ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく第54話 ダネイホン販売、塩作り、すべて順調が、ガラリ一転 !?

朝ドラ まんぷく 第54話です。

第9週 違うわ、萬平さん 11月26(月)~12月1(土)

病院にダネイホンを売ろう、と販売戦略決定!

さてさて、需要はあるのでしょうか?

 

小野塚真一さんが仲間に加わりました。

経理と営業を担当してもらうことになりました。

 

私はもう経理はやらなくていいの? 萬平さん。

と切り出した鈴さん。

大奥さまは特別顧問ということで、と、みんなにもてはやされ上機嫌。

今や、みんなのほうが鈴さんの扱いがうまくなっています。

 

ダネイホンを病院に売れる許可がおりました! 近江谷先生が駆け込んでました。

 

ダネイホンは消化もよく栄養が摂れると病院側からも好評。

塩作りもみな板について、なにもかも順調!

 

特別顧問やゆうても、なんもすることがないやないの。

結局、私はただの飯炊き女になってしもたわ

 

私は毎日まいにち食事を作って・・・と嘆いています。

特別顧問の肩書なんて、もういらん!

 

真一さんにあれこれ教えるとつらい、と。

咲のこと思い出してしまう、と。

ほんと、ああすればこう文句。

こうすれば、ああぼやき、たいへんな鈴さんです。

f:id:chacha5310:20181211141600j:plain

 

世良さんと 三田村会長の元を訪れた萬平さん。

ダネイホンは大阪じゅうの病院におろしています、と三田村会長に報告しました。

世良商事に日本全国に売って欲しい、と依頼する萬平さん。

 

僕は儲けにならんことには手をださん」と世良くん。

キッパリ言います。

 それは違うで、世良くんと三田村会長。

会長が話しはじめました。

三田村会長の友達に裁判官がいました。正義感のかたまりだったと。

その正義感が邪魔をし、彼はどんどん栄養失調になっていき、命を落とした、と。

餓死してしまった、と。

あのとき、そのダネイホンがあったら、彼は死なずにすんだかもわからん。

病院にしか売れんでもいいやないか、と。

 

そしたら売ってあげなあれ

日本中に世良商事が売ってあげたらよろしい! と。

背中をおしてくれました。

 

引き受けざるを得なかった、世良くん。

 

福子に感謝を述べる萬平さん。

福ちゃんが気がかりなのは鈴さんです。

真一さんを見ると咲姉ちゃんを思い出す、と言われても・・・と、福子が言うと、

待ったほうがいいのでは、と萬平さん。

 

その夜、咲が鈴さんの夢枕に座りました。

やっとでてくれた~と。鈴さん大喜び。

お母さん、真一さんを嫌わないで」と。

真一さんと仲良くして。真一さんと仲良くしないと私はもう出てこないわよ」と。

わかった、仲良くする」と単純な鈴さん。

 

真一さんが背広でやってきました。

仕事をするならちゃんとしないと落ち着かないんです。

真一さん!」と鈴さん。

今日は背広でいらっしゃったの?

と優しく声をかけました。

 

そこに、拳銃を持った進駐軍が操作にドカドカ入ってきました。

 

爆発音があったと通報があった」と軍の一人が、拳銃をつきつけました。

源ちゃんの泣き叫ぶ声が響きます。

 

緊迫したまま、今週は終わりました。

次週予告も緊迫のまま終了。

どうなるのでしょうか? 

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村