ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

3年A組第2話 謎に満ちている。そこにあるのは何? 正義? 教え?

3年A組 今から皆さんは、人質です 第2話

スリルと衝撃が続いています。

一人のクラスメイト、景山澪奈が自殺したことについて、

教師が生徒全員に次々と課題を出し、その真相をひとつひとつ暴いていくという構成に

なっているようです。

 

景山澪奈(上白石萌歌)が、自殺に追い込まれた理由は、いくつかあるのですが、

やり逃げXと名乗って、SNSで拡散したり、自宅まで後をつけたり、

景山澪奈の自宅の窓ガラスを割り恐怖を植え付け、ついには景山澪奈本人に死んで、

とどなったり、さんざん嫌がらせをしていたのが、

宇佐美香帆(川栄希奈)だった、というのが、2話のストーリー。

 

宇佐美香帆がやった、ということにたどり着くまでに、

生徒たちも口論になっていったり、教師をやっつけようとしたり、

男子生徒たちも立ち向かうのですが、柊(菅田将暉)には手が出ません。

なにしろ、爆弾の起動装置を身につけているので、太刀打ちできできないわけです。

 

警察が、以前柊が勤務していた学校に聞き込みをしてわかったことは、

柊にはつきあっていた女性・相楽文香(土村芳)がいたということ。

彼女も教師をしていましたが、柊に暴力を振るわれ、

ついには精神を病んでしまったということでした。

今では、うつ状態がつついているということです。

瀬ヶ山署・生活安全課の郡司と宮城が、相楽文香の自宅を尋ねると父が対応。

直接、相楽文香から話を聞くことはできませんでした。

 

柊一颯(菅田将暉)は、時々相楽文香と教育論を話しているビデオを見ては、

悦に入ってるようなのですが、それを見るとまた疑問が湧いてきます。

 

もしや、彼ら2人は、子どもたちのことを思い、理想の教育を目指して

頑張っていたのかもしれない。

柊にとっては、なにか目指す理想の教師像のようなものがあったのかも、と。

 

それらが、なにかで狂ってしまったのか?

 

第2話を視聴して感じた素朴な疑問

柊一颯の目的は、いったい何? 

かつて恋人であった教師・相楽文香との関係はどんなであったのか?

なぜ彼女に暴力をふるうことになったのか?

 

今はうつ状態の彼女が、柊との関わりを語ることができるようになるのか?

 

第1話で殺された(ことになっている)中尾蓮(三船海斗)は

果たして本当にしんだのか? はたまた生きているのか?

 

次に解明しなければならないこと(課題)でもある、

ドーピングを疑わせる動画を作ったのは誰か、ということ。またその理由は? 

 

次回の第3話以降も、生徒との向き合いは続くことは間違いないのですが、

いったいどんな展開になるのかが、今のところ予想できません。

 

恋人同士だった相楽文香との関わりがどんどん紐解かれていき、

柊一颯という人間が明るみになっていくのだろうとは思えるのですが。

そこに、大友康平ひきいる、椎名桔平たちは、どう立ち向かうのか?

 

第2話は、おにぎり30個を届けるところで終了。

おにぎりを届ける役を買って出たのは、捜査一課理事管・五十嵐徹(大友康平)。

さて、いったいどうなるのでしょうか?

 

そこで格闘にはなるはずもなく。

なぜなら、柊は爆弾の起動装置を身に着けているから・・・・。

生徒は無事、救出されるのか? 課題は山積みです。

いったい、どんな結末を迎えるのか?

その時視聴者としてどんなことを感じるのか、予想できない面白さ、がある

テレビドラマです。

 

ただ、一つ残念に思うことは、こんなにスリルと衝撃があるドラマなんですが、

ドラマ中の警察の対応に物足りなさと疑問を感じるのは私だけ?

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

3年A組 かつて放送されたいろんなドラマを思い起こさせる 太陽を盗んだ男 人間・失格などなど

3年A組 今から皆さんは、人質です 第1話

 

ある意味衝撃的なドラマでした。

初回からいきなりサブタイトル通り、受け持ちクラスの生徒を人質にとった教師、

菅原将暉演じる柊 一颯(ひいらぎいぶき)。

3年B組ならぬ3年A組の美術の教師です。

 

菅原将暉さんといえば、この間まで 朝ドラまんぷくで、

正義感あふれる善良で優秀な弁護士を演じていた東太一弁護士(先生)です。

同じ先生でもえらい違いです。

その役を見事にこなしているのを見て、彼の役者としての振り幅も感じました。

 

それにしても、このど迫力は、いったいなに?

先生が生徒を人質に?

殴り合いあり、爆発あり、殺人あり。

こんなことあるわけないやろ? ということが初回からいきなり次々起こります。

偽善ぶった熱血教師物語とは、ちがうんだぜ、と啖呵を切られた気がしました。

 

この教師が目指すものはなんやろ?

この教師は、ええもんなんか? 悪もんなんか?

テーマは、いじめ解決? いじめの真実?

問題解決方法に、こんなえげつないやり方があるんか?

こんなやりかたで、一体何が解決するというんや?

 

なんだか、いろんなことを考えさせられるドラマになってます。

初回を見逃した人も、2話目からでもまだまだ間に合います。

ぜひ、見てみてください。

 

えげつなすぎて、途中で見るのをやめようかな、と思ったりもしましたが、

この教師が生徒とどんな関わりをしていくのかが見どころのような気がして、

見るのをやめるのをやめました。

 

初回は、卒業まで残すところ10日というその日、生徒29人の前で告げました。

今から皆さんは・・・僕の人質です と。

 

数ヶ月前に自殺した一人の生徒の死の真相について、

その理由はなにか、なぜ彼女は死を選ばなければならなかったのか? 

彼女を死に追い詰めた犯人は一体誰? 原因はなに? 

そんなことを生徒に考えさせ追求していく柊先生。

 

サスペンス要素もはらんでいます。

いじめられた側の気持ちに、感情移入したらこういうことになるのか、

とも思ったり。

いじめられている人を見て見ぬふりをした奴らをこらしめる。

お前らだっていじめているのと何もかわからない。

むしろお前らがいじめに加担したんだ! と。

なら、そんなお前たちにもいじめられた苦しみを味あわせてやる、

ということが柊一颯の真の目的なのか?

 

一話目を見ただけで、こんなにいろんなことを感じさせてくれるこのドラマは、

かなりセンセーショナル!?

 

学園モノ = 青春ドラマ。

どちらかというと熱血もので、ポジティブで汗と涙と友情が見事に光り輝くもの、

というイメージは過去の話になるのか?

 

このドラマで思い出したドラマがあります。

タイトルから思い出すのは、3年B組金八先生

生徒と先生ということ、BとAという実にたんりゃく的、単純な理由です。

 

爆発から思い出したドラマは、沢田研二主演の太陽を盗んだ男

これ、意識してる?

 

いじめから思い出したドラマは、人間・失格~例えばぼくが死んだら 

野島伸司脚本で話題となった(?)あのドラマもある意味衝撃的な結末でした。

 

湊かなえの告白をも彷彿とさせる箇所もあるようなないような。

 

なんだかいろんなドラマを思い起こさせてくれるドラマでもあるんです。

 

これからどんな展開になるのか?

捜査一課理事官五十嵐徹を演じるのは大友康平

椎名桔平演じる郡司真人と細田善彦演じる宮城遼一は生活安全課に属しています。

彼らは、この教師の企みを回避することができるのか?

 

初回から目が話せない。

次回はもっと過激になるのか?

