ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

黄昏流星群第5話 佐々木蔵之介さんが、この話はあり得ると言っていた

黄昏流星群 ~人生折返し、恋をした~

 番宣で、瀧澤完治を演じる佐々木蔵之介さんが、

最初こんなことあるのかなと思っていたけど、コレはありうるな~と思い始めた

というようなことを言っていました。

第5話を見て、それがコレ? と思いました。

 

妻以外の女性に好意を抱いた。

その女性は、自分の人生を(犠牲にしているわけでなないが)、

母の介護に自分の時間をさいていた。

その女性の母が亡くなったその時、なにか力になれないかと思う。

 

その女性は、今なら間に合うから家に帰れという。

その女性を支えてあげたいと思う。

そして、そばにいてしまう。

という流れで、栞と完治は一夜をともにする、という流れに。

 

次回は、この2人、目黒栞(黒木瞳)と完治(佐々木蔵之介)。

完治の妻・真璃子(中山美穂)と娘の婚約者・日野春輝(藤井流星)。

娘・美咲(石川恋)と大学教授・戸浪(高田純次)。

 

これらの恋がそれぞれのストーリーで、始まり、終りを迎える…感じ。

予告では、完治が戸浪に会いに行き、娘と別れろといっているところが。

自分のことは別にして、娘の不倫男には一体何をいうのでしょうか。

そしてまた、戸浪(高田純次)は父親の出現になんて返事するのか、

とても興味深いです。

そして、完治が河本保に押され(?)、転落するようなシーンが。

 

いったいどうなっていくのでしょうか。

 

妻の真璃子は、完治が浮気しているのは決定的だと感づいたし、

相手が目黒栞という女性であることもわかってしまいました。

娘の婚約者・春輝は、美咲には自分以外の男に恋をしていることに気づいていたようで。

だからといって、婚約者の母を好きになるか? ここが疑問。

 

美咲が自分以外の男に惚れている、ということが前々からわかっていて、

その哀しみを真璃子で埋めようとしたのか?

そこのところがイマイチ腑に落ちない。

このドラマが進むうちに、紐解かれていくのか?

春輝の母・日野冴(麻生祐未)との関わり、幼い頃の家族関係などから、

紐解かれていくのかもしれません。

ドラマラストあたりで、流れる平井堅の 主題歌には、しんみりと心に響きます。

half  of  me

ドラマを包み込んでいます。この歌声と歌詞が切なくて。