ドラマの話をしましょ

今放送中のドラマの感想や、もう一度見たいドラマのこと、役者や脚本家のこと、時々映画について綴ります。

スポンサーリンク

オクラホマミクサー コレ! 家売るオンナの逆襲で オレ!

よくぞ、伝えてくれました。

フォークダンスって。

オクラホマミクサーって。

 

オクラホマミクサー再現!

オクラホマミクサーを踊る北川景子さん&松田翔太さん。

家売るオンナの逆襲 でふたりが踊りました。

 

フォークダンスが小学校の体育の授業からなくなってしまったのは、

いつ頃のこと?

なくなるには理由がある、ということは当時からうすうす気づいていました。

あれって、モテる、モテない。

人気ある、ない。

好かれている、嫌われている。

というのが明るみに出る要素を多分に含んでいますもの。

それは、いじめというものにつながる要素も多分に含んでいるということ。

 

小学生の私でさえ冷静に感じていました。

これは、アカンやろ、と。

でも、目立たない存在の私は、地味に踊りこなしていましたが。

そんな私でも、好きな男の子の順番を心待ちにしていましたし、

自分が嫌いな子と手をつないだり、くるくるまわったりするのは

ちょっと嫌な時間でしたから。

こんなふうに、好かれてる嫌われてる、を感じさせたらアカンやろ、と。

が、一方で、これを感じて乗り切る心の筋力を鍛える時間でもあったのかもしれない、と・・・・。

が、しかし、小学校時代ではアカン。

もっと、心が成熟してからの話や。

いや、やっぱり、こんなのは授業でなくてもいいものだ、な。

自由参加という逃げ場を作らなきゃ。

 

あからさまに出す、嫌な男子とかもいました、いました。

こいつ、根性悪い奴だな、ということも目の当たりにしましたしね。

でも、そんなイイコト、ワルイコトひっくるめて、

フォークダンスは人間観察の時間でもあったのでした。

 

ことに、オクラホマミクサー

好きな子の順番一歩手前で、音楽終了!

チャンチャン! と終わってしまう瞬間。

なんとも、残念、悔しい、虚しいものがありました。

 

我が子が小学生の時に、フォークダンスを説明しても理解してもらえず、

なに言ってるの? という感じで必死に説明している私を

なにを熱く語っているのだ、この人はという表情で見ていた我が子に

これやねん、これや。私が話していたフォークダンスというのは。

 

ふーん、で終わってしまいましたが。

あの、ドジスケ(松田翔太)がマンチッチ(北川景子)と、踊りたかった

オクラホマミクサーをおとなになって再び! というところには

うん、うん、わかる、と共感!

 

脚本家の大石静さんはすごいな、とまたまた感心してしまいました。

 

あの橋のたもとで、というドラマをパロってくれたかどうかも定かではありませんが。

doramanohanashi.chaosan.info

 

少なくとも、このフォークダンスの再ダンスは、

あの気持をもう一度思い起こさせてれるものでありました。

 

当時、フォークダンスという授業が体育の時間あった世代への

メッセージであったようにも思えて。

大石静さん、ありがとう。

 

マンチッチを慕う恋心憎しみに変わる展開になってしまった

家売るオンナの逆襲 

いよいよ、ドラマは後半戦というかもうすぐ最終回!

ドジスケの憎しみを、マンチッチは、どう切り返す、あるいは打った切るのか

楽しみで仕方ないです。

 

家売る女の逆襲というタイトルが解明されていくのだろうな、と

期待度はピークに達しています。

途中、おもしろくない=課長・屋代大(仲村トオル)との夫婦関係が嘘くさい、

などの理由からこのドラマ見るのをやめようと思ったことが嘘のよう。

 

夫婦の描写もなるほど、そういうことか、と思える展開に。

 

あいだあいだの白洲美加(イモトアヤコ)のとってつけたようなセリフ、存在が

うっとおしくもあり、おもしろくもあり。

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

竹内結子さんご結婚! 結婚後も女優業極めて、輝き続けて!

芸能人の結婚や離婚の話題は、華やかではなばなしくて、キラキラしていて、

あまりに世界が遠過ぎで、私には全く関係なさすぎで、、、、。

知ったこっちゃない、とは思いません。

関心や興味はあります。

 

週刊誌は買ってで読みませんが、芸能ニュースやワイドショーは

見てしまいます。

たいがいは、あ、そうなんだ、で通り過ぎますが、

この度の竹内結子さんご結婚のニュースには、胸踊りました。

 

竹内結子さん、4歳年下のイケメン俳優と結婚!

