ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

3年A組 かつて放送されたいろんなドラマを思い起こさせる 太陽を盗んだ男 人間・失格などなど

3年A組 今から皆さんは、人質です 第1話

 

ある意味衝撃的なドラマでした。

初回からいきなりサブタイトル通り、受け持ちクラスの生徒を人質にとった教師、

菅原将暉演じる柊 一颯(ひいらぎいぶき)。

3年B組ならぬ3年A組の美術の教師です。

 

菅原将暉さんといえば、この間まで 朝ドラまんぷくで、

正義感あふれる善良で優秀な弁護士を演じていた東太一弁護士(先生)です。

同じ先生でもえらい違いです。

その役を見事にこなしているのを見て、彼の役者としての振り幅も感じました。

 

それにしても、このど迫力は、いったいなに?

先生が生徒を人質に?

殴り合いあり、爆発あり、殺人あり。

こんなことあるわけないやろ? ということが初回からいきなり次々起こります。

偽善ぶった熱血教師物語とは、ちがうんだぜ、と啖呵を切られた気がしました。

 

この教師が目指すものはなんやろ?

この教師は、ええもんなんか? 悪もんなんか?

テーマは、いじめ解決? いじめの真実?

問題解決方法に、こんなえげつないやり方があるんか?

こんなやりかたで、一体何が解決するというんや?

 

なんだか、いろんなことを考えさせられるドラマになってます。

初回を見逃した人も、2話目からでもまだまだ間に合います。

ぜひ、見てみてください。

 

えげつなすぎて、途中で見るのをやめようかな、と思ったりもしましたが、

この教師が生徒とどんな関わりをしていくのかが見どころのような気がして、

見るのをやめるのをやめました。

 

初回は、卒業まで残すところ10日というその日、生徒29人の前で告げました。

今から皆さんは・・・僕の人質です と。

 

数ヶ月前に自殺した一人の生徒の死の真相について、

その理由はなにか、なぜ彼女は死を選ばなければならなかったのか? 

彼女を死に追い詰めた犯人は一体誰? 原因はなに? 

そんなことを生徒に考えさせ追求していく柊先生。

 

サスペンス要素もはらんでいます。

いじめられた側の気持ちに、感情移入したらこういうことになるのか、

とも思ったり。

いじめられている人を見て見ぬふりをした奴らをこらしめる。

お前らだっていじめているのと何もかわからない。

むしろお前らがいじめに加担したんだ! と。

なら、そんなお前たちにもいじめられた苦しみを味あわせてやる、

ということが柊一颯の真の目的なのか?

 

一話目を見ただけで、こんなにいろんなことを感じさせてくれるこのドラマは、

かなりセンセーショナル!?

 

学園モノ = 青春ドラマ。

どちらかというと熱血もので、ポジティブで汗と涙と友情が見事に光り輝くもの、

というイメージは過去の話になるのか?

 

このドラマで思い出したドラマがあります。

タイトルから思い出すのは、3年B組金八先生

生徒と先生ということ、BとAという実にたんりゃく的、単純な理由です。

 

爆発から思い出したドラマは、沢田研二主演の太陽を盗んだ男

これ、意識してる?

 

いじめから思い出したドラマは、人間・失格~例えばぼくが死んだら 

野島伸司脚本で話題となった(?)あのドラマもある意味衝撃的な結末でした。

 

湊かなえの告白をも彷彿とさせる箇所もあるようなないような。

 

なんだかいろんなドラマを思い起こさせてくれるドラマでもあるんです。

 

これからどんな展開になるのか?

捜査一課理事官五十嵐徹を演じるのは大友康平

椎名桔平演じる郡司真人と細田善彦演じる宮城遼一は生活安全課に属しています。

彼らは、この教師の企みを回避することができるのか?

 

初回から目が話せない。

次回はもっと過激になるのか?

 

脚本家は、武藤将吾さん。

電車男、テルマエ・ロマエ、家族ゲームの脚本を手がけておられます。

私は、家族ゲームも衝撃的で、ハマって見ていました。

松田優作演じた家族ゲームとはまたちがった櫻井翔くんの家族ゲームを

大いに楽しませてくれた脚本家です。

 

いずれにしても、このドラマ期待大です。

なんだか、いろんなことを考えさせられるドラマになってます。

初回を見逃した人も、2話目からでもまだまだ間に合います。

ぜひ、見てみてください。

次回は、1月13(日)

毎週日曜 よる10時30分~

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村