ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく第17話 生きて会えて、ほんとうによかった!

朝ドラ まんぷく 第17話です。

第3週 そんなん絶対うそ! 10月15(月)~20(土)

再び、生きて会えることを願っていました。というナレーション通りに!

 

やはり、彼が手がかりをつかんでいました! 竹ノ原くんです

もっと早く言ってくれたらよかったのに! と思いましたが、彼も加地谷の

圧力がこわかったのでしょう。

もうすぐ戦地へ行くから、もうなんの気も使わなくていい、という本音が

にじみ出ていました。

「僕は、立花さんが好きです!」

そう言わしめる立花さんという人の人格、素晴らしい。

そんな立花さんの、きれいな心を見抜いた福ちゃんもすごいです。

 

福ちゃんといえば、世良さんも周囲の人も(私も)いつの間にか、

福ちゃんと呼んでいるのに、立花さんは「福子さん」と呼びます。

そこにも好感を抱きます。

 

犯人は、やはり加地谷! 憲兵の村城との共犯!

竹ノ原くんからの情報を得て、世良さんがリサーチ。

みごとに真相を突き止めてくれました。

それにしても、加地谷と安藤社長に見立てた憲兵・村城の会話は、、、、・

闇業者仕立てた男がすでに殺されている! という怖ろしい内容でした。

窮地を救われた萬平さんでしたが、一歩間違えたら、

そんな目にあってしまっていたのかも、と思うと本当に怖い!

濡れ衣を着せられるというのは、こういうことを言うのだ、と思いました。

 

銭感情だけの加地谷が、純粋で本物の才能の持ち主を目の前にしたとき、

自分がちっぽけな人間に思えきたと語りました。

それが妬みと嫉妬に代わり、憎しみへと変わっていったわけです。

金儲けだけに意識を注ぐ男・加地谷。金のためなら、どんな悪事もはたらくぞ、

という人間とどんなことがあってもよき事、人々の役に立つ仕事だけをしたいと

思っている男が合うわけないですね。

三田村会長と世良さん、萬平さんを救うべく元陸軍大将のもとへ

元陸軍大将の神宮幸之助との挨拶の時の、世良さんが妙にまじめにしていたのに、

ちょっと笑ってしまいました。

「我々は皆、閣下に感謝いたします」という話し方と態度がいつもと全く違っていて、

これまた世良さんだなぁ、と笑ってしまいました。憎めない人です。

神宮幸之助の力添えですぐに、立花さんは救われました。

憲兵の村城は取り調べに合うことになりました。加地谷は、逃亡。

すぐに捕まることでしょう。

 

福ちゃんが、夜遅く帰宅したら、鈴さんは庭でお風呂の薪をくべていました。

「みんなあなたを応援しているのね。私の見方は誰もいない」と

とても神妙だったのに、克子の家では

許したわけやない、と怒っていました。私は武士の娘です! と、

呪文のようにとなえていました。

 

生きて再び会えました! ほんとうによかった! 

刑務所から、傷だらけの萬平さんが出てきました。

出迎えたのは、世良(桐谷健太)と福子です。

2人の目には感動の涙が。

「生きて会えるとは思いませんでした」と萬平さん。

ほんとうに、生きて出会えてよかった! 

 

「僕は初めから信じてたで~」と世良さん。その恩着せがましさも彼のご愛敬?

その後も、えんえんと、恩着せがましい武勇伝が続きます。

立花さんを助けるのは肝心やなかったんやぞ!と念を押します。

「世良さんは僕の命の恩人です」と立花さん。

「え、なんて?」ともう一度、その言葉を催促。

もう一度行ってもらって、ご満悦。

立花さんは賢い。そのあと、世良に聞きます。

三田村会長がなぜ? 僕を助けてくれたのかと。

福子が直談判したことを、話す世良。

頼むことは誰にでもできる! とまだ自分の手柄を強調。

ほんまに、子どものような世良さんです。

ちょっと気が早いけど、萬平さんと一緒に仕事をしていくのは、世良さんかな?

世良さんと福ちゃんも気が合うみたいだし。

 

そこに福ちゃんがお弁当を持ってきます。

毎日、持参の様子。幸せな時間が流れます。

福ちゃんの愛情たっぷりの料理を食べて、日に日に元気になっていく萬平さん!

ほんとうに、よかった。とても幸せな時間が流れています。

 

「うまい」と萬平さん。

「ふふふふ・・・」と福ちゃん。

なんて幸せな終わり方。

ふたりの幸せそうな満面の笑顔。これぞまんぷく!

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村