息子さんが背中を押してくれた、というエピソードがほんわかしていていい感じ。

3人いっしょになれば、これから楽しくなるね。

ステキな言葉です。

 

お相手は俳優の中林大樹さん。

出会いは、映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」での共演だったそうです。

交際期間は当人しかしるよしもなし。

次第に引かれ合っていったということです。

 

いつも爽やかできれいで、年齢を感じさせない美しさに見惚れています。

このブログでも、たびたび竹内結子さん出演のドラマについて書いています。

いま、スキャンダル専門弁護士Queenに出演されています。

 

先日までの再放送ドラマ、プライドを見ていて、思いました。

木村拓哉さんとの共演でとても見応え、

きれいで颯爽としていて、それでいて、仕草がとても女性らしい。

恋の切なさを演じさせたらピカイチだな、といつも感じます。

 

ご結婚おめでとうございます。末永くお幸せに。

そして、ご結婚後もずっと女優続けてほしいと思います。

お相手の中林さんもきっと応援してくれるはず。

そして、ともに役者としても刺激しあって成長していかれることと信じます。

 

竹内結子さんのハッピーニュース、ひとあし早くを感じました!

 

このドラマの注目記事でも人気(?)の白い影

また見てみたいです。

そして、プライドというドラマも。

doramanohanashi.chaosan.info

 

竹内結子さんの差し入れも人気!

共演者たちの中でも一目おかれているとのことです。

さり気なく差し入れできるのって、才能でもありますよね。

私だったら、きっと恩着せがましくなってしまうだろうな・・・。

 

こんな竹内結子さんだから、女性からも男性からも好かれるんだろうなぁ。

今後のドラマ出演も、楽しみにしています。

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ドラマ見てふと感じること これってアレ? あのドラマのあのシーンを意識してる?

ドラマを見ていてふと感じることがありませんか?

 

このドラマを見ていて、あれ、このシーンってあのシーンのパロディ? 

この脚本家、絶対あのドラマ(あの映画)見てるだろうな?

これって、アレの影響受けてる?

これった、アレを意識してる? とか感じたことないですか?

 

それって、見ていて一瞬思うだけなので、すぐにまた忘れてしまったりするのですが。

 

最近感じたのが、2つのドラマについて。

これは、あくまで私の想像なので、勝手な思い込みなのかもしれないのですが。

 

先日、長谷川博己さんがスタジオパークに出演されているときに、

安藤サクラさんとこのシーンは、あの森繁久彌さんのドラマのワンシーンみたいに

しよう、と話して演じたという話をしてるのを聞いて、ははーん、そうだよね、

わかるわかる。やっぱりあるんだ、そういうシーン、と思ったのでした。

 

で、1つ目のドラマは、家売るオンナの逆襲

第6話 運命の出会い大作戦 

らくさんのみかんがごろごろころがる。

それを拾う男と女。

目が合う

恋に落ちる

 

これって、あのドラマのあのシーンじゃない?

そう、かつて放送されたあの橋のたもとで

近藤正臣さんと大谷直子さんのラブストーリー。

doramanohanashi.chaosan.info

あの橋のたもとでの冒頭のシーンは、階段(?)からだったか

高いところから真っ赤なリンゴが落ちてくるのです。

リンゴがころげ落ちる堕ちる がダブルの効果の演出に

当時は、ドキッとしたことを覚えています。

 

ストーリーまでは、はっきり覚えていないのですが、

リンゴが転げ落ちてくるシーンは、はっきり覚えています。

そして、近藤正臣さんと大谷直子さんが恋に堕ちるのでした。


脚本家の大石静さんが、果たしてあの橋のたもとで、を見ていたのか?  は、定かではありませんが。もしや、見ておられ、あのドラマのあのシーンをパロっていたとしたら、なんだか、とても嬉しい気がします。

 

2つ目は、大恋愛僕を忘れる君と なんですが、

これはまた別の機会に書くことにします。

この脚本家も、ムロツヨシさんも、きっとあの映画を見ていたに違いない! 

と感じた、というお話です。

 

では、また近いうちに~。

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

家売るオンナの逆襲 どんどんおもしろくなってきた! 3話あたりで面白くないと言ったこと反省

家売るオンナの逆襲  第7話

 

家売るオンナ、のときからこのドラマのファンでした!

家売るオンナは衝撃的で、毎回、泣けるストーリーで、どっぷりハマっていたのでした。

とにかく楽しみにしすぎて、期待が大きすぎて、この 家売るオンナの逆襲 

第一話から毎話見ていました。

 

doramanohanashi.chaosan.info

 

が、あまりに期待が大きすぎ、2話~4話あたりまで、ちょっと退屈してしまい、

おもしろくない、と感じた自分を恥じます。

5話ぐらいから、毎話ハンパなく面白くなってましたね!

 

あの、三軒家万智(北川景子)と留守堂謙治(松田翔太)の関係が

明らかになったあたりから、ドラマにググーンと惹きつけられたような気が!

万智がマンチッチで、あのイケメン留守堂がドジスケだったこと。

小学校時代のマンチッチとドジスケの思い出秘話。

幼なじみというなんとも懐かしさを感じる設定に、やられた~。

 

このドラマの表現で言えば、落ちた! 負けた! ならぬ

ハマった!ということです。

 

はい、すっかりハマりました。

そして、2月20日放送の第7話

ゲストは、サトエリこと佐藤江梨子さん。佐津川愛美さん。真飛聖さん。

バリキャリアウーマン VS ワーキングマザー がテーマ。

どちらの言い分もめちゃわかる!

