ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく第76話 東京財務局、お国、もめる、進駐軍、隠しながらの小出し暴露の会話に大爆笑 おもろすぎ

朝ドラ まんぷく 第76話です。

第13週 生きてさえいれば 12月24(月)~12月28(土)

財務局が今度は東弁護士事務所を強制調査ということで家宅捜索に。

いったいなんやねん! と見ていても腹立たしくなってきます。

 

東京にもどらなくていいんですか? と福ちゃんたち。

うちを調べたって、やましいことはなにもない、と東弁護士。

大阪に残るとのことです。

 

どうして萬平さんを目の敵にするの? と鈴さん。

なにかうしろめたいことがあるからやない? と福ちゃんたち。

 

やっぱりそこがおかしいんだ、進駐軍が。ということで東弁護士がもどりました。

東弁護士、何かひらめいたみたいです。

突破口、見つかるか!?

 

剛田さんは、萬平さんのお国と戦っている様子を見て男泣き。

萬平さんのことが大好きなようです。

 

克子さんとタカちゃんがなぎなたの練習中。

なぎなた 稽古しても 無駄や。お国に勝てるわけない、と鈴さん。

薙刀を練習させたのは鈴さんじゃないんですか?

f:id:chacha5310:20190107001029j:plain

 

そこに、神部さんが訪ねてきました。

さっちゃんを抱っこしてあやす神部さん。

神部さんってそんなに子ども好きやった? と聞かれ、

源ちゃんが生まれたときも抱っこしたかったけど、

あのときは大奥さまが汚い手でさわるな、言うて、と神部さん。

 

そんなこと言うてない、と涼しい顔で鈴さん。

言うてた、言うてた、と福ちゃん。

 

ところで、急になんでなぎなたを

この質問から、暴露(?)会話に。

タカちゃんが報告しそうになると、言わんでいい、タカと克子さんがとめました。

神部さんは知らなくていいと福ちゃんが言うも、気になる神部くん。

そりゃそうですよ、知らなくていいって言われたら余計に気になります。

 

そこに、世良さんがやってきました。

浦島ミルクを持ってきてくれました。世良さんのおみやげってこれが、初めて?

 

喧嘩の相手はお国やもの、と克子さん。

あらら言ってしまいました。

お国!?」と世良さんと神部さん。

 

東京財務局ともめた話を隠しているのに、どんどんどんどんその話になっていき、

いったい何の話や? と質問するも、隠しながらちょっとずつ話すものだから、

お国? 僕らの間に隠し事はないから、と。

ますます話がわからなくなり、そんなさなかに、

進駐軍とか」と鈴さんが小出し暴露してしまい、

 

進駐軍!? と神部さんと世良さんがびっくり。

なんでみんなしゃべるんや、と忠彦さん。

これらのやり取りは、何度聴いても爆笑してしまいます。

めちゃおもろすぎ。

 

わかりました、もう全部言います。と福ちゃん。

お国を訴えた過程を一気に話しました。

わかった!? とタカちゃんが言いました。

 

そこに、東先生がやってきました。

お前か萬平さんをたきつけたのは、と世良さん。

 

皆さん落ち着いてよく聴いてください。と東弁護士。

東京の知り合いの税務代理士に問い合わせしたと。

奨学金は非課税だったのです。萬平さんが捕まったのは、完全な不当逮捕だと。

 

世間を味方につけるんや、と世良さん。

世良さんは大阪の新聞社に知り合いがいる、と

東京帝大の知り合いに、と東弁護士。

 

訴えを取り下げるということは、今回の税金は払うということ。

鈴さん、10万円が取られることに不満の様子。

お母さん、10万円と萬平さんとどっちが大事なの!? と福ちゃん。

 

世良さんが、10万円やね、と。

みんなが「えー!?

これが家族? うん? え? 私も目が点になりました。

 

奨学金は非課税 さっそく新聞記事に掲載されました。

 

いずれこうなることはわかっていたはずです。

立花萬平と裁判になれば、こちらが負けますよ。

そもそも彼を逮捕したのが間違いだったんだ! と増岡さんが

進駐軍に逆上して切れながら電話を切りました!

 

やりましたよ、立花さん! と東弁護士が萬平さんに言いました。

それは、負けを認めるということですよね、

嫌です。僕は訴えを取り下げません、と萬平さん。

 

立花さん! 東弁護士、絶句です。

さてどうなる。これで2018年の放送はどうなるんでしょうか。

気になるところ。

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村