ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく第9話 猛反対する母 誠意をもって想い貫く萬平さん

朝ドラ まんぷく 第9話です。

第2週 ・・・会いません、今は 10月8(月)~13(土)

咲の夫・真一さんと、母・鈴、克子とともに、医師から病状を聞くシーン。

 

「どうして気づかなかったの、こんなになるまで」と母。

私は武士の娘です。こんなことで動じたりしません!といいつつ、

泣き崩れる鈴さんを、克子と福子がかわるがわる励まします。

姉妹ならでは、のひとこまです。

 

二人の恋を陰になり、表になり応援してくれる保科(橋本マナミ)さん。

ずっと陰から見つめ続ける、缶詰の野呂さん。

その対比が、面白い。

 

真一のことを、ずっと冷たい人ではないか、と疑る母に、またか、と福子さん。

二人の晩ご飯を食べながらの会話が、真剣なのに、なんだか笑える。

結局は、鈴の福子の結婚への思いの話に。

自分の思う人と結婚してほしいということで・・・。

「お見合いはしません!」 と福子さん。

 

そんな中、馬のいななきとともにやってきた、牧善之助さん。

最近、登場の頻度高い・・・・

馬(蘭丸という名前をつけている善之助)に乗るのに、毎回てこずるところ、

笑ってしまいます。

よく共演者のかた、笑わずに演じておられる、

 

結核の専門病院を見つけてくれた、立花さん。

立花さんと福子の前に立ちはだかる母。

「福子の母でございます」

結婚式で拝見いたしました、という立花に

「あなたのこと、覚えてないわ」とつれない返事。

 

福子はしっかりした会社に勤めている方に嫁がせます!

立花さんお察しください、と言ってのける鈴。

 

唖然とする、立花萬平さん。

しばし、福子さんの様子も見ながら、沈黙。

考えている? 頭の中、真っ白?

 

もうしわけありません。それはできません!

お姉さまが元気になられたら、僕は福子さんに結婚を申し込むつもりです。

では、改めて と颯爽と去っていく萬平さん。

母に誠実に、しかし、はっきりと意志を伝えられるカッコよさにしびれます。

こんな誠実な人に惚れられて、福子さんは幸せだろうなぁ。

この気持ちを伝えるときも、自分勝手に伝えたのではなく、ちゃんと福子さんの

表情も見たうえでの返事。そこが素晴らしい。

ストーカー男とは違い、ちゃんと空気を読み、福子さんの気持ちにも

思いをはせての言動だということにも 惚れてまうやろ~発言 になるわけで・・・。

 

福子さんと目を合わせ、振り向き颯爽と歩いていく萬平さん。

その後ろ姿を見送る福子さん。

何度か、こういうシーン、見ました。

結婚式のあと、お礼を渡そうとして受け取らなかった萬平さんを

おじぎをして見送っていた福子さんを思い出しました。

 

雪降る中に立ちすくむ福子さん。寒さも吹き飛んでいたのでは。

萬平さんの誠実さが、心にしみるラストでした。

 

さて、萬平さんが紹介してくれた病院の結核専門の医師により、

咲さんが回復することを祈ります。

そのことがきっかけで、鈴さんも萬平さんの魅力に気づいてくれるといいな。

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村