 

脚本家は、武藤将吾さん。

電車男、テルマエ・ロマエ、家族ゲームの脚本を手がけておられます。

私は、家族ゲームも衝撃的で、ハマって見ていました。

松田優作演じた家族ゲームとはまたちがった櫻井翔くんの家族ゲームを

大いに楽しませてくれた脚本家です。

 

いずれにしても、このドラマ期待大です。

なんだか、いろんなことを考えさせられるドラマになってます。

初回を見逃した人も、2話目からでもまだまだ間に合います。

ぜひ、見てみてください。

次回は、1月13(日)

毎週日曜 よる10時30分~

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

朝ドラまんぷく第78話 萬平さんが理事長を引き受けることで鈴さん、武士娘から理事長婦人の母に

朝ドラ まんぷく 第78話です。

第14週 理事長!? 1月4(金)~1月5(土)

着物を着た中年の男性が菓子折りをもって、萬平さんを訪ねてきました。

おおとりや、という織物業を営んでいる方でした。

池田信用組合の理事長になってほしい、と頭を下げるのでした。

 

待ってください、僕は金融の仕事なんかやったことありませんよ、と

萬平さんが言いました。

 

理事長、と鈴さんは乗り気です。

 

我々には梅田銀行さんがついております。と、おおとりやさん。

そしたら梅田銀行の人が理事長になったらええやないのと、克子さん。

そんなんもったいない、と鈴さん。

 

信用組合ですよ、信用組合なんですから、信用が第一。

理事長になるのは、誰もがこの人やと納得する人でなくてはならんのですよ

 

それが萬平さんなんですか? と福ちゃん。

僕で池田の人が納得するとは、と萬平さん。

 

何をおっしゃいます、今は誰もが知ってる立花萬平様ですよ。彼は押します。

そうよ~と鈴さん。

 

萬平印のダネイホンでどれだけの人が救われたか。

そう! 鈴さんが満面の笑み。

 

GHQや国を相手に戦ったあなたをどれだけの人が応援したか

そのとおり! と鈴さん。

なんや? 鈴さんの調子のいい合いの手は。

 

立花様が理事長を引き受けてくだされば、池田の中小企業から商店街の店から、

みな組合に入ってくれます。それは、ひいては池田の、

いやいや大阪の経済発展につながるんです

 

まるで畑違いの僕が? と萬平さん。

 

そんなの関係ないって、今この方がおっしゃったやないの! と鈴さん、

えらい乗り気です。その理事長話に。

 

それにしたかて、信用組合の理事長よ と克子さん。

ついこの間まで刑務所にいた人が? と福ちゃん。

 

そんなの関係ありません! と鈴さん。えらい強気の乗り気です。

そうです、それはむしろ勲章やとおもていただきたい。

どうか信用組合の理事長職、受けてください。と頭をさげるのでした。

 

おもしろそうやない、引き受けてあげたら? と克子さん。

どうでもいいからひきうけなさい、と鈴さん。

僕は反対です、と克彦さん。

克彦さんと福ちゃんは、萬平さんの発明品を見てみたい、と。

 

そんな実現するかどうかわからないものに人生をかけるの? と鈴さん。

萬平さん、こんな千載一遇の機会を逃すアホがどこにいますか?!

 

あなたはもうすぐ40になるのよ、男なら責任ある地位についていても

おかしくない歳です。それやのに今のアナタは無職。

福子、今のあなたのだんなは無職よ。

 

まだ小さい源やさち、福子のためにも引き受けて、と泣き落としに出ました。

克子さん、引き受けるべきやと思う

萬平さんがきめてください! と福ちゃんは言いきりました。

 

そんなことわかんないよ、と萬平さん。

 

萬平さんは真一さんに相談しています。

おでんやさんで真一さんに相談する萬平さん。

 

真一さん、なかなかいいこと言いました。

確かなことは信用組合の理事長なんてやりたくてできるものやない、

そして、やる気次第で世の中の役に立つ、いうことや、と。

 

真一さんは今、会計事務所のお手伝いをされているんですよね? と

萬平さんが聞きました。

そのうち、ちゃんと就職するよ、とおだやかな顔で言いました。

 

その夜、福子が寝ている枕元に咲姉ちゃんが。

萬平さんが理事長することにどない思てるの? と。

萬平さんをしばるようなこと、私はしたくないの、と答えた福ちゃん。

 

咲ねえちゃんは

ほんとうは不安なんでしょう? と頭をなでてくれました。

 

咲姉が夢に? と克子さんが。

理事長は大変な仕事やから、と反対した、と。

咲はそんな事言うわけない、それな偽物の咲やわ、と鈴さん。

 

そこに萬平さんがやってきました。

 あの話は引き受けます。 といいました。

鈴さん大喜び。

福ちゃんびっくり!

