ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

武士娘(ブシムス)まいにち鈴さん 萬平さんへの飴とムチのムチは鈴さんの言葉?

まいにち 鈴さん 誕生話

朝ドラまんぷくにすっかりハマっています。

朝の15分のドラマでこんなにいろんなことを考えさせられるとは!

脳の活性化にもなっているようにも思います。

 

このドラマは福ちゃんと萬平さんのドラマでもあり、

同時に母・鈴さんのドラマでもあるのだ、ということに気づいたのは、

第24話あたりです。

 

そこから、です。鈴さんが発する言葉が、とても面白く、深いってことに気づいたのは。

最初は、私は武士の娘です。の連呼だわ、ぐらいにしか思っていませんでした。

 

あいだあいだに、私は 武士の娘です が入り込んできて、

なんだかサブリミナル効果(?)みたい、とウケてしまいました。

克子が子どもたちに、ただの足軽と吹聴していることも見え隠れして、

それはそれは、笑えるのでした。

 

見ている私自身、鈴さんのものまねができるようになりました。

鈴さん独特の発音もマスター出来ています。

私は武士の娘です、足軽やないのよ。とアレンジして楽しんでいます。

 

鈴さんってひとは、

心に浮かんだ不満ボヤキを、ただストレートに言ってしまう。

ともすれば、あなたが一番幸せなのに、と思うぐらいなんだけど、

自分が一番不幸者のように思い込み、悲劇の主人公になってしまっている。

そんな、鈴さんがおもろうて、おもろうて。

周りの人達が、どれだけ優しいか見ていてよくわかります。

 

福子に萬平さんのことを話すときも、機嫌のいいときは萬平さんと言ってるけど、

不満があるときは、絶対 萬平さんとは言いません。

あなたのだんなさんは・・・・」です。

福ちゃんは、きっと気がついているけど優しいから、そっとしてあげています。

 

私は武士の娘です! ときどき、私は武士の娘ですよ~。

ただのブシムスかいな、と思っていたのですが、鈴さんがいたからこその、

萬平さんと福子さんでもあるのかもしれません。

 

脚本家の福田靖さんも、鈴さんのこの言葉があったからこそ、

どんどんイメージをふくらませることができ、福ちゃんのモデルとなった

仁子さんのことを脚本に手がけられたのだというエピソードも。

 

百福さんのエピソードはたくさん残っていたけれど、奥様の仁子さんのものは

あまりなかったそうです。でも、主人公は福子、というこのドラマ。

さぁ、どうする、となった時に、彼女の母の、私は武士の娘です! という言葉は

真実の言葉として残っていました。

その言葉をてがかりに、主人公福子を描かれたということです。

この、私は武士の娘です! という言葉は、脚本誕生をも助けているのだ、

と感慨にふけってしまいました。

 

そんな鈴さんが発する言葉が、とても、楽しみになりました。

これからのドラマ展開に、大いにスパイスを効かせてくれるはず。

ということで、鈴さんのひとことを手書きで書いてみることにしました。

題して、まいにち鈴です。

 

ということで、1週間毎にまいにち鈴さんのページも作ることにしました。

この記事は、まいにち鈴さんアピールページということで。

 

 30話の鈴さん

f:id:chacha5310:20181104141255j:plain

 

 31話の鈴さん

f:id:chacha5310:20181106001506j:plain

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村