ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷく30話 いよいよ2人の生活が始まると思いきや、鈴さんもついてくるって?! 

朝ドラ まんぷく 第30話です。

第4週 信じるんです! 10月29(月)~11月3(土)

帰ってきました! 真一(大谷亮平)さんが、帰ってきました。

心に傷をおって・・・戦争のいたましい現実にさらされたことを

皆にかくそうとして、明るくふるまいキャラ変わる。

その空元気から哀しみが溢れ出ていました。

 

はんこ屋同業者出現で、またもや家計が苦しく・・・ 

売れに売れていたはんこ商売は、類似業者が現れて、売上激変。

家族の人数は、泥棒にはいった神部もいれるとかなりの人数。

売上減って、家族増える、ということで、生活はたちまち、また苦しくなってきました。

仕方ないわよ、と克子が言うと、

仕方ないではすみません、と鈴さん。

だいたいこの家は人が多すぎるのよ~、となげきます。

f:id:chacha5310:20181104141255j:plain

 

忠彦さんがキャンバスに向かっていた、と神部が報告に。

そこには、静かにしかし確かにキャンパスに向かう忠彦がいた。

やっぱり描くんですね、と克子。

色がわからんなりに、描ける絵があるかもしれない、と忠彦さん。

あなたは画家やないですか!? と克子さん。

 

考えた福ちゃんと萬平さんは泉佐野の方に引っ越すことにしました。

「出ていって、あなたたちはどうするの?」と鈴さん。

 

泉大津の倉庫購入の話を世良さんから持ちかけられ、さぁ、どうする?

世良さんとラーメンをすする萬平さん。

倉庫を貸したいと言うてる不動産屋がいてる。

値段は、かけおうたる、と世良さん。

じゃあ、一度そこを見せてもらって、と萬平さんが言うと、

それはあかん。不動産屋は確実にこうてくれる人にしか見せへんと言うてる、と。

その倉庫は、泉大津にあるそうです。

 

そこに、訪問者が。真一さんでした。

皆が生き残っていて、ほんとうに良かった、と明るく語る真一さん。

明るすぎるキャラに、皆が戸惑っていました。

心配そうにする忠彦。

あの絵を返さないと、とアトリエで、あずかっていた桜の絵を。

 

「あなたも見てきたんですね。地獄を」と忠彦さん。

「忠彦さんも?」と真一さん。

「僕も普通ではおられません。絵を描くことでなんとか気持ちを落ちつけております」

「今までの色使いとは少し違うようですが」

「戦争帰りですから」と忠彦さん。

 

「できればこのまま帰りたい。みんなの顔は見ずに」

桜の絵を泣きながら見ていた真一さん。

その気持が痛いほどわかった忠彦さんは、そっとアトリエから真一さんを送りました。

アトリエから忠彦さんの靴を履きそのまま家をあとにした真一さんでした。

 

玄関に残された、真一さんの靴を見ながら

つらいことがあったんだろうなぁ、と萬平さんと福ちゃん。

 

家を出る2人に2人がついてくるって! 神部さん、もうひとりは?

いよいよ、萬平さんと福ちゃんは、二人で家を出用としていることを、

皆に報告しました。

お母さんは、克子姉ちゃんと一緒に孫たちと楽しく暮らして、と福ちゃん。

え? 私だけ残るの? と不満そう。

そうよ、克子姉ちゃんを助けてあげて、と福ちゃん。

神部が俺も連れて行ってください、と福子と萬平に出ていくと言い出しました。

すると、鈴さん。

私も出ます」 と。

 

「克子たちだけになれば、忠彦さんの田舎もまた助けてくれるわ。

田舎からの助けで、十分食べていけます」と気持ちの切り替え、早い早い。

 

寂しがるたかちゃんと克子。

僕たちに止める権利はない、と忠彦さん。

快く送り出してあげよう、と笑顔で行ってくれました。

泉大津なんてすぐそこや、いつでも会いに行ける、と克子さん。

気持ちの切り替えが早い!

 

今日から、鈴さんのひとことを手書きで書いてみることにしました。

題して、まいにち鈴です。

今日の鈴さんはコレ。

f:id:chacha5310:20181104141255j:plain

 

いよいよ、次は第5週

お塩、いろいろ繰り広げられるみたい!

次週予告の土下座は嫌という言葉が耳に残っています。

次週も楽しみ!

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

朝ドラまんぷく29話 自分をあんな目に合わせた男に生きる希望を与える懐の深さに脱帽

朝ドラ まんぷく 第29話です。

第4週 信じるんです! 10月29(月)~11月3(土)

加地谷さんに会ってしまいました! 福ちゃんの気持ち、わかります。

 

私はあなたを許しません!

鈴さんなら、きっと加地谷にそう言ったに違いありません。

福ちゃんも言いたいこと、もっとあったはず。

 

加地谷とこんなふうに会うことになるとは・・・・ 

でも、萬平さんの気持ちを知り、それ以上責めるのはやめました。

福ちゃんも偉い!

