あなたには帰る家がある 第10話 どんでん返しに思わず涙 

とうとう、ラスト2。これが最終回でもよかったくらいの完成度でした。

感動しました! ユースケ・サンタマリアさんの想いが切なく、泣きました。

あなたには帰る家がある

本当に楽しみだったドラマが、とうとう終わってしまうのが寂しいです。

 

佐藤秀明役の玉木宏さん、最初から最後まで声をひそめて

おどおどしっぱなし、陰から妻を垣間見るだけ。

自分には見せなかった妻の笑顔。妻の言動。

それを、ひやひや、やきもき、おどおどしながら陰から見つめる、

ふがいない男を見事に演じ切りました。

玉木さん、いたの? というくらい影をひそめておられました。

最終回はどんなセリフをいうのでしょうか?

 

前話の感想の記事で茄子田綾子のことを、

嫌な女でかたづけられない悲しい過去がありそうで・・・・・と書きましたが、

哀しい過去を背負っていたのは、夫の茄子田太郎だったのですね。

綾子という女性をただ、幸せにしたかっただけ、という想いが見事に裏切られる。

結婚するとき、自分以外の男の子どもを身ごもっている

それを承知でその女と子どもを守る、そんな一途な男だった

綾子の母の葬儀に、(自分の子どもではない)息子と一緒に堂々と現れる。

自分の息子を誇らしげに見守る親父ぶりは、素晴らしかった。

ジーンときました。

 

 茄子田太郎ってなんていい人だったの !?  思わず涙

こんなに男らしく優しく、人間味あふれるいい男だったのか・・・。

最初のほうの、ただ不気味だった印象はなんだったのでしょう。

息子と妻を愛する夫である。思わず視聴している私たちが涙する。

その伏線は十分すぎるぐらいありました。

 

車を運転中に、佐藤が車に酔い履こうとしているときに、

スリップしている車を見つけ、全身全霊で援助する。

その時にスラックスに、泥をかぶる。

お礼を言われるのは、カッコいい佐藤(玉木宏)。

そんな縁の下の力持ち、陰で懸命に良きことをるす男が茄子田太郎だった。

 

それにしても、綾子という女はいったい何なの?

つまみ食いが好きな、ただのお騒がせオンナということ?

妻がいようと自分が惚れた男なら、お構いなしに自分に振り向かせる、という

そんなことを繰り返すオンナだったのですね。

夫の想いを知り、どうなるの?

それでも、佐藤秀明と暮らすと言い張るわけ?

 

真弓の提案、茄子田太郎と慎吾と幸せになるはどうなる?

そばで聞いていた綾子に、わざと聞こえるように言ったように思えなくもないけれど、

ま、それもアリかな、と思える終わり方でした。

あなたには帰る家があるの公式サイトの次号予告を見ると、

やはり、それは本心ではなく綾子に聞かせる言動だったようです。

 

これが最終回、といわれてもあり得るくらいの終わり方でした。

次回、いったいどうなるんでしょう?

息をひそめていた佐藤秀明(玉木宏)は、ここぞという男気を見せてくれるのかしら?

いったいどんな結末が待っているのでしょうか?

帰る家は?

佐藤秀明、茄子田太郎の帰る家はどこに?

 

いよいよ次回は、待望の最終回。

楽しみに待つことにします。

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング