ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

スーツ/SUIT第2話 初回に比べ、ちょっと間延びした感じ?

スーツ/SUIT第2話

かなり海外ドラマと同じ感じで進んでいくんだ、と実感。

ちょっと、間延びしている感じを受けたのは私だけ?

 

マイク役の鈴木大輔が物足りない。もっと頭脳(あたま)、切れるんじゃ?

甲斐正午(織田裕二)は、スーツもカッコよく着こなし、切れ者・敏腕弁護士をこなしているけれど、

マイク役である鈴木大輔(中島裕翔)に物足りなさを感じています。

マイクのずば抜けた記憶力や、頭脳明晰さ、素早い機転の利かせ方のところが

イマイチ、もや~っとしている。

マイクの思いやりある優しいところは出せているのに、残念。

せっかくの高級スーツ、着こなせていないのでは?

あの高額なカッコいいスーツの着こなしもイマイチしっくりいってない。

なんなんだろう。

あのヘアスタイルか? なんだかモッサリしていてもったいない。

もっとヘアスタイルをシャープにしてみてはどうだろう。

 

原告と被告につながりありすぎのストーリーに、物足りなさを感じる

もう少し、スピーディーにパンパンとドラマ展開してほしい、と感じてしまう。

登場人物が皆、微妙な関りでつながっていき、それをもとに裁こうとするんだけれど、

そんなに、皆が皆つながっているのか?

事件と人がそんなに簡単に結びつくものなの?

 

初回は、お見事! だと思った、容疑者とつながりのある人物がここにいた、

という設定も、第2話もそうだと、え? また? と少し笑ってしまいました。

そんな、みんな関りあるわけ? 知り合い? とちょっと退屈してしまったのは私だけ。

いっそ毎回全部つながりがある、という設定で通すなら、

それはそれでまた面白いのかもしれないのですが。

どんなもんなんでしょうか?

見ているうちに馴染んでくるのかな? 

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村