ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく第109話 高野豆腐からヒント。ついには天ぷらからもヒントを!

朝ドラ まんぷく 第109話

第19週 10歩も20歩も前進です! 2月4(月)~2月9(土)

麺にじょうろでブープをかけるアイディアを思いついたのは福ちゃんです。

さっそく明け方に乾いた麺に湯をかけて食べてみました。

 

今まで食べた中では一番美味しい、と福ちゃん。

でも、やはり、麺がもとにもどらない、ということでも

もう一度考え直そう、と萬平さん。

え? 最初っから?! と驚く福ちゃん。

 

麺を作るところまでは、間違いないんだ、と萬平さん。

そこから、、、、なんだ。

 

お湯をかけてもとに戻るのはなんだろう? と萬平さん。

高野豆腐、と福ちゃん。

それだ! と萬平さん。

 

高野豆腐がもとに戻るのを見て、これなんだよ、僕が考えているのは、と。

高野豆腐の絵本を見ながら、高野豆腐の作り方を

この絵本、このドラマ用に作られたものなんでしょうか?

気になります。

 

氷屋さんに行った萬平さん。

ラーメンを凍らせてください、と依頼。

 

さて、パーラー白薔薇では。

岡くんと森本くんが映画へ行く待ち合わせをしていた様子。

そこに何故か神部くんが。

なんでお前がいてるんじゃ、とふたり。

それがひともんちゃくあったんや、と神部くん。

 

鈴さんが勝手にお見合いを進めていることを報告する神部さん。

わしらの監視役か、と森本くん。

やめさしてくれよ、お見合いなんて、と岡くん。

心からの願いです。

 

そこに萬平さんが、1時間ほど時間を潰させてくれと。

 

家では、福ちゃんとさっちゃん、源ちゃんが月光仮面ごっこを。

かなりハードな遊びです。福ちゃん、クタクタの様子。

 

萬平さんに吉乃ちゃんを巡るあれこれのいきさつを伝える3人。

あ、時間だ、と萬平さん。

岡くん検討を祈る、森本くんも頑張ってくれ、と2人にエールを送りました。

 

カッチカッチに凍ってますよ、と氷屋さん。

これをうちに持ち帰るとまたここに来なければいけない、と萬平さん。

ここでこの麺を乾かさせてください、と店先でラーメンのリポート。

 

萬平おじちゃん、なにしてるん? とそこに通りかかった吉乃ちゃん。

乾かしたら、また氷らせている萬平さんの様子に思わず立ち止まりつきあいます。

 

お店にまだ来ていないことを克子さんに連絡する神部さん。

吉乃は行きたくなかったんやわ、と嬉しそうな鈴さん。

茂さんのお友達屋から嫌々約束したんやわと、またまた都合のいい考えを。

お母さん、そんな事言わへんの、と克子さん。

ホッと胸をなでおろす鈴さん。

 

アトリエでは、ひたすら絵を描く忠彦さん。

その絵を見ながらタカちゃんが言いました。

お父さん、だんだん好きになってきた、お父さんの絵。

え? と忠彦さん。振り返り、思わず筆を止めます。

すごくええと思う と満面の笑みのタカちゃん。

タカ、とすごく嬉しそうな忠彦さんでした。

この絵の魅力、みんながわかり始めました。

 

氷屋さんの店先の萬平さんに付き合う吉乃ちゃん。

萬平さんから言われます。

吉乃ちゃん、映画見に行くんじゃなかったのか、と。

あ、そうやった、と慌てて岡くんたちのもとへ。

 

萬平さんのラーメン作りが気になって映画はまた今度、と。

みんなも萬平さんに付き合うことに。

5回ぐらい凍らせたラーメンを試食することに。

パーラー白薔薇で試食会です。

 

みなが順番に食べます。

正直な感想を、と萬平さん。

これは、一応・・・ラーメンや、というつぶやき。

すみません、おいしくないです、と神部さんが正直に言いました。

なんで高野豆腐はもとへもどるんや?

 

家では、福ちゃんが敏ちゃんからもらった、

エビやさつまいもを天ぷらにしていました。

子どもたちが、お父さんまたあかんかってんて、と報告しました。

今日はラーメンのことは忘れて、美味しいもんを食べてまた明日から頑張って、と

話していると、これだ! と萬平さん。

なにかひらめいたようです!

揚げ物にヒントあった!?

 

あわてて研究所に駆け込みました。

ここでこの週はおしまい。次週の予告。

来週もまたまた波乱万丈。いろいろ起きそう。

ラーメンはいよいよカタチを見せました!

完成? 世良さんが売らせてくださいって!?

福ちゃん倒れる?! 心配。

どうなる来週。

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村