ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

あなたには帰る家がある 第8話 ドロドロの不倫劇から一転 素晴らしき哉 親子愛(?)

ドロドロ不倫の顛末記が続くかと思いきや、見逃してはならない子どもたちのこと。

あなたには帰る家がある

子どもたちも、それぞれの家にも帰っていくのです。

佐藤家、茄子田家、どちらにも思春期のこどもがいるわけで、

彼らの存在を見逃してはいけません。さすがです。

ところどころに登場している子どもたち。

見終わった後に、子どもたちはどう感じていたの? 

という消化不良が残りますものね。

 

子ども目線の彼ら夫婦は、いったいどうなんだろう?

麗奈ちゃん(桜田ひより)が叫んだ、心の叫び。

「一緒がいい!」

そう、それが一番いいに決まっている。

でも、そうできないんだ、ということあるんだよ。

見ていてつらかった・・・。

 

次回の第9話では、茄子田家の息子目線でのストーリーが展開される模様。

息子に、「なんだ、その目は?」と言っていた茄子田(ユースケ・サンタマリア)。

息子の慎吾(萩原利久)の目が怖かった。

 

いったいどうなる? 第9話。

慎吾は、この夫婦のことをどのように見ているのか? 

そんなあれやこれやが、ひもとかれるんでしょうか?

 

それにしても、今回の第8話は不思議な回でした。

わが娘のために走りに走った、佐藤(玉木宏)。

妻の真弓(中谷美紀)も走った、走った。

子どもへの思いが、あの走りに込められていました。

頑張れ! というエールも心にしみました。

 

 茄子田太郎の本性ってどうなの? 案外いい人?

ただただ気持ち悪くて不気味だった茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)の

本性っていったいどうなんでしょうか?

 

あれれれ? 意外や意外、あんがい普通のおじさんだったの?

もしや、いい人かもしれない?

 

逃げた妻・綾子(木村多江)の新しい仕事場でも、

ほかのお客さん同様、おとなしく注文し様子を見ていました。

元妻を執拗に自分のもの扱いはしないように、つとめていたような・・・

真弓の娘を想う気持ちのことも、察していたようだったし、

 

茄子田太郎って、いったいどんな人間なのかしら。

ちょっと、わからなくなってきました。

 

それにもまして、あのぐいぐい攻め女、茄子田綾子(木村多江)は・・・

性懲りもなく、佐藤秀明にまとわりついている。

いつまで、食いつくの?

それにしても、なんと優柔不断な佐藤秀明(玉木宏)。

最初から最後まで、優柔不断な男を通すつもり?

 

地獄のパーティーっていったいどんなパーティ?

真弓がモテ期を迎える次回、後輩の圭介も告白するみたいだし、

真弓のモテ期ぶりを見てみたいものです。それを、元夫の秀明はどう見るのか?

やはり、このドラマは面白い!

次回は、地獄のカレーパーティーが始まるらしい。

どんな? どんなパーティーなの?

いずれにしても、あと4回で終わっちゃう。

どんな結末へと向かっていくのか?

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング