連続ドラマの最終回の回想シーン いる? いらない?

連続ドラマが山場を迎え、最終回にむかっていくとき、
なんとも名残惜しい気持ちになるものです。
 
早くラストを知りたいけれど、最終回は見てしまいたくないという複雑な気持ち。
最終回でこのドラマが終わってしまうさみしさは何とも言えないものがあります。
 
また次のドラマが始まるのですが・・・。
今クール放送中のドラマもやがてラストを迎えます。
 
いいドラマであればあるほど、どっぷりハマったドラマであればあるほど、
最終回に期待してしまうのは無理もありません。
 
効果的な回想シーンは、確かに必要
私は個人的には、回想シーンは2~3シーンにとどめておいてほしい。
効果的な回想シーンはもちろん必要です。
ここになくてはならない回想シーンって確かにありますものね。
連続ドラマの最終回で、いつも残念に思うのが回想シーンの使い方です。
 
回想シーンが多すぎるドラマ、けっこう多いです。
回想シーンがドラマの大半を占めている最終回には唖然としてしまいます。
今までの展開がよかっただけに、残念だと思ってしまいます。
 
最初から最後まで、回想されてしまうと、げんなりしてしまうんです。 
回想するためだけの最終回?
そんな馬鹿な !?
最初から見ているから、そこはわかってるって、と叫びたくなることがあります。
 
念押しなんでしょうか?
最終回だけみれば、あらかたのストーリーがわかってしまうようなラストだけは
作ってほしくないのですが・・・・。
ラストが一番難しいのは、どのドラマを見ていても、よくわかります。
 
ラストが回想シーンのオンパレードのドラマを見た時、
いっそ、ラストの前の回で終わっておいたらよかったのに、という気持ちになることさえあります。
 
最終回に期待しすぎるからそうなるのか、それまでのストーリー展開に比べて出来の悪さをかんじてしまうのは
私だけ?
 
 連続ドラマ最終回に期待すること
ああ、見てよかったな、と感じさせてくれる最終回のドラマに出合うと、
ほんとうに、このドラマ、見てよかった、と幸せな気持ちになります。
 
ドラマの最終回に期待することは、ただ一つ。
回想シーンは控えめであること、です。
もちろん、効果的な回想シーンは大歓迎です!
視聴者に回想させてくれるようなドラマ作りにおおいに期待します。
 
ドラマの評価を見るときに知りたいのは、最初のシーンの引付力と
ラストの引き際の美しさです。
どれだけ、余韻を残してくれるか、ということに期待します。
 
このドラマブログを運営するに当たり、そんなことにも注目しながらドラマのことを
ドラマに思うこと、ドラマに望むことをあれこれ綴っていきたいと思います。
 
ドラマの話をしましょ をこれからもごひいきによろしくお願いいたします。
 
↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング