ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

黄昏流星群第6話 完治は栞と、美咲は戸浪と別れること出来るの?

黄昏流星群 ~人生折返し、恋をした~

 6話まできたのか・・・

人生の黄昏時の恋、がテーマイマイチな気がする。

なのに、何故か見てしまう。

 

家族には、こんなのが面白いと思っているの? と聞かれ、

面白いと言い切ることも出来ず、なんか知らんけど見てしまうんや、と

答えておきました。

 

見ていて、どうしても、すっきりしないのが、

娘の婚約者・日野春輝(藤井流星)と真璃子の恋なのだ。

出演者全員が揃いも揃って恋をしあうのが、不自然なのです。

古いんですが、その昔、関西のテレビ局で放送されていた、

プロポーズ大作戦 フィーリングカップル 5✖5を思い出してしまいます。

古すぎ? そんなバラエティー番組ありましたよね。

関西方面だけかな? 西川きよしと横山やすし司会の番組でした。

 

ひとりひとりが全員カップルにならなくていいんだよ! と

ツッコミ入れながら見てます。

中山美穂と娘の婚約者は、ひとりひとり別々のほうがよかった。

ムリからひっつかなくても、と、毎回見ていて不自然、違和感、

いろんな嫌なもの感じています。

 

目黒栞(黒木瞳)と完治(佐々木蔵之介)。

娘・美咲(石川恋)と大学教授・戸浪(高田純次)。

彼らの恋だけでよかったのでは。

 

真璃子と春輝はそんな彼らを、冷静に冷ややかに見るという2人という

視聴者目線の人物においてほしかったと思います。

 

戸浪(高田純次)のところへ、出向き、娘と別れるよう伝える完治。

しかし、戸浪の言うことに自分を置き換える完治。

ちょっと都合良すぎやしないか。

 

もちろん、戸浪も同じくである。

父親の気持ちをわかろうとしないことにも、少々呆れる。

挙句の果てには、娘と旅行に出かけていくのだから。

 

結婚式の衣装などの打ち合わせを、当の娘が行かずに母親が行くというのも

無理矢理感が会って面白くない。

あの2人が全く関係なくそれぞれに、猜疑心をつのらせそれぞれの行動を

とっていたら、もっとストーリーがしまり、面白くなったのではないでしょうか。

 

完治が河本保とのやり取りのさなか、パレットの下敷きになってしまい、

救急車で運ばれる。

今後、この河本との関わりはどうなるのだろうか?

このままでは、仕事の連絡も取れない感じだが、折り合いつけて業務を

遂行していけるの?

 

河本はかなり鬱屈した境遇に置かれ、半ばやけくそで仕事をしている様子。

そんな彼にとって、完治は華やかな表舞台の人間に思えたのかもしれません。

それが妬みとなって、ああいう形で出るのかも。

 

病院に、一番に駆けつけるのは妻。

そして、栞。

ほぼ同時に、娘の美咲。

 

受付のところで、ハッキリ顔を見合わせ出会ってしまうが、

美咲は栞になにかいうんだろうか?

 

完治を見舞った美咲に、戸浪とはもう別れてけじめをつけるよう、言う完治。

娘を思う父親の気持ちとして正直な感情です。

美咲は、別れる約束をします、が条件を出します。

 

お父さんもあの女性と別れて、と。

娘として当然の要求だと思います。

 

さて、完治はどうするのでしょうか?

栞は、完治にどんどん(完治のほうが栞に)惹かれていますが。

止めることはできるのでしょうか?

 

病院に駆けつけた真璃子の完治に対する態度を見て、春輝はどう感じたのか?

 

次回予告で、栞と完治がいるところを、真璃子が見てしまうシーンがありましたが、

とうとう、バレてしまうってこと?

美咲は本当に戸浪と別れるのか?

春輝と真理子はどうなるのか?

完治と栞は?

河本と完治の関わりは、どうなるのか?

次回で方向が、ある程度定まるのかもしれません。

 

ダラダラとしている感はあるのですが、それをどど~んと盛り上げ、

引き締めてくれるのが、平井堅が歌う主題歌です。

彼の声であのメロディーで歌が流れてくると、あの歌詞に、感情移入してしまいます。

 

平井堅歌う half  of  me に恋する気持ちを、肯定する力を感じる。

恋する気持ちのままでいいのだ、と、この歌を聞いていると感じます。

このドラマのストーリーを知り、平井堅さんはこの曲を作ったのでしょうか?

 

原作本を読んで、この歌を作ったのかな?

原作本といえば、11月21(水)締切で、原作本プレゼントの募集しています。

 

黄昏流星群 公式サイト原作本プレゼント!

原作本プレゼント▶ 黄昏流星群 - フジテレビ

原作本とか当たったことないけど・・・・応募してみました。