ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく第62話 いざ、東京出陣! ダネイホン全国展開へ!

朝ドラ まんぷく 第62話です。

第11週 まんぺい印のダネイホン! 12月10(月)~12月15(土)

塩作りを辞めて、ダネイホンの製造販売に専念する。

社名もたちばな栄養食品会社に変更する、と。

福ちゃんと萬平さんたちの再スタートです、というナレーションで始まる62話。

 

ニュース番組のアナウンサーが、塩軍団の呼び方はどうなるんでしょうね

栄養軍団? って。ウケちゃいました。

 

鉄板を処分しながら塩軍団メンバー、

塩作りをやめるとなったらなんか寂しいな、と。

森本くんが、半分ぐらいくびになるかもしれんな、と。

森本くんってけっこうネガティブ発言しますよね。

でも、あり得ることですから、いつも信憑性があるんですが。

神部くんが、社長には新しい会社の構想が見えてる、と。

 

立花くんは見えてないんや! と世良さん。

萬平さん、真一さん、鈴さん、福ちゃんを前に語ります。

何が見えてないの~? と鈴さん。

 

これからは日本中の人に販売したらええ、と。

病院だけでなく、売らなあかん、と。

おいしいダネイホンをつくればいい、とカンタンに難しいことを言います。

 

ダネイホンの中身が変わるかも、と真一さんが栄養食品軍団たちに報告しました。

 

お砂糖加えるとか? と福ちゃん。

砂糖は高すぎる。

原価が上がれば商品の値段が高くなる。

どうしたらいいんだ! と頭をかきむしる萬平さん。

 

ダネイホンの味を変えるなんて、私は反対 と鈴さん。

世良さんの言うことはね・・・だいたいあの人は昔から、うさんくさいやない

なんでも、最初は反対する鈴さんです。

 

萬平さんは(世良さんのこと)信頼してます

 

萬平さんは世間知らずのところあるから~ と鈴さん。

わたしのだんなさまをそんなふうに言わんといてください と福ちゃん反論。

私はあなたと源ちゃんのこと心配しているの~。

欲かいて失敗したらどうするの~。

 

今日のお出しはどうしよかしら~。

かつおぶしかにぼしか、そうか・・・・削り節を持ちながら迷う鈴さんの言葉をきいて、福ちゃんひらめきました。

 

昆布、昆布!

昆布にはどんな栄養があるんですか? 萬平さんの肩を叩きました。

 

ビタミンA

ビタミンE

ビタミンK

タンパク質!

 

やっぱりみんな入ってる! そしたらわかめを昆布に変えましょ!

 

変えたらダネイホンは美味しくなるのか?

 

そやかて、昆布は出しに使われてるんですよ!

料理を美味しくするのが昆布です、と笑顔で福ちゃん。

 

なるほど、理にかなっています! さすが福ちゃん、ひらめきは天下一品!

 

福子、どうして僕は今までこんな簡単なことに気づかなかったんだ! 

作ってみようということで作ることに。

 

タカちゃんがやってきました。

昆布で作ったダネイホンの試食会が行われます。

世良くんも参加しています。

 

まずければ、まずい、とハッキリ言いますからね、私は。と鈴さん。

おかあさん! と福ちゃん。

全員で試食します。

 

おいしくなった! と福ちゃん。

そうかしら、と鈴さん

 

多数決を取ることに。

おいしくなった、に手を挙げなかったのは、野村くん、堺くん、倉永くんの3名。

 

そしたらこのダネイホンを日本中に売っていこう。と真一さん。

こうなったら、東京進出やで、と世良さん。

 

どうして世良さんがそんなこと決めるの?

東京に出ていくなんてやめてちょうだい! 

f:id:chacha5310:20181215005134j:plain

 

なんでですか? と世良さん。

 

東京には人情がない、冷たいひとばっかり、と鈴さんが。

東京はダメ!

だから、あなたは大阪で子どもを生みなさい。

二人目は大阪で。

福ちゃんと萬平さんは、話が思わぬ方向に行き、あたふた。

 

なんの話や? と世良くん。

この話の展開。鈴さんならでは、で笑ってしまいました。

 

お母さんはああ言ってるけど、僕は世良くんの言うとおりだと思う、と。

世良さんのことを悪く思えない、と萬平さんは真剣な表情。

 

東京へ行くと決めたのは、僕だ。

もし失敗してもそれは僕の責任だ、と。

 

萬平さんは福ちゃんに質問しました。

お前は不安じゃないのか? と。

不安になるわけないでしょ。むしろワクワクしてます、と笑顔で答える福ちゃん。

ありがとう福子、と萬平さん。

 

でも、福ちゃんが鈴さんを説得する必要はなかったのです。

というのも、またまた咲が、夢枕に。

鈴さんの自画像について説明しています。

忠彦さんが描いてくれたのよ、と。

知ってます、観音様でしょ。咲さんが続けて言います。

そしたらもっとおおらかでいないとね。

ダネイホンを日本中に売るのは賛成で、東京に出るのは反対って、

それは変よ、と咲さんの言葉。

 

その朝、鈴さんは福ちゃんに言いました。

いいわよ~、東京に会社を作ってもかまいません

え?! と福ちゃん。

せやかて、私は観音様やもの~

f:id:chacha5310:20181215005213j:plain

 

お母さん、私は決めました! 萬平さんが伝えようとすると、

いざ、出陣! と鈴さん。

え? 萬平さんは唖然としています。

絶対勝ちなさい、あなたは武士の娘の娘の婿なんですから!

f:id:chacha5310:20181215005247j:plain

 

よろしいんですか? そうですか?

あっはっはっは~。満面の笑みの萬平さんでした。

 

こんなにカンタンに賛成してもらえるなんて!

夢枕の咲さんの力添えでした。

咲さんの陰ながらの応援、素晴らしい!

 

それにしても、今回・第62話の鈴さん、ポイントキーワードいっぱいでした!

私がウケたのは、二人目の子は大阪で でした。

あの話から二人目の子の出産話へ導く鈴さん、あっぱれです。

世良さんの、なんの話や? にもウケました。

f:id:chacha5310:20181215010135j:plain

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村