ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

義母と娘のブルース第5話 二人の会話から愛のカタチが溢れてる 涙こぼれる

もはや涙なくして見ることができなくなってしまった、義母と娘のブルース

第5話は夫の入院です。ピンピンコロリと人生を終えようとしていた良一が、

生きたい、死ぬのが怖いと本音を亜希子にぶつけます。

 

亜希子と良一の交わす言葉が切なくて、胸がしめつけられます。

その会話からあふれる愛。

愛は見えないけれど、確かにそこにある、と思わせる。

そして主題歌が「アイノカタチ」とくるこのドラマは、かなりすごい。

流れるBGMに涙し、ラストのテーマ曲「アイノカタチ」が流れるときには

もうあきません。号泣。

 

第5話は、二人の愛が育っていることが十分すぎるほど伝わってきました。

みゆきを真ん中に川の字で寝るという、家族の象徴そのもののシーンの中での

せりふひとつひとつが心にしみました。

 

「あきこさん」と言った良一の優しい声。

妻を呼ぶその優しい声に、目に見えない愛は、こういうところでカタチとなるのか、と

ドキッとしてしまいました。

 

この世の男性たちが、恋人、妻の名前を、あんなふうに優しく愛おしく呼びかけたとしたら、

きっと女性たちはとても幸せな気持ちに包まれるのでしょうね。

 

「みゆきがどんな女の子になるのかなぁ」という父の気持ちがいっぱいのセリフにも

ジーンときてしまいました。見届けることができない、かもしれないことが辛いです。

どんなに健康な人も、元気な人も、いつどうなるかわからないのが、人生。

見届ける保証なんてどこにもないけど、元気なら、見届けることができるに決まっている、

と思い込める。そんな幸せに気づかされる瞬間でもありました。

 

感情移入が激しすぎ、なかなか感想が書けません。

ほかのドラマもも見ているのに、このドラマに力が入ってしまいます。

 

第5話の後に、次の予告がなかったわけがわかりました。

義母と娘のブルースの公式サイトを見て・・・。

ドラマは第2章に。みゆきは成長し高校3年生になっているようです。

予告のタイトルには、第2章スタート! 父の愛がつなぐ10年~新たな出会いと奇跡とありました。

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村