ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく第35話 タカちゃんが手伝ってくれることになり、風向きが変わる?

朝ドラ まんぷく 第35話です。

第4週 お塩をつくるんですか? 11月5(月)~11月10(土)

いよいよ鉄板が海に運び出され、塩作りがスタートしました。

張り切っている萬平さんはカッコイイ!

 

塩作りオンリー、食事少なく皆、イライラ!  ついに取っ組み合いのケンカに

朝ごはんを食べている時に、おかずを取った取られたで、2人が取っ組み合いの

大喧嘩を始めました。止めに入った神部さん、萬平さんの力及ばす、

ケンカは白熱する一方。

 

そんなとき、鈴さんが

こら~! いいかげんにしろ~!」と棒(?)を持って叫びました。

みなはその声のデカさと気迫に驚き、いっぺんに静止しました。

f:id:chacha5310:20181110002344j:plain

ケンカで飛び散ったご飯を見て、

今夜のご飯は作りません!」 と一喝。

みっともない! といいながら倒れ込んでしまいました。

 

2人の言い合いを聞き、

「もういい! 気に入らないことがあれば、僕にいいなさい」と萬平さんは言いました。

 

みんなイライラしてるんです。

仕事ばっかりで楽しみは食べることだけですから。

でも今は休んでる暇はありませんよ、と神部さん。

働き者で、よくわかってくれています。彼は萬平さんのよき相棒です。

 

萬平さんは、福ちゃんと鈴さんだけでは大変なんだと、実感!

倒れた鈴さんを見て、萬平さんは福ちゃんの体調を心配しています。

みんなの空気を変えてくれる明るい性格の人が来てくれたら、と福ちゃん。

明るい笑顔を見せます。

私一人で、大丈夫ですから、と言いますが、

僕は福子が心配なんだ、と萬平さん。

 

福子は翌日、克子姉ちゃん家に行きます。

お母さんが倒れてしまったので、克子姉ちゃん、手伝うてくれへん? と。

土日だけでいいから、と。

忠彦さんは、タカのことを「浮世離れした美人なんやから」と絶賛!

タカは、美人なんていわれたことない! と目を丸くして言いました。

 

福ちゃんの小さな独り言には笑ってしまいました。

「芸術家やから、独特のものの見方しはるのね」と。

小声の早口でサササっと言ってのけていました。

 土日はタカちゃんが来てくれることになり、男たちも皆大喜び

「私が行きます」と言ってくれたのはタカちゃん。

父の忠彦は、反対しました、が、

「萬平おじちゃんの仕事見てみたいねん」と、笑顔で。

克子も勉強させてあげましょう、と背中を押してくれました。

 

男たちの一人が海辺のみんなを食事に呼びに来ました。

「みんな若い女の人がいます。お手伝いさんやて」というと

みんなが「女や、女!」と大張り切りで、走り出しました。

仲良く話をしながらの食事タイムです。

みんな、いっぺんに笑顔。

楽しそうにほころんで、ご飯を食べています。

今朝の殺伐とした光景は嘘のよう。

 

タカちゃんパワーすごい!

 

鈴さんは、「よう寝た~」と上機嫌で起きてきました。

和やかな食事の光景を見て、

「私がビシッと言うたのが効いたのね」と嬉しそう。

 

みんなに「私の孫のタカ。手を出したら承知しないわよ」と満面の笑み。

大喜びでした。

その夜、タカと布団並べて寝られることを、幸せ~と言っていました。

タカはおばあちゃん孝行もしました。

 

その夜は、寝床で久しぶりに少しゆったりと話ができたふたり。

「たまには二人の時間がほしいです」と福ちゃん。

「たまにでいいから」と笑顔。

笑顔で伝える本音は、相手の心に響くようです。

萬平さんと福ちゃんと一緒に布団で寝ようと、福子の布団に。

仲良く一緒に眠りにつきました。

とても幸せそうな福ちゃんでした。もちろん萬平さんも。

 

あしたはどうなる?

タカちゃんと神部さん、あんがいお似合いかも、とふと今日思いました。

ま、そんなことにはならないか。

塩作りと彼らの関わりもとても楽しみです。

それにしても、鈴さん、本当に頼りになります。

本当に武士の娘、という気がしてきました。