萬平さんが加地谷さんに託した、はんことそのことばに胸打たれました。

あきらめないで。どうか生き抜いてください。

あなたの人生の主役は、あなたなんですから」  

 

自分をあんな目に合わせた奴に、そんな言葉をかけられるその人間の器には脱帽です。

 

鈴さん、泥棒の神部くんに「あなたは出て行け」

萬平さんと福ちゃんは、泥棒の神部茂にもとてもあたたかい。

鈴さんだけが「あなたは、出て行け」

「あなたはもう帰りなさい!」と帰るあてのない彼に言いまくっていますが。

大阪帝大を出た、という神部に

「また口から出まかせを!」

「どろぼうに子守させるの?」

「ほんまにあの人をここに置くつもり?」

でも、その言い方に慣れてくると言うか、親しみを感じてくるから不思議なものです。

 

戦地で、画家として目に致命的な傷を負った忠彦さん

忠彦さんは、フィリピンの銃撃戦で、視力をやられてしまっていました。

画家として生きていたし、これからも絵を描いていくであろう、と

本人も克子さんも思っていたのに・・・・

生きる希望をもぎ取られたであろう、その忠彦さんにまたまた鈴さんは言います。

 

赤と緑の区別がつかない、という忠彦さんに、

「そしたら、まともな仕事についてくれるのね、忠彦さん」と鈴さん。

そのつもりです、と忠彦さん。

 

逃げ続けるのではなく大阪に戻ってきていた加地谷、そこには・・・・

闇市で、ハーモニカを吹いている男がいました。

「あれ?」

「まさか?」と顔を除くと、それが加地谷さんでした。

 

加地谷さん、もうあなたを追いかけるひとはいませんよ、と萬平さん。

 

「生きてる意味がわからへん。

加地谷圭介という男は戦争で死んだんや」と加地谷さんが言います。

これからは陰で生きていく、と。

 

「加地谷さん、考えてみれば、憲兵隊に捕まったおかげで

福子と結婚できたようなもんです。もう終わりだ福子」と萬平さん。

「ほんまにもうなんとも思てないんですか、加地谷さんのこと」と福ちゃん。

 

「福子、お前は加地谷さんのことになると、お母さんそっくりだな」と、

笑う萬平さん。

お前だって加地谷さんのこと、可愛そうだと思っているんじゃないのか?

その萬平さんの言葉に、福ちゃんは言います。

わかりました、わたしはもうなんにも言いません、と福ちゃん。

 

神部くんに、萬平さんが届け物を依頼しました。

それが、はんこと「あきらめないで。どうか生き抜いてください。

あなたの人生の主役は、あなたなんですから」というその言葉だったのです。

はんこに掘られた加地谷という文字には、加地谷さんの人生を応援している

というメッセージがこもっていました。

 

泣き崩れる加地谷さん。

生きる希望を与えられた瞬間だったのではないでしょうか。

北風と太陽の太陽のような包容力を感じました。

つい北風になり、自分をそんな目に合わせた人間に仕返しをしたくなるところを

僕はそうではない、とハッキリ言ってのける萬平さん。

そこに、福ちゃんは惚れたんだと思います。

そして、福ちゃんもそういう人です。人を懲らしめたりはしない人です。

 

萬平さんにわびたい、という気持ちが加地谷の心のどこかにあったのか?

遠く、北の方(?)に逃げて行ってた、加地谷。

大阪に戻ってきていた。

大阪にいたら、萬平さんたちに出くわしてしまうかもしれないのに・・・・

ってことは、もしかしたら、心の何処かで逃げ続けるのではなく、

彼らにわびたいという気持ちがあったのではないか?

ふとそう思ったりもしました。

 

ほんまに激動の日々の第4週が、明日で終わります。

明日はどうなる?

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

11月3日放送の大阪環状線Part4ひと駅ごとのスマイル 見てみて~

ドラマ予告です! 明日放送です。

放送時間 午前10時25分~10時55分

大阪環状線Part4ひと駅ごとのスマイル 西九条駅

 

先日、関西テレビ主催のイベントに参加してきました!

 

大阪環状線Part4ひと駅ごとのスマイルトイウドラマです。

11月3日放送の西九条駅の回、ぜひ見てみて!

お笑いのチュートリアルの徳井義実さんがお父ちゃん役で出演しています。

シングルファーザーの役の徳井さんを見事に引き立ててくれている、子役の

平尾菜々香ちゃんの演技、必見!

 

西九条駅を舞台に繰り広げられる親子愛の物語。

女の子を持つ親なら、経験するであろう子どもの友達関係にもふれ、

たった30分間ですが、中身の濃いドラマになっています。

 

僕らは奇跡で出来ている出演の、 関西ジャニーズJrの西畑大吾くん

マスコットキャラクターとして出演していることでも話題を読んでいるドラマでもあります。

毎回、どこかで彼がちょこっと出演するドラマです。

 

放送時間毎週土曜日 午前10時25分~10時55分

というちょっと不思議なドラマ枠。

ぜひ見てみてください。

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

黄昏流星群第4話 えー? 密会の場で娘と父がご対面

黄昏流星群 ~人生折返し、恋をした~

 

先週のラストでこう書きました。

栞と完治が手をつないでエレベーターに乗っていたら、偶然誰か知り合いと出くわすようだし。

いったい誰と?