 

引き受けてくださるんですか!?

この小野塚真一さんも一緒にというのが条件だと言う話をしに行きました。

立花様がきてくださるなら、と大喜びのおおとりやのご主人でした。

 

鈴さんが理事長婦人の母に、と克子やタカちゃんと話す鈴さんでした。

そうねぇ、ふふふふふ。

武士の娘より、ええかも、と克子が言うと、満面の笑みのブシムスでした。

鈴さんの強引とも言えるこの上昇志向、萬平さんの背中を押しています。

福ちゃんとは違ったカタチで。

ちょっと笑えるぐらい面白い背中の押し方です。

こういうのをオバちゃんパワーというのでしょうか?

いや、鈴さんパワーか・・・・。

 

思わず、一緒に反対してくれた忠彦さんのもとへいく福ちゃん。

萬平くんには福ちゃんがついてるやないか、と励ます忠彦さんでした。

いままでかて、いろんなことを乗り越えてきたんやないか、と。

頼りになる忠彦さん。

そして真一さんです。

 

福ちゃん、鈴さんは、萬平さん、忠彦さん、真一さんに守られ、

ほんとうに恵まれていると思いますわ。

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

朝ドラまんぷく第77話 ついに萬平さんが釈放! 明日に向かって家族とともに生きることになりました!

朝ドラ まんぷく 第77話です。

第13週 生きてさえいれば 12月24(月)~12月28(土)

こちらが訴えを取り下げれば、萬平さんを釈放するということになった、と

東先生が福子に報告しました。

嫌です、僕は訴えを取り下げません、と萬平さん。

 

まさか萬平さんが、進駐軍に負けるのが嫌だと言っているとは言えない東先生。

どないしたもんや!? 見ているこちらがハラハラします。

萬平さんの一本気には笑いさえ起こります。

なに言うたはりますんや? とツッコミ入れたくなります。

 

萬平さんを早く帰してください。お金は惜しくありません、と言い切った福ちゃん。

本当のことを言えない、東先生。

どうしたもんやろ。事務所の秘書たえさんももどかしい様子。

 

財務局の増岡から電話がかかってきました。

早く訴えを取り下げてください。そうすれば、直ちに立花萬平は釈放されますよと。

 

でもそれは、税金10万円を支払えということですよね。

奨学金は非課税のはずなのに。と強気に言う東先生。

 

進駐軍はここまで言ってきているんですよ! 

訴えを取り下げないなら裁判で徹底的に争います。こっちは何年かかってもいいんだ!

 

こっちもだ! と東先生。

売り言葉に買い言葉というのは、こういう事を言うのでしょう。

 

新聞がもっと騒ぎますよ! と国税局職員。

増岡が不思議そうにつぶやきました。

立花萬平を釈放させたくないのか、あの弁護士は!? と。

 

バカじゃないの!? と剛田さん。

自分を捨てろ、バカなんじゃないかあんた! と怒っていました。

 

なんで立花くんは釈放されんのや!? と世良さん。

どうも話をややこしいしているのは、あの弁護士やな、と世良さん。

こういうときの嗅覚は抜群です。

 

どうして釈放されないのですか? と福ちゃんがしびれをきらして電話をしました。

まさかお母さんが10万円惜しい言うたんやないんやろね、と克子さんが

鈴さんを疑いました。

そんなん、言うわけな嫌ないの、とあせる鈴さん。

 

そういう人なんですあのひとは。と福ちゃん。

え? と東先生。

そやないとダネイホンなんて作れません。

そやけど、萬平さんには帰ってきてほしい、と福ちゃん。

私が東京に行きます。

私がちゃんと話をしないと、と言いました。

 

東京に幸ちゃんを一緒に連れていきました。

幸ちゃんの顔をはじめてみた萬平さんでした。

網越しにさっちゃんの手に触れました。

 

さち、おとうさんよ、と福ちゃん。

さちも萬平さんを見つめました。かわいい幸ちゃんです。

 

東先生から聴きました。訴えを取り下げるつもりはないんですって?

