ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく第52話 やっと一致団結できそうな予感 赤津、男泣き

朝ドラ まんぷく 第52話です。

第9週 違うわ、萬平さん 11月26(月)~12月1(土)

 萬平さん、違うわ、萬平さん、柱に頭を打ちつける福ちゃんでした。

森本さんたちの負担が増えるだけ、そう、塩作り組の仕事が増えるだけ、

と萬平さんに伝えるも・・・。

 

問題は味だどうしたら余計なものを加えずにおいしいものになるのか。

源も一緒に考えてくれよ~とスマイル萬平。

 

そこに突然訪ねてきたのは、真一さん。

有給休暇をとったから、とすももを持って来てくれました。

 少し見ただけでも人間関係の歪を見抜く真一さん

福子と真一のところには、咲さんがよく夢で登場するようです。

鈴さんのところにはでてこないようで・・・うなだれる鈴さん。

 

真一さんに、塩作りを案内する福ちゃん。

ダネイホンを作っている研究所で、さっそくいただきもののすももを

研究材料にしていました。

そんな萬平さんに、福ちゃんびっくり。

真一さん、役に立ててもらえれば、と寛容。

すももをすりつぶしている萬平さんは、まるで子どものようです。

 

さっそく味見です。

「甘みが出ておいしくなった」と萬平さん。

「確かに甘みは出たような」と赤津くん。

「でも、おいしくはない」と鈴さん。

食べられるようになったとは思います福ちゃん。

 

塩作りを見守る真一さん。

あーあ、これ終わったら今日もまたわかめ取るんか

やってられへんの~

塩作り組の不満の声を聞きます。

 

そのことを福ちゃんに伝えます。

萬平くんは社員のこと、ちゃんとわかってるのかな~

え? と福ちゃん。

不満を持っている社員もいると思うよ。

やっぱりわかりますか?

 

正直、萬平くんは社長に向いてないと思うよ。

彼は発明家だ、と。

 

みんなをまとめるのは福ちゃんではないか、と提案してくれました。

が、福ちゃんは冷静に答えました。

 

みんなは、萬平さんをしたってついてきてくれるんです。

せやから、(社長をするのは)私やない。とキッパリ伝えます。

いい奥さんだね、福ちゃんは、うらやましいよ、と真一さん。

 

気づけ、萬平! みんなは、あなたと一緒に仕事をしたいと思っているのよ!  

福子の願い虚しく、研究に没頭する萬平さん。

そんな彼に、等々といって聞かせる福ちゃん。辛抱強い根気強さはほんまもんです。

このほんまもんの才能も、鈴さんに鍛えられたものでしょうか。

 

晩ごはんをみんなと緒に食べたほうがいい、と伝える福ちゃん。

問題は解決していないことを伝える福ちゃん。

みんなはまだ、バラバラだと伝えます。

 

ケンカはおさまったんじゃ? と萬平さん。

 

言ったやありませんか。塩を作っている人の負担が増えただけや、と。

萬平さんだけがわかっていないことがある、と。

 

なにがわかっていないのかを尋ねる萬平さん。

森本さんや小松原くん、質もあなたと一緒に仕事がしたいのだ、と

伝えます。

 

ため息をつく萬平。

やっぱり僕は社長に向いてないんだ

いいえ あなたに変わる人はいません

福子、お前が社長やったらほうがいい

違います! みんなあなたを尊敬してるの! 

あなたに助けられた、と思ってるんです」と。

 

萬平さん、大事なことはあなたの口から言わないと、と福ちゃんが背中を押します。

 

翌朝、朝食を食べているみんなに語りかける萬平さん。

みんな聞いてくれ

一人ひとりの名前を呼びます。

森本(モリモト)! くん。

小松原くん。

堺くん。

増田くん。

高木くん。

長久保くん。

野村くん。

堀くん。

佐久間くん。

峰岸くん。

僕は君たちに謝る。

僕は新しい仕事に夢中になってしまって、

君たちに負担をかけていることに気が付かなかった。

本当に申し訳ない。

そう言って深々と頭を下げました。

 

皆も正座して萬平さんを見ます。

 

え? なんの話?」と鈴さん。

わかるでしょ」と赤津くん。

わからない」と鈴さん。言い切ります。

いやいや、ここはわかってくださいよ、と思ってしまいました。

f:id:chacha5310:20181204143313j:plain

赤津くんから、塩作りチームが不満もってることも打ち明けられてた鈴さんなのに。

赤津にあなたがなんとかしなさい、なんて言っいたのに・・・・。

自分に直接関係ないことには、ノータッチの鈴さん。あくまで、とぼける鈴さんです。 

 

明日からは全員交代でダネイホンを作ってくれ。

塩作りも全員交代で、という話を萬平さんは伝えました。

 

思わず、感極まり涙ぐむ赤津くん。

社長」と言いながら、涙を拭う赤津くん。

みんなに笑顔が戻りました。

 

これで、やっと一致団結です。

ダネイホン売り出しまで一週間、一致団結で挑みます。