまいます。

 

黒川(椎名桔平)が副社長になり、部下の北野サクラ(高畑充希)のことを

「サクラ」と言っていることにも抵抗を感じました。

仕事の上で名前の連呼はいかがなものか、と感じました。

 

最後の別れ方も、イマイチだったな。皆で写真を撮ることはよかったにしても・・・。

このドラマの続きは、見てみたい気がします。

仲間がどのように関わっていくのか、みんなの将来も気になるところ。

夢の実現はできているのか? サクラと菊尾の関係は?

果たして結婚するのか? それとも、全く違う人と結ばれるのか?


お隣さんとの関わりももう少し、描いてほしかった、という欲張りな願いも。

 

平泉成さん扮する社長の会社でのサクラの仕事ぶりふくめ、

その後の彼らの成長は、見てみたい、と思います。

方言の使い方は、最後までとても効果的でした。

 

ストーリー ★★★★

期待度 ★★★★★

もう一度見たい ★★★

このドラマの続きが見たい ★★★★★

 

最終回って、ほんとうにむずかしいのね。

このドラマには感動をありがとう、と言いたいです。