ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

あの橋のたもとで 近藤正臣、大谷直子主演

お題「もう一度見たいドラマ」

あの橋の畔(たもと)で

近藤正臣 大谷直子主演(途中で御影京子さん)

 ストーリーは、正直あまり覚えておりません。

でも、恋 というものはこういうものなのね、と子ども心(?)に

ときめいたことを覚えています。

ときめき、という言葉を知らない時期に、ときめきというものを

感じたのも、きっとこのドラマだったように思います。

 

物語は、毎回、階段からたくさんのリンゴが転がり落ちてくるところから始まります。

袋に入っていたりんごがこぼれ落ちてしまうのです。

大谷直子さんが落としてしまうというシーンです。

それを近藤正臣さんが見上げていたような、拾ってあげたような・・・

拾って手渡したのかどうかは定かではありません。

まさにうろ覚えです。でもあのりんごはとても印象的でした。

全部で何個ぐらい転がっていたんでしょうか。

かなり大量にごんごろごろごろころがっておりました。

 

今思えば、あんなに一人で持てるわけないじゃないか?

紙袋ならせいぜい数十個でしょうに。

当時の演出ではあれ、オッケーだったのでしょう。

 

真っ赤なりんご落ちる、ということ、すなわち堕ちるという

演出なんだろうと思ったことを記憶しています。

↑ この文章のこの部分は、いつぞやテレビ雑誌に投稿して

掲載されたことがあります。

 

「 コンドーです 」とニヒルな表情と声、そしてサラサラのヘアスタイルが

とてもカッコよかった近藤正臣さんと聡明な美しさといさぎよさが

なんともかっこよかった大谷直子さんのすれ違い(だったような)がもどかしかった、

そんな恋の話を必死に見ていたように思います。

 

大谷直子さんが体調を崩されたことから女優がチェンジしてしまったことが、

少し残念に感じたことも覚えています。

ドラマの主役が変わることもあるんだ~、と妙に納得したものでした。

 

あのドラマを、今見たら、どう感じるのかしら。

やっぱり、ときめくんでしょうか?

それとも、なんじゃこりゃ? こんなのには響かないわ、と思うのか・・・。

 

あんなキザでカッコつけた男、今はいない気がします。

いたらちょっと笑ってしまいそう。それも時代なのか・・・。

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村