ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく第26話 あるのは不公平だけや、と語る世良の言葉のど迫力!

朝ドラ まんぷく 第26話です。

第4週 信じるんです! 10月29(月)~11月3(土)

 昨日は、牧善之助さんと恵さん、今日は世良さんと再び会えました!

 

人々は生きることに必死!

克子の子どもたちも靴磨きをして、お金を稼ごうとがんばっています。

克子は思わず、目に涙をためます。

克子が嘆くのはもっともやわ。と鈴さん。

 

なんとかしてよ、萬平さん! 鈴が萬平に不満をぶつけます

いつまでもここに居候するつもり?

萬平さんは、肩身が狭いと思わないの? 

 

こんなタケノコみたいな生活、と

たけのこ? と萬平さん。

タケノコ皮をむくみたいに一枚一枚、着ているものがなくなっていく~と嘆きます。

 

それはうまい言い方だ、と萬平さん。

お母さんは、自分の着物を売ってるならうまいいかたかもしれないけど、と

福子が突っ込みます。

そんなことはおかまいなし、の鈴さんは攻め続けます。

 

私の着物は売りません! あんな高価な着物を闇市なんかで(売るなんて)・・・

 

萬平さんは何もしないの? 

福子と結婚するときお金の苦労はさせないていうてましたよね。

させてますよ、貧乏に!

 

申し訳ありません、と萬平さん。

 

上郡に、着物を売りに行ってるやないの、萬平さんは、ぎゅうぎゅう詰めの電車に乗って、と福ちゃんは精一杯かばいます。

 

が、母強し。

そんなことは誰にでも出来ます!

 

まだまだ言い続けます。

 

あなたは発明家なんでしょ!

会社がなくなったって、みんなが欲しがるものかんがえだすとか出来ないの?!

 

「考えます、すいません」と萬平さん。

気落ちしている、萬平さんに福ちゃんはいつも優しく微笑み語りかけます。 

「萬平さんはもっと先のことを考えてください!」 と福ちゃん。

「そういうわけにもいかないよ」と萬平さん。

 

毎晩毎晩、すいとんの晩ごはん。

福ちゃんが、提案します。

目をつぶって食べたら、ちょっと小さい大福餅や~と。

大福餅やない、すいとんや、と子どもたち。

鈴さん、ついに言います。

私の着物を売ってもいいわ、と。

 

150円やな、と闇市の人。

コレは値打ちもんやな、と着物を高く買ってくれたのは、なんと、世良(桐谷健太)さん。

世良商事をやってんで、と。

鈴さんの着物を300円で買って、3倍で売る、と世良さん。

返してください! と思わず鈴さん。

そんなん不公平やわ、と言う克子はじめ、鈴さんに

 

ええもわるいもない、あるのは不公平だけや。

あんな、今は不公平の時代ですわ、と世良は言う。

戦死した人間と、無事で帰ってきた人間

抑留された人間と帰国できた人間

戦犯にされた人間とまぬがれた人間

闇で儲けた人間と儲けられへんかった人間

飢えてる人間とたらふく食うてる人間

焼け出された人間と焼け残った人間

不公平があたりまえやのに、それに文句言うてる時点でもうアカンのです。

 

説得力のあるその言葉の前で、何も言えない福ちゃんたちでした。

 

そこに子どもたちが帰ってきます。

今日は儲かったで。と子どもたち。

靴磨きで8円20銭。

 

僕は残念やで。立花くんが不公平の負け組でくすぶってんのが、な。

ほな、僕はこのへんで、と立ち上がります。

はよ出てこい! 発明家の立花くん

そう言い残して、その場を去っていきました。

 

世良さんと萬平さんは違いますから、と福ちゃん。

「世良さんみたいに自信を持って、自分はこうだという人間になりたい」と萬平さん。

 

そんな人、なかなかいませんよ、と福ちゃんが今日の出来事を語ります。

今日ね、配給所で見たんです、、、、と福ちゃんが語ります。

自分を証明するものがないんです。

なければ配給は出来ませんと言われていた人のことを報告します。

 

そんな人がたくさんいるんです。

「家もみんな萌えてしまったから仕方がないんです。みんな、そうなんです」と。

 

判子を作ってやればいいじゃないか、と萬平さん。

自分がなにものであるかを証明する大事なものだ、と。萬平さんが力強く言います。

 

さぁ、萬平さん何をどうするのでしょうか。

鈴さんと世良さんの言葉は、萬平さんを奮い立たせる力になっていることは、

間違いないですね。

あなたは発明家なんでしょ!

はよ出てこい! 発明家の立花くん

この言葉にを感じます。

明日が楽しみです。

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村