ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく第13話 萬平さんに濡れ衣を着せたのは誰 !? 救いの手は差し伸べられるの?

朝ドラ まんぷく 第13話です。

第3週 そんなん絶対うそ! 10月15(月)~20(土)

軍事物資横領の容疑で逮捕されてしまった萬平さん!

えらいこっちゃ、ほんまに、大変なことになってしもた!

福子さんには抱え切れられない大ごと!

 

横流しって何? という母に、精霊流しと勘違いして話を進める会話には

笑ってしまいました。ずっと咲姐さんのことをひきずっている、と

思い込んでる母との会話がどこまでも食い違いをひろげていきます。

挙句の果てには、福ちゃんが何を言っているかわからない、と母・鈴さん。

 

 登場人物、みなさん思い思いの悩みで上の空 会話もとんちんかん

牧善之助さんと野呂さんからの告白を受けた保科さんは、恋の悩みで上の空。

福子さんは、萬平さんのことで頭がいっぱい。

この2人の会話も上の空。

保科さんへの想いを打ち明ける野呂さんにも、心ここにあらずの福子さん。

母との会話も上の空。15話の会話は、全体的にすれ違い。

 

萬平さん逮捕後の加地谷に電話で真相を確かめようとする福子さんに、

加地谷の言葉は、無情。

一緒に仕事をしている仲間とは思えない言動。思いやりのかけらもない。

萬平さんがやった、と決め込んでいる加地谷に疑問を感じてしまいます。

 

 親友の敏子とハナが、時間ができたから、と会いに来てくれました。

緊張の糸がほどけて、泣き崩れる福ちゃん。

「なんかようわからんけど、私らがしらん間に大変なことになってたんやね」

と言いながら、涙をぬぐって抱きしめてくれる。持つべきは友達。

 

 無実の罪で、痛めつけられる萬平。救いの手は差し伸べられるのか?

刑務所では、それは厳しい不当な暴力を受ける萬平さん。

逮捕者の稲村大吾さんが、なにか力になってくれないかしら? と。

こうなったら、何にでもすがりたい気持ちになります。

 

萬平を救う手立てはあるのか?

こういう時、誰を頼ったらいいのか。

解決策はどうして見いだされるのか?

 

予告を見ると、世良(桐谷健太)さんが福子さんに「立花君のことはあきらめろ!」と

言っています。ま、ま、まさか世良という男が犯人? そんなわけないよね?

こうなったら、近場の誰彼なしに猜疑心の目でてしまいます。

 

萬平さんを救うべく福子さんが立ち向かいます!

萬平さんを信じる気持ちと愛はきっと岩をも動かすはず!

それにしても、この時代、こんな立場に追い込まれてしまったらもはやもう無理、

救われはしないだろうというこの時代、いったいどんな奇跡がおきるのか?

 

手に汗握る15分です。

鈴さんの耳には入らないでほしいこの現実。

そちらのほうも気がかりです。

 

母と二人でいることを心配してくれている、克子の夫・忠彦(要潤)は

やっぱり優しい人だなぁ、と思うのです。そういうシーンが、救いです。

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村