ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

同期のサクラ 葵(真剣佑)のサクラに恋した眼差しの優しさにドキッ! その演出、ピカイチ!

同期のサクラ

毎回、涙なくして見れないドラマになってしまいました。

えらいこっちゃ、と我ながら同期のサクラ中毒になってしまった気がしています。

そういえば、こういうドラマあったなぁ。

そうだ、ぎぼむすだ。

義母と娘のブルース。あのドラマもそうでした。

 

doramanohanashi.chaosan.info

 

森山直太朗さんの歌うサクラが流れる頃には、涙が溢れ出ます。

それも ぎぼむすとかぶるなぁ。

doramanohanashi.chaosan.info

ストーリー、せりふ、主題歌の相乗効果

彦丸さん的に言えば、どうなる?

 

葵がサクラのことを好きになってることが、あの記念写真のサクラを見る眼差しから

見てとれたこと。

しかも、それにいち早く気づいたのが、葵に好意を抱いている、月村百合(橋本愛)のカメラ越しの眼差しから。百合の動揺も手にとるようにわかりました。

その演出に、見ているこちらは思わずドキッとしてしまいました。

こういう演出されると、参ってしまいます。

 

恋した気持ちが痛いほど伝わる、素晴らしい演出でした。

もちろん、葵を演じた新田真剣佑くんの表現力もすごいんですが。

 

今回のドラマの見応え、あの記念写真の眼差し! 

これに尽きる! と感じました。もう一度見たい、シーンです。

こんなふうに、好きな人から見つめられたら幸せでしょうね。

 

葵(真剣佑)くんが国交省の父と兄に向けて、伝えたメッセージも心に響きました。

彼らに向けた発言には、共感できました。

彼らに届け! と切に思いました。

 

ところで、あれよあれよという間に中盤。

同期のメンバー全員のストーリーが終わってしまい、次はどうなるの? 

と、思っていたら、予告をみて、なっとく。

 

そうか、次は、職場の上司たちか。

火野すみれ(相武紗季)さん、黒川森雄(椎名桔平)さんがいました。

次回予告では、火野すみれ(相武紗季)さんと子どものストーリーでした。

ってことは、社長(西岡徳馬)にまで及ぶのでしょうか?

 

後半がどんなストーリー展開になるのかが、とても楽しみです。

サクラがなぜあんな容態になってしまったのか、も気になるところです。

 

おじいちゃんの筆文字のパワーは、ほんとにすごい!

思わず私も字を書きたくなりました。

 あんなふうに文字のパワーで人を勇気づけたり励ましたりできたら、いいな。

もちろん、そんな強い思いやりの気持ちあってのことなんですが。

 

同期のサクラ 今後の見どころ

 

 葵の恋は実るのか? サクラを想う気持ちは、ちゃんと伝わるのか?

 

FAXから流れてくる筆文字のパワーがますます凄い!

これからどんなメッセージを受け取ることになるのか?

 

壁の写真とFAXの文字がアート空間、どう仕上がっていくのか?

 

軍歌同期の桜 今後のドラマで流れるのか?

貴様と俺とは 同期の桜 という歌詞のあの歌、聴けるのか?

後半のストーリー展開に大いに期待します。