 

ああ と萬平さん。

萬平さんの気持ちはとてもよくわかる、と言った上で福ちゃんは話を続けました。

三田村さんがお亡くなりになりました、で始まることばでした。

 

私が最後に三田村さんに会ったのは、お亡くなりになる3日前だった

というところからの報告です。

とっても穏やかな顔で、私をはげましてくれた、と。

生きてさえいれば希望はある、って。

 

生きてさえいれば・・・そうだな、と萬平さんは言いました。

 

せやけど、、、萬平さんには希望はありません。

今のアナタは死んでしまっているんですもん、といつになくきつい口調で福ちゃんが言いました。

 

どういうことだ、と萬平さん。

 

萬平さんは発明家です。

みんなを笑顔にする、世の中の役に立つ何かを作り出すことが

萬平さんの生きてる証やありませんか?

せやけど、ここにいたら、それはできない。

 

ダネイホンを作り出したように、みんなを幸せにする何かを

世の中に送り出すことが、あなたが一番ほんまにやりたいことやないんですか?

 

静かに聞く萬平さん。

 

これから先のことを考えてください。

源や幸が成長していくこれからのことを、と福ちゃんが切望します。

じっと考えにふける萬平さん。

 

萬平さん、幸ちゃんを見て微笑みます。

さち、と名前を呼びます。

 

あなたがつけてくれた名前ですよ。わたしとあわせて幸福、と福ちゃんが言います。

 

わかった、わかったよ、福子、というと東先生に言いました。

東先生。僕は訴えを取り下げます。

 

立花さん・・・と東先生。

 

福子と子どもたちと、新しい人生を、と萬平さんが言いました。

 

そうですか、そうですか、と感無量になる東先生。

 

いろいろと、ありがとうございましたと萬平さんが頭を下げました。

福ちゃんも東先生に一礼しました。

 

いえ。お礼を言うのは僕こそ、萬平さんからは、福子さんからは、たくさんのことを

学ばせていただきました、と深く頭を下げた東先生。

 

よかった、よかったね、幸、と福ちゃん。

 

剛田さんに挨拶をする萬平さんでした。

あんたはここにいる男じゃないよ! 社場で頑張れ、とエールを送りました。

いい相がでてるぞ、と彼にとってはなむけの言葉を伝えました。

 

東京から戻った福ちゃん、さっちゃん、萬平さん。

源ちゃんがおとうさん、と走って飛びつきました。

やっと家族がそろった、と福ちゃん。

 

よかった、よかった、と鈴さん、克子さん、忠彦さんも

萬平さん家族を微笑みながら見守りました。

 

その夜、初めて家族4人で床につきました。

幸せそうに眠りについた家族でした。

この幸せがいつまでも続きますように。

 

こんな幸せな結末を2018年のラストに届けてくれたドラマ展開に感激です。

 来年も楽しみだわ!

 

新年は1月4日からスタートです。

福ちゃん、なにやらカフェの店員さんみたいな・・・。

来年も楽しみです。まんぷく。

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

朝ドラまんぷく第76話 東京財務局、お国、もめる、進駐軍、隠しながらの小出し暴露の会話に大爆笑 おもろすぎ

朝ドラ まんぷく 第76話です。

第13週 生きてさえいれば 12月24(月)~12月28(土)

財務局が今度は東弁護士事務所を強制調査ということで家宅捜索に。

いったいなんやねん! と見ていても腹立たしくなってきます。

 

東京にもどらなくていいんですか? と福ちゃんたち。

うちを調べたって、やましいことはなにもない、と東弁護士。

大阪に残るとのことです。

 

どうして萬平さんを目の敵にするの? と鈴さん。

なにかうしろめたいことがあるからやない? と福ちゃんたち。

 

やっぱりそこがおかしいんだ、進駐軍が。ということで東弁護士がもどりました。

東弁護士、何かひらめいたみたいです。

突破口、見つかるか!?

