ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく第69話 7万円の次は10万円!? 難波の母の占いどおり、まだまだ谷あり山あり?

朝ドラ まんぷく 第69話です。

第12週 絶対何とかなるから! 12月17(月)~12月22(土)

東京の子会社とダネイホンの販売権を売れば、7万円で買ってくれるところが

あるはずです。その言葉通り、彼は一生懸命、交渉を続けてくれました。

 

豊村商会という会社の社長さんが、買ってくれたということでした。

ホッとしたようなさみしいような・・・萬平さんの気持ちは、と思うと胸が痛みます。

やっぱり、さみしいんですね、萬平さん、と福ちゃんが聞きました。

そりゃさみしいよ、と萬平さん。

 

一つ嬉しい知らせがあります、と東弁護士。

萬平印のダネイホンという宣伝文句とポスターはそのまま残るとのこと。

 

みんなはわかってくれているんですよ、と。

大人は、子どもたちがダネイホンで救われたと思っていますから。

東先生、萬平さんをここから出してあげることは出来ないんですか?

 

う刑は確定しているんだ、と萬平さんは言います。

この子が生まれてくるときあなたはいないんですか?

源はお父さんどこって言い始めています。

 

源は話すようになったのか?

 

短い間ですけどおせわになりました、と神部さんが美代子ちゃんに

今日の夜に大阪に帰ることを伝えていました。

 

私は応援していまから、と美代子ちゃん。

ありがとう、ほなさいなら、と神部さんは別れの言葉をサラリ。

 

神部さんが会社に変えると、5人がその様子を見ていたと伝えました。

俺にはタカちゃんがおる、と。

前にもいいましたけど、美代子ちゃんは美人ですよ。

タカちゃんのことを・・・という神部さんが、ちょっとわからん、と。

あんな美人は大阪じゅう、いや日本中探してもおらんぞ! と神部さん。

 

みんな沈黙。

なんで黙るんや? と神部さん。

 

真一さんが、福ちゃんにつらい時はつらいと言ってくれ、と。

僕ができることはなんでもするから、と言いました。

真一さん、心強いです。私は皆に支えられて幸せだということを福ちゃんが言うと、

それは福ちゃんやからや、と言いました。

福ちゃんには運がある、と。

 

そのころ、難波の母に占ってもらっていた鈴さん。

萬平さんがいかによくないかを延々語っていました、が占い結果はそれとは裏腹。

 

立花萬平は大器晩成。まだまだ山あり谷あり。まだまだ山あり谷あり。

まだ~!? と鈴さん、途方にくれていました。

 

刑務所でいつも毒づいている萬平さんのそばに、温厚(?)そうな中年男性が。

どうにもならないんだから、ここでの生活を楽しめ、俺みたいに、と。

僕には仲間がいる! と萬平さんが言い返しました。

萬平さん、この中年男性とも縁があるのかな?

 

福ちゃん、真一さん、とみんなが東京から帰ってきました。

萬平さんも元気やった? と鈴さんが尋ねました。

自分のことより、みんなや会社のこと心配していました。と福ちゃんが伝えました。

 

新しい会社がダネイホンを売ってくれると、真一さんが弁護士のことも報告しました。

 

私達はここでダネイホンを作り続けるの、と福ちゃん。

社長が帰ってくるまで頑張ろう、と真一さん。

みんながはい! と元気よく返事しました。

 

みんなにお土産買うてきたで~、浅草の雷おこしや、と神部さん。

また雷おこし? 東京にはそれしかないの~? と鈴さん。

f:id:chacha5310:20181220000326j:plain

 

この前、世良さんがきて、雷おこしもってきたのよ。と鈴さんが言いました。

足首に添え木巻いて歩いてたでしょ? と福ちゃんが言います。

 

普通に歩いてたわよ。ヒビは気力で治したって。と鈴さんが涼しい顔で返事しました。

 

そこに、電話がかかってきました。

東京財務局です、と。

脱税分に追徴課税させていただきます。

課税額は10万円です。

それは10万円払えということですか? と福ちゃん。

どういうこと、福子、と鈴さん。

 

いったいどういうこと?

7万円の次は10万円?! 

 

きっとアイツラのしわざに違いない! と思います。

あしたはどうなる、いったいどうなる?

奴らにどこまでも言わせておいてはいけない。

これが悪事だとしたら、それがきっかけに萬平さんが釈放されたらいいのに!

 

東弁護士に期待します!

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村