私の予想は、

娘・美咲(石川恋)と彼の日野春輝(藤井流星)?

妻、真璃子の友達の木原聡美(八木亜希子)?

須藤武史(岡田浩暉)?

残念! 全てハズレました。

 

な、な、なんと、娘でした。

しかも、相手は熟年男性(高田純次)。

こんな事ある? 

 

当の本人たちは、声も出ずにお互いの予約した部屋の階で降りていきましたが。

イマイチ、しっくりこないシチュエーション。

こんな衝撃のあとに、互いの部屋でそういうことっていたせるものなの?

別もんなわけ?

ある意味違った心臓バクバクを味わったあとに、、、。

 

完治の妻の真璃子は真璃子で、娘の彼と映画観てるし。

 

これからのストーリーが、昼メロ(古い表現)チックになっていくの?

このブログ書いてなかったら、この回で、見るのやめてるな。

視聴率、どうなんだ?

この回、分岐点のような気がする。

 

ここで、面白い、これからどうなるの!? と思う人と、

なんじゃこりゃ、こんなことあるわけないだろ? と視聴を辞める人。

 

完治(佐々木蔵之介)✖(黒木瞳)

真璃子(中山美穂)✖ 春輝(藤井流星)←完治と真璃子の娘・美咲の彼のはず

美咲(石川恋)✖ 熟年男(高田純次)

完治、真璃子は夫婦。その娘が美咲。要するに家族。

 

その家族がてんでバラバラの恋に落ちているというわけです。

 

このドラマの公式サイトをみると相関図の中に、熟年男(高田純次)が、

今の時点では、出ていません。

ストーリーにも彼のことは書かれていません。

あらすじの第5話で、完治よりも年上の思わしき男と表記されていました。

なぜ? 彼にも両親にも秘密にしている人だから?

 

思わず、熟年男、と書いてしまいましたが、その昔のCMを思い出してしまいました。

はい、あのCMです。5時から男

5時から男のグロンサン

 

話はそれましたが、次回はどうなる?

いっそ、それぞれが激しく燃え上がってしまえば、まだ見ごたえあるかも。

次回の予告で、電話をかけてきた栞の声を、妻の真璃子がきくことになるようですが。

それぞれの恋の対象が、あかるみになる?

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

朝ドラまんぷく第28話 泥棒に対しても強気 棒を持って立ち向かう鈴

朝ドラ まんぷく 第28話です。

第4週 信じるんです! 10月29(月)~11月3(土)

泥棒の次の侵入者は、忠彦さん。忠彦さんが、生きて帰ってきてくれました!

 

眠っていても、泥棒と見るや立ち向かう鈴、勇ましい

すずさんが眠っているアトリエに、不審者が侵入。

眠っていた鈴さんが気づき、棒を持って立ち向かいました。

泥棒や~! 皆のもの、であえ~、であえ~!」と、実に勇ましい。

 

確認したら、家のお金は全部あり、盗もうとしていたけれど

盗んではいませんでした。

 

君はどこの誰だ? と萬平さん。

「上本町の神部、神部しげるです」と。

戦争から帰ったら、家は焼け、母は死んでいた、と身の上話をしました。

 

同情の余地なしやわ! と鈴さん。

天涯孤独!? と萬平さん。

皆が代わる代わる質問している中、この神部さん。

空腹で突然、倒れ伏しました。

すいとんを出され、うまいうまいと食べていました。

みなは順番に眠りにつくために自分の寝床にいきました。

萬平さんが、神部さんとつきあい、台所で眠りました。

 

神部さんは、早朝、部屋の掃除をしていました。

「なにをやっているの、あなた」と鈴さん。

 

子どもたちが起きてきました。

誰? と子どもたち。

名前を紹介していました。

あなたは出ていきなさい!」と鈴さん。

「もう泥棒はしません」と神部さんは出ていきました。

 

やっと帰ってきました、忠彦さん。戦争は地獄や・・・・と

またまた、あの鈴さんが寝ている部屋に、侵入者が。

また泥棒と思いきや、なんと、忠彦さんでした。

泣いて喜ぶ、克子姉ちゃんと忠彦さん。

 

子どもたちの寝顔を、しみじみ見ていた忠彦さん。

「みんな大きなったなぁ、ありがとう克子」と感謝の気持ちを表しました。

戦争は地獄や、と。

皆の無事を心から喜びました。

 

今日は朝からご馳走よ。

ほら焼き魚よ。と幸せな会話。

お父さんが帰ってきたことに大喜びの子どもたち。

思わず、バンザーイと喜びの声!

福子! とたしなめながらも鈴さんもバンザーイ。

 

そこに一緒にバンザイを唱える男が・・・・

なんと、それは神部さんでした。

あらら~というみんなの不思議そうな顔!

 

なんで、あんた、いてるの!?」と鈴さん。

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村