ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく38話 慰労会で気を取り直してくれたみんな。

朝ドラ まんぷく 第38話です。

第7週 私がなんとかします! 11月12(月)~11月17(土)

とうとう電話が鳴り響きました。警察からです。

岡くん、捕まってしまいました。

 

萬平さんと福ちゃんが警察に、迎えに行きました。

岡くんは何も悪くないということで、おおめにみます、ということで、

すぐに釈放されました。

が、岡くんはイライラを全面的に押し出しておりました。

 

福ちゃん、萬平さんと、たこ焼き屋さんに入って、たこ焼きに

ぱくついてはいましたが、無言。

ふたりが、取り繕うように話しかけていました、が、

「先に帰っていいですか?」と行って、2人からたこ焼きもらって

先に帰っていきました。

 

「人を雇うのは大変だな」と萬平さん。

「がまん、がまん」と。

鈴さんは、「なんでがまんせなあかんの」と不満気。

 

神部さんが、中心になって、話をすると

なんでお前が偉そうに言うてんねん! と。

岡さんに数名が謝れ、というと「なんで? 謝らなアカンねん!」と。

ぎすぎすした雰囲気が、立ち込めている! と小松原くんが訴えに来ました。

 

慰労会をしよう、と提案した福ちゃん。

タカちゃんはノリがいい。私はハーモニカを吹く! と。

鈴さん、またまた乗り気じゃない様子。

でもちゃっかり参加する意向を。

「わたしもやるの?」 といってはいましたが、十分やる気は感じました。

f:id:chacha5310:20181114190006j:plain

 

タカちゃんは、ハーモニカ。

福ちゃんは、英語でリンゴの唄を歌いました。

わざわざ英語にせんでも~、とみんな。

日本語やったら一緒に歌えるのに~、と。

 

鈴さんは、赤城の山は今宵限り~と、武士さながらの格好での立ち回り。

なかなかの腕前でありました。

芸達者の鈴さんです。

 

萬平さんと福ちゃんは、夫婦漫才。

萬平さんは、ひとりではできない、ということで、福ちゃんと

夫婦漫才。

 

チャウチャウって知ってます? で、始まる漫才を。

棒読みやな~、と岡さん。

落ちが見えん、とみんな。

最後には、岡さんもみんなも笑っていました。

 

慰労会は、タカちゃんのハーモニカから始まり、最初はなんじゃこりゃ?って

思いましたが、福ちゃん、萬平さん、鈴さん、タカちゃんの気持ちは

伝わってきました。

 

人を雇用する大変さを身にしみて感じている萬平さんに、

明るく励ます福ちゃんとタカちゃんには、ほんとうに癒されます。

萬平さんは幸せものだと思います。

 

神部さんはじめ、たちばな塩業で働くみんなもきっと、幸せを

感じて、どんどん幸せになってってほしいものです。

今は、少しの報酬しかもらえなくても(世良のせいなんですが・・・)、

いつかきっと、働いたぶんだけ、いや、それ以上の報酬を手にしてほしい! と

見ていて思います。

 

本当によく働いていますもの。

きっと萬平さんも福ちゃんもそう思っているだろうな。

 

それにしても、電話のベルの音が怖い。

38話は、電話のベルに始まり、電話のベルで終わりました。

ラストになっている、あのベルの相手は誰? なんの話?

あしたはどうなる?