ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

義母と娘のブルース 第9話 9年間がこんなカタチでつながるとは!

 

最終章って、もう次が最終回だなんて。義母と娘のブルース

早すぎますやん! あきませんで。

思わず大阪弁が炸裂。

なんて、こんな大阪弁、普段使ってないって。

使っていない大阪弁が出てくるほど、残念です。

 

それにしても、やられました。

こんなストーリー展開になっていくなんて、第一章からは想像もできませんでした。

佐藤健さんの存在がここまで!

そうか、これは、義母と娘のブルースといいながら、

麦田のストーリーでもあったのか。

 

まさに、バトンタッチの交錯でありました。

宮本良一からバトンを託されたのは、亜希子だけではなかったんだ!

宮本良一からバトンを託されたのは、麦田でもあった!

宮本良一は、みゆきへの愛を亜希子に託し、

亜希子への愛を麦田に託した。

 

あの、プロポーズのシーンで、まったく勘違いしている亜希子に

空に向かって大声で叫んだ麦田の言葉。

「だんなさーん、宮本さんと引き合わせてくれて、ありがとうございまーす!」

あんな心に響く言葉ある!?

勘違いしている亜希子さんにも伝わるでしょ。

 

奇跡がこんなふうにつながっていたとはね。

なんてこった。

してやられた~って感動の波。そして涙。

 

パン屋さんの前で、麦田を待つみゆきと大樹。

その姿がまたけなげでかわいかった。

この二人の恋も応援したくなる、いい雰囲気。

みゆきのそばにずっと寄り添う大樹。

温かい缶コーヒーをそっと手渡す大樹。黙って受け取るみゆき。

これがまたなぜか宮本良一と似てる雰囲気で・・・・

 

前回、気になっていた、そうそう前回の第8話について書いた記事の中で

次週、恋の行方はいずこ? って書いたのですが、

恋といっても、麦田(佐藤健)と田口(浅利陽介)の恋心なんですが。

ずっと、亜希子に思いを寄せている田口がチラッと予告で映っていました。

なんなんだろう?

2人がいたあの場所はバー?

↑↑↑と書きましたがこの恋の行方は、こういうことだったのですね。

みごとに田口の恋心は亜希子には伝わらなかったけど。

こういう風に落ち着いたのか。

 

見ていて、10時40分ぐらいになると、ああ、もう終わってしまう~と

想いながら見ていました。

次週はいよいよ最終回。

 

公式サイトにはこんな風に書かれていました。

義母と娘、そして彼女たちを支えた人たちの10年間の愛のカタチがついに完結する。

それぞれが大切にした想い、10年の愛が、9月18日よる10時、奇跡を起こす!

このうえ、まだ奇跡が起きるの?

楽しみです!

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村