ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく第78話 萬平さんが理事長を引き受けることで鈴さん、武士娘から理事長婦人の母に

朝ドラ まんぷく 第78話です。

第14週 理事長!? 1月4(金)~1月5(土)

着物を着た中年の男性が菓子折りをもって、萬平さんを訪ねてきました。

おおとりや、という織物業を営んでいる方でした。

池田信用組合の理事長になってほしい、と頭を下げるのでした。

 

待ってください、僕は金融の仕事なんかやったことありませんよ、と

萬平さんが言いました。

 

理事長、と鈴さんは乗り気です。

 

我々には梅田銀行さんがついております。と、おおとりやさん。

そしたら梅田銀行の人が理事長になったらええやないのと、克子さん。

そんなんもったいない、と鈴さん。

 

信用組合ですよ、信用組合なんですから、信用が第一。

理事長になるのは、誰もがこの人やと納得する人でなくてはならんのですよ

 

それが萬平さんなんですか? と福ちゃん。

僕で池田の人が納得するとは、と萬平さん。

 

何をおっしゃいます、今は誰もが知ってる立花萬平様ですよ。彼は押します。

そうよ~と鈴さん。

 

萬平印のダネイホンでどれだけの人が救われたか。

そう! 鈴さんが満面の笑み。

 

GHQや国を相手に戦ったあなたをどれだけの人が応援したか

そのとおり! と鈴さん。

なんや? 鈴さんの調子のいい合いの手は。

 

立花様が理事長を引き受けてくだされば、池田の中小企業から商店街の店から、

みな組合に入ってくれます。それは、ひいては池田の、

いやいや大阪の経済発展につながるんです

 

まるで畑違いの僕が? と萬平さん。

 

そんなの関係ないって、今この方がおっしゃったやないの! と鈴さん、

えらい乗り気です。その理事長話に。

 

それにしたかて、信用組合の理事長よ と克子さん。

ついこの間まで刑務所にいた人が? と福ちゃん。

 

そんなの関係ありません! と鈴さん。えらい強気の乗り気です。

そうです、それはむしろ勲章やとおもていただきたい。

どうか信用組合の理事長職、受けてください。と頭をさげるのでした。

 

おもしろそうやない、引き受けてあげたら? と克子さん。

どうでもいいからひきうけなさい、と鈴さん。

僕は反対です、と克彦さん。

克彦さんと福ちゃんは、萬平さんの発明品を見てみたい、と。

 

そんな実現するかどうかわからないものに人生をかけるの? と鈴さん。

萬平さん、こんな千載一遇の機会を逃すアホがどこにいますか?!

 

あなたはもうすぐ40になるのよ、男なら責任ある地位についていても

おかしくない歳です。それやのに今のアナタは無職。

福子、今のあなたのだんなは無職よ。

 

まだ小さい源やさち、福子のためにも引き受けて、と泣き落としに出ました。

克子さん、引き受けるべきやと思う

萬平さんがきめてください! と福ちゃんは言いきりました。

 

そんなことわかんないよ、と萬平さん。

 

萬平さんは真一さんに相談しています。

おでんやさんで真一さんに相談する萬平さん。

 

真一さん、なかなかいいこと言いました。

確かなことは信用組合の理事長なんてやりたくてできるものやない、

そして、やる気次第で世の中の役に立つ、いうことや、と。

 

真一さんは今、会計事務所のお手伝いをされているんですよね? と

萬平さんが聞きました。

そのうち、ちゃんと就職するよ、とおだやかな顔で言いました。

 

その夜、福子が寝ている枕元に咲姉ちゃんが。

萬平さんが理事長することにどない思てるの? と。

萬平さんをしばるようなこと、私はしたくないの、と答えた福ちゃん。

 

咲ねえちゃんは

ほんとうは不安なんでしょう? と頭をなでてくれました。

 

咲姉が夢に? と克子さんが。

理事長は大変な仕事やから、と反対した、と。

咲はそんな事言うわけない、それな偽物の咲やわ、と鈴さん。

 

そこに萬平さんがやってきました。

 あの話は引き受けます。 といいました。

鈴さん大喜び。

福ちゃんびっくり!

 

引き受けてくださるんですか!?

この小野塚真一さんも一緒にというのが条件だと言う話をしに行きました。

立花様がきてくださるなら、と大喜びのおおとりやのご主人でした。

 

鈴さんが理事長婦人の母に、と克子やタカちゃんと話す鈴さんでした。

そうねぇ、ふふふふふ。

武士の娘より、ええかも、と克子が言うと、満面の笑みのブシムスでした。

鈴さんの強引とも言えるこの上昇志向、萬平さんの背中を押しています。

福ちゃんとは違ったカタチで。

ちょっと笑えるぐらい面白い背中の押し方です。

こういうのをオバちゃんパワーというのでしょうか?

いや、鈴さんパワーか・・・・。

 

思わず、一緒に反対してくれた忠彦さんのもとへいく福ちゃん。

萬平くんには福ちゃんがついてるやないか、と励ます忠彦さんでした。

いままでかて、いろんなことを乗り越えてきたんやないか、と。

頼りになる忠彦さん。

そして真一さんです。

 

福ちゃん、鈴さんは、萬平さん、忠彦さん、真一さんに守られ、

ほんとうに恵まれていると思いますわ。

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村