 

剛田さんは、萬平さんのお国と戦っている様子を見て男泣き。

萬平さんのことが大好きなようです。

 

克子さんとタカちゃんがなぎなたの練習中。

なぎなた 稽古しても 無駄や。お国に勝てるわけない、と鈴さん。

薙刀を練習させたのは鈴さんじゃないんですか?

f:id:chacha5310:20190107001029j:plain

 

そこに、神部さんが訪ねてきました。

さっちゃんを抱っこしてあやす神部さん。

神部さんってそんなに子ども好きやった? と聞かれ、

源ちゃんが生まれたときも抱っこしたかったけど、

あのときは大奥さまが汚い手でさわるな、言うて、と神部さん。

 

そんなこと言うてない、と涼しい顔で鈴さん。

言うてた、言うてた、と福ちゃん。

 

ところで、急になんでなぎなたを

この質問から、暴露(?)会話に。

タカちゃんが報告しそうになると、言わんでいい、タカと克子さんがとめました。

神部さんは知らなくていいと福ちゃんが言うも、気になる神部くん。

そりゃそうですよ、知らなくていいって言われたら余計に気になります。

 

そこに、世良さんがやってきました。

浦島ミルクを持ってきてくれました。世良さんのおみやげってこれが、初めて?

 

喧嘩の相手はお国やもの、と克子さん。

あらら言ってしまいました。

お国!?」と世良さんと神部さん。

 

東京財務局ともめた話を隠しているのに、どんどんどんどんその話になっていき、

いったい何の話や? と質問するも、隠しながらちょっとずつ話すものだから、

お国? 僕らの間に隠し事はないから、と。

ますます話がわからなくなり、そんなさなかに、

進駐軍とか」と鈴さんが小出し暴露してしまい、

 

進駐軍!? と神部さんと世良さんがびっくり。

なんでみんなしゃべるんや、と忠彦さん。

これらのやり取りは、何度聴いても爆笑してしまいます。

めちゃおもろすぎ。

 

わかりました、もう全部言います。と福ちゃん。

お国を訴えた過程を一気に話しました。

わかった!? とタカちゃんが言いました。

 

そこに、東先生がやってきました。

お前か萬平さんをたきつけたのは、と世良さん。

 

皆さん落ち着いてよく聴いてください。と東弁護士。

東京の知り合いの税務代理士に問い合わせしたと。

奨学金は非課税だったのです。萬平さんが捕まったのは、完全な不当逮捕だと。

 

世間を味方につけるんや、と世良さん。

世良さんは大阪の新聞社に知り合いがいる、と

東京帝大の知り合いに、と東弁護士。

 

訴えを取り下げるということは、今回の税金は払うということ。

鈴さん、10万円が取られることに不満の様子。

お母さん、10万円と萬平さんとどっちが大事なの!? と福ちゃん。

 

世良さんが、10万円やね、と。

みんなが「えー!?

これが家族? うん? え? 私も目が点になりました。

 

奨学金は非課税 さっそく新聞記事に掲載されました。

 

いずれこうなることはわかっていたはずです。

立花萬平と裁判になれば、こちらが負けますよ。

そもそも彼を逮捕したのが間違いだったんだ! と増岡さんが

進駐軍に逆上して切れながら電話を切りました!

 

やりましたよ、立花さん! と東弁護士が萬平さんに言いました。

それは、負けを認めるということですよね、

嫌です。僕は訴えを取り下げません、と萬平さん。

 

立花さん! 東弁護士、絶句です。

さてどうなる。これで2018年の放送はどうなるんでしょうか。

気になるところ。

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村