ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく第50話 赤津くん、ふたチームメンバーの気持ちがわかるから・・・

朝ドラ まんぷく 第50話です。

第9週 違うわ、萬平さん 11月26(月)~12月1(土)

土曜日、たかちゃんが手伝いに来る日です。

いつもの3人がお出迎え。

 

タカちゃん出迎えた3人を割って「タカちゃん!」と神部さん。

神部さん!」とタカちゃん。

研究室にタカちゃんを案内しました。

調子に乗っ取んな、、と3人の神部さん(ダネイホンチーム)に不満を。

それを、そーっと見ている(聞いている)赤津くん。

 

赤津くん陰からそっと皆の不満の声を聞く それをきちんと報告するのが律儀

源ちゃんが熱っぽいと言っても全く気にならないという様子の萬平さん。

 

大奥さま、塩作り組が文句言うてます、と赤津くん。

現状をすずさんに報告するも、鈴さん

あなたがなんとかしなさい」とつれない返事。

そんな~」と赤津くん。

 

みんなのことをすごく心配している赤津くん。

ちょっとずつ、ファンになっていくのを感じています。

 

塩作りチームの横で、わかめを取る岡くんたち。

あれがアイツラの仕事なんか、と塩作りチームが睨みを効かせています。

わかめをペースト状にするのが大変そう。

 

今はなにしてるんですか?」とタカちゃん。

すりつぶしたわかめをこれから混ぜるんや。もうすぐ出来るぞ

と説明する神部さん。

楽しみ」とタカちゃん。

後ろで岡くんたちが、そんな2人を見ています。

 

世良さんから電話です。

そんなん売れるわけないやろ」と。

投資してるのはぼくらなんやぞ、と世良さん。

絶対売れると、断言する世良さん。

 

再度、世良が電話すると、「必ず売れます!」と言ってはねのけた萬平さん。

 

源ちゃんの病院から帰ってきた福子にもねぎらいの言葉をかけることもなく

萬平さん、研究のことばかり気になるようでした。

 

魚をとってきて、と塩作りチームの高木さんたちに頼む赤津くん。

なんでおれらが!」 と文句言いながら、結局彼らが魚釣りに行くことに。

いい考えがあるということで。

 

塩作り組の不満がめちゃくちゃたまってます

と赤津くんは、今度は福ちゃんに報告。

なかなかいい役割です。皆の架け橋になってくれている。

 

赤津くんがいろいろ見てくれているから心強い。

 

萬平さん。何かあったんですか?

福子には関係ない、と萬平さん。

最初から、そんなうまいことできません、と励ます福ちゃん。

 

萬平さん、自分の研究のことに集中しすぎ、周り何も見えず

ハナちゃんの意見が、頭をよぎります。

鈴さんの半分ぐらい自分の意見をいったほうがいい、という。

萬平さん、仕事に一生懸命になるのはわかりますけど、

周りの人のことも考えてあげてください、と伝えました。

みんなが不満を抱えていることを伝えました。

 

くだらん、そんなどうでもいいことを僕には言うな! と。

 

医者は大丈夫と言ったんだろうが、と源ちゃんのことを伝えようとしても

伝わりませんでした。

 

もういい!

仕事に集中したいんだ!

 

子育てはお前に任せる、と。

 

ごめんね、ごめんなさい、と熱のある源ちゃんを抱っこして

涙ぐむ福ちゃんでした。

 

タカちゃんがそのことを報告すると、鈴さんは心配するどころか

大喜び。萬平さんを調子にのらしたら、ダメなのよ、と後ろ向きで家事をしている

赤津くんをたたきました。オバちゃん独特の、タッチです。

危な!」と赤津くんはびっくり。

f:id:chacha5310:20181129141902j:plain

 

取って置きの方法があるんや、と魚釣りを頼まれた3人。

床下から手榴弾を持ち出し、魚釣りに出かける3人。

ここやったらばれへんやろ、ってことで、手榴弾を海に投げ入れました。

ほどなくして除くと、魚がどんどん浮かび上がってきました。

 

コレが後に大変な事件につながっていくとは、誰も想像さえしていませんでした、

ということでこの回は、終わりました。

 

塩作りチームの不満は解消できるんでしょうか?

明日はどうなる?

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村