どちらの生き方も、うんうん、そうだよね、と思いつつ、

ある意味終わりなき闘い。エンドレス・・・・。

バリキャリとワーママは、バトルを繰り返す。

 

それを、三軒家万智は家を売ることで見事に解決していく! んです。

ワーママに対してビシッと言ってのけた万智さんは、すごかった。

一瞬、バリキャリがたじろぐぐらい言ってのけた、万智。

でも、でも、やり込めて終わりじゃないところが、このドラマのすごいところ

 

万智は、ワーママの苦しみや歯がゆさをちゃんと理解していたのです。

彼女が、どれだけ頑張っているか、一生懸命生きようとしていたかを

認め、称賛しました。

これって、子どもを育てて、家事をして、仕事もしているママたちに、

とても大切なことです。

がんばっているね、と背中をなでてあげること、それは、社会がそういうふところの

大きい場であるべきこと。

あなたは一生懸命がんばっているよ、と伝えてもらえたら、

しんどさはずいぶん軽くなるはず。

子どもを育てることは、体力も気力もめちゃいるしなぁ。

ほんま、大変なことなんや。

 

そんなことを感じさせてくれるドラマでした。

そして、ワーママとバリキャラの対決は無意味だということも。

価値観はそれそれ。押し付けたらダメなんだ、と。

 

男は輝かなくても仕事してたらそれでいいのに、なぜオンナは輝かねばならぬのか!

そんなものはいらん! とマンチッチは言ってのけてくれた。

 

マンチッチ=大石静(脚本家)さんが言ってくれたような気がしました。

 

そして、私が嘘くさい夫婦設定だと思っていた、万智と屋代大(仲村トオル)。

だんだん夫婦らしくなってきました。これから修羅場あるかも。

夫のことを課長と呼んでいるのはいかがなものかしら、と思っていましたが、

その夫が、今、別の女に気を奪われかけている・・・。

 

オンナの対決解決して、家を売った万智さんが、ちょっとかわいそうな

ラストの第7話でした。 

万智さんは、来週ぐらい気づくのでしょうか? 

あの、みさとというオンナの存在。

 

来週は、庭野(工藤阿須加)の両親とのしがらみの物語のようです。

親子のしがらみを解き放て!!

ゲストは泉谷しげるさん、石野真子さん、他です。

 

オレ! ゴー! という効果音(?)がちょっと耳につくことあるけど、

ま、それは、それ。

ほんまに、ガゼン面白くなってきました!

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

3年A組第6話 どんでん返しに次ぐどんでん返しで、なにがなんだか・・・まさか?

3年A組 今から皆さんは、人質です 第6話

話の真ん中で、ドラマの空気がガラリと変わりました。

クラスメイトたちの間にも絆が芽生え、先生と生徒の間にもなにか熱いものが感じられ、

期待は高まる一方。

 

ストーリーもちょうど真ん中でどんでん返し

どんでん返しがまたまたどんでん返って、あれ、あれ?

まるでダイススタッキングのサイコロ探すみたい。

お好み焼きをひっくり返した、まではわかっていたけど、、、、

3度め以降は、どないに返したからわからんようになったような、

なんだか不思議なドラマ展開。

 

誰と誰がつながっていてグルなのか?

誰と誰が誰をはめようとしたのか、ちょっと整理して考えてみないと、

あ、でもまだ真相がわからないので、どうとも言えませんが。

 

まさか、景山澪奈は死んでない、なんてことないよね?

ここまでどんでん返しに次ぐどんでん返しが続くと、

あの自殺したとされている景山澪奈(上白石萌歌)さえも、

もしや生きているのでは? と思えてくるんですよね。

まさかそれはないよね?

 

どうやら、次回は 柊一颯(菅田将暉)VS郡司真人(椎名桔平)との

対決になるようです。

郡司真人がどこまで真相をつかんだのかも、次回にわかる(?)。

 

柊一颯と五十嵐徹(大友康平)がグルであること。

柊一颯と文香の父・相楽孝彦(矢島健一)がグルであること。

では、五十嵐徹(大友康平)と相楽孝彦(矢島健一)は、つながりがあるのか?

 

そこに、文香はどう関わってくるのか?

そんな人間関係の糸の絡まりが、だんだんほぐされていくんですよね。

 

一回目にひっくり返ったときの衝撃は、次々のひっくり返りには、

なかなか勝てないってことですね。

やがては、つながってしまってメビウスの輪のようになるのだ・・・・と。

どんでん返しがあんまり返りすぎると、期待しすぎて思わぬどんでん返しを

想像してしまうんだ・・・・。

 

武智大和(田辺誠一)が、言っていたことが気になって仕方がないです。

景山澪奈 (上白石萌歌 ) が  死んだ日、会っていない、と言っていたことが。

 

じゃあ、あの景山澪奈と一緒に歩いていた男は誰?

武知大和と同じ靴を履いていたあの男は 誰?

そんな合成動画を作ったのはいったい 誰?

 

↓ ブログランキングに参加しています。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村