ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく第36話 感動の塩物語 気がつけばチームワークとやりがい

朝ドラ まんぷく 第36話です。

第6週 お塩をつくるんですか? 11月5(月)~11月10(土)

ついに、塩が出来上がりました。皆の汗と涙(?)と空腹耐えの決勝です!

 

塩作りスタート。流れ通りに、みんな一生懸命がんばります!

みんなも塩作りのレクチャーをする萬平さんの説明に合いの手のように

解説を加える神部さん。彼の補足が、塩作りの流れをとてもわかりやすく、

彼の教養はこういうところで、活かされているのだと感じました。

 

81枚の鉄板に、砂を入れずに海水をバケツで積む作業は、見ているだけでも

大変そうです。

 

「またお腹好かせて帰ってくるんやわ~」という鈴さんの嘆き。

彼らの昼ごはんを作るのは、福ちゃんとタカちゃん、そして鈴さん。

 

みんなは、ひたすらバケツを持って鉄板と海の往復。

足も手もぐらぐらになるんだろうな。

 

「今日はみんなにごちそう作ってあげないと」と福ちゃん。

「仕事始めの日やもんね」とタカちゃん。

鈴さんだけがお嘆きの様子。

「うちはホンマに塩屋になるの? 私は塩屋の飯炊き女になるわけ~?」

「まだ言うてる」とタカちゃんはわらっています。

「お母さん、腹くくったんやないの?」と福ちゃん。

 

思いのほか塩作りは大変な作業、そのしんどさを救ったのはリンゴの唄 

こんな力仕事屋とは思わなんだ~。

おんなじことばっかりするのは嫌や~とみなは口々に疲れを訴えます。

 

歌を歌おう、と提案したのは萬平さん。

誰が守るもせめるも、と歌うと軍歌は嫌じゃ! とひとりが言いました。

流行歌(はやりうた)がいい! と誰かひとりが。

萬平さんが歌ったのが「りんごの唄」でした。

 

塩作りスタートの日ということで振る舞われた、手巻き寿司

今日はおめでたい日ですから。

ということで、手巻き寿司が振る舞われました!

みんなはおいしい! と大喜び。

「晩ごはんはご馳走はだせませんよ」と鈴さん。

なんか、笑ってしまいます。鈴さんのひとことひとこと。

 

 

ついに塩、完成! が、出来たその量の少なさに、みな唖然! 

いよいよ、かん水を煮詰めて、塩の花が出来ます。

そして、とうとう塩が完成!

出来た、と喜ぶ萬平さん。

みんなで作った塩よ! と福ちゃんが大喜び!

みんなは、シーン。静まり返っています。

唖然と、完成した塩を見つめています。

みんな、嬉しくないのか? と萬平さん。

 

そこに、鈴さん。

「たった、これっぽっち?」

f:id:chacha5310:20181111222938j:plain

「今なら間に合うわよ」と鈴さん。

「何が?」とタカちゃん。

「塩作りをやめるのよ」と鈴さん。

 

「そんな、、、、」と萬平さん。

「そうですね、お母さんの言うとおりかも」と福ちゃん。

 

「どうしますか? 皆さん塩作り諦めますか?」

「もうやりたくない人は、大阪に帰ってええわ。

今日までの給料はお支払いしますから」と続けました。

 

「俺はあきらめませんよ、あきらめるわけないやないですか。

せっかくここまでがんばってきたんやから」と神部さん。

ほかのみんなは? と福ちゃん。

「正直に言いなさい」と鈴さん。

 

続けます。

やりますよ、わしも

俺も続けます。

皆が口々にいった言葉は、

森本さんは?

大阪に帰ってもしごとなんかありゃーせんわ と森本さん。

 

そしたらみんな頑張ってくれるんですね。

「はい」とみんな。

 

世の中に役立つ仕事は、働く人たちをも喜ばせる仕事だったのね

このお塩を清香軒さんに持っていってあげましょうよ、

みんなで行きましょう、ということで、皆でお塩を持ってお店へ。

 

みんな、ラーメン食べていって、と店主と奥さん。

塩味きいた美味しいラーメンの完成です。

皆にふるまわれました!

 

今までとぜんぜん違うわ! とすずさん。

塩加減でこんなに味が違うんだな、と萬平さんも大感激。

 

大泣機にないた店主と奥さん。

結婚する前、萬平さんが私に言うたんです。

世の中に役に立つ仕事がしたい。みんなが喜んでくれる仕事を。

 

塩作りは大変やけど、こんな美味しいラーメンができて、

こんなに喜んでくれる人がいるんよ。

皆さんは世の中の役に立つ仕事をしてるの。

瀬谷から頑張ってお塩を作ってください。

 

私もがんばって皆さんのお世話します、と福ちゃん。

タカちゃん、私も!

鈴さん、そやねー。

 

奥さんの言うとおりや、と神部さん。

そや、そうや、とみんなは声を合わせました。

あしたはもっと出来るでと皆が一眼となった瞬間でした。

 

感動の第4週でした。

泣けました。

 

次週予告では、塩の認可がおりたようです。

でも、一難去ったらまた一難という感じ?

萬平さんの「ちゃうちゃう」という大阪弁がやけにきになる、そんな予告でした。

来週はどうなる?