ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

同期のサクラ 歌番組で1週間なかったけど・・・このドラマがどれだけ好きか思い知った

同期のサクラ

11月27日(水)は、ベストアーティスト2019 放送で、同期のサクラの放送がありませんでした。

なんだか、物足りなくさびしい気持ちになりました。

 

でも、放送中に同期のサクラのサブドラマ(?)が放送され、同期の方たちが出演していて、

なんだかとても親しみを感じてしまいました。

高畑充希さんが、ゲスト出演していないことにも、ドラマの筋を通していることに感動しました。

ちゃんとストーリーをまっとうしている、と。

 

ベストアーティスト2019で、森山直太朗さんがさくら(二〇一九)の熱唱を聴いて

あぁ、この歌はこのドラマで再度、息を吹き返したのだ、とも感じました。

もちろん、最初にさくらを聴いたときも、感動しましたが、

今はそれ以上のものを感じます。

 

どんなに苦しいときも 君は笑っているから

くじけそうになりかけても 頑張れる気がしたよ

 

この歌詞がとても心にしみるのです。

 

ドラマの中で、サクラが「私には夢があります」と言いはじめると涙があふれてきます。

最初は、だからなんやねん、と思っていたのに。

この歌の歌詞とドラマのストーリーが、絶妙にからみあって昇華していく感じ。

まさに歌とドラマの相乗効果!

 

毎回、このドラマで泣けてきた後に、また泣けてくる前にこの歌が流れて

涙を溢れさせてくれます。

 

ベストアーティスト2019 の放送で、同期のサクラが見れなくてさびしかったけど、

私が思ったのは、最終回まで1週間のびたってことやん。よかった。

 

どれだけこのドラマが好きやねん !? と自らにツッコミを入れたのでした。

会えない時間が愛育てるのさ~、と郷ひろみさんのよろしく哀愁まで浮かんできたしだいです。

 

同期のサクラ

最終回までのストーリー、思う存分楽しみたいと思っています!