ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく第41話 世良の良からぬ噂、福子が密会? 萬平さんの気持ち落ち着かず

朝ドラ まんぷく 第41話です。

第7週 私がなんとかします! 11月12(月)~11月17(土)

倒れたのに絵を描くのをやめないの!?

私も行きます! と鈴。

私一人で行きます、と福ちゃん。

 

そしたら行ってきます、と福ちゃん。

ほんとうは僕も一緒に行きたかったんだけど

萬平さんはお仕事があるんでしょ

 

みんなもなんばに遊びに行くので、お母さんもゆっくりしてください、と

言う萬平さんに、せやけどお昼ご飯はつくらんとあかんのでしょ、と。

いつまで続くの、こんな生活、と嘆く鈴さん。

すみません、と萬平さん。

f:id:chacha5310:20181119232326j:plain

 

世良さんのことで良からぬ情報が 揺らぐ萬平

そこに世良さんのことで、ちょっとお話が、と神部さんと小松原くんが。

どうしたの? と鈴さんも参加。

 

闇市で、世良さんを見かけた、と。

社長なのになんで闇市で? と感じたと伝えます。

世良さん、ちゃんと専売局で収めてくれたんでしょうか?

 

信用できる人なんですか? 世良さんは、という神部くんに対して、

僕の友達を悪く言うな、と萬平さん。

なんというお人好し。

 

鈴さんが専売局に問い合わせました。

立花塩業さん、4日前、かます8個買い取り

8個で1,600円お支払いしましたよ、と。

 

真一さんと説得する福子 忠彦に思いは伝わるか

福ちゃんは小野塚真一さんを訪ねます。

今日はどうしたの? と真一さん。

一緒に忠彦さんを訪ねます。

 

食べずに描いているのか、と真一さんが問います。

萬平さんかて、仕事をすると食事をするのを忘れてしまいます。

本人はそれで幸せなんですよね」と福子が続けて話します。

 

家族がいてこその仕事に没頭できるんである、ということを

真一と福子はとうとうと言い聞かせます。

福子は一枚の鏡を差し出します。

 

私は毎日、心配で眠れません、と克子。

お父さんにはもっといい絵を描いてもらいたいけど、

このままやったら病気になります、とタカちゃんが泣きながら訴えます。

 

難波ではないところに、美味しいもんを食べに来た森本くんと、倉永くんと

峰岸くん。

 

そこで、福ちゃんが真一さんと歩いているところを見つけ、慌てて隠れます。

真一さんは結婚はしないのですか?

咲姉ちゃんのことは、もう忘れていいのに、と。

 

急にお腹が空いてきた、と忠彦さん。お茶漬けを作って、と克子に

ずっと絵を見つめる、忠彦さん。

克子さんに「お茶漬けを作ってくれないか」と。

え?」と克子。

急に腹が減ってきた、と。

もとの忠彦さんにもどってくれるんですか? と克子。

もうもどってるよ、と抱き合う二人。

僕はいい夫で、いい父親で、いい絵かきになる、と、忠彦さん。

 

萬平さんに森本くんたちが伝えます。

「 男と一緒に歩いているのを見ました 

「 誰が?

「 奥様ですよ 」と。

それを聞いた、萬平さん、気持ち落ち着かず。

 

帰ってきた福子。

今日は誰と? と質問しようとしたところで、

克子からの電話。

もとの忠彦さんにもどってくれる、と喜びの声。

 

来週からまたタカちゃん、来てくれますよ。と満面の笑みの福ちゃん。

 

結局、聞き出せない、萬平さん。

心配の様子。

誤解は解けるんでしょうか?

明日はどうなる?