正義のセ 楽しみなのは凛々子の成長と恋の行方

始まりましたね。連ドラ。見たいドラマは目白押し。
毎週水曜日の夜10時は、コレです。
正義のセ
なんと、原作は阿川佐和子さんの小説のドラマ化。
ドラマの主題歌は、福山雅治さん。
主演は、竹村凛々子役の吉高由里子さん。
大塚仁志役の三浦翔平さん。
脇には、寺脇康文さん、安田顕さん、ドラングドラゴンの塚地さんが。
父親に生瀬勝久さん、母親には宮崎良子さん。
 
一話完結のこのドラマの今後期待することは、事務官との関わり。
振り回されているようで、だんだん楽しんでいく様子が第一回目から描かれていました。
吉高由里子さん演じる竹村凛々子の成長と恋の行方
こちらも一番気になるところです。どんな展開をくりひろげるのか? 楽しみです。
 
今の恋人との仲はどうなるのかしら?
三浦翔平さん演じる大塚仁志との間に恋は芽生えるのか?
恋愛感情は生まれるのか?
どんな関係になるのか?
 
主人公の竹村凛々子の情熱に、皆が振り回されながらも
勇気づけられたり、元気づけられたりしていく様子が浮かんできますが、
はたしてどうなるのやら。
 
長年生きていると、この世に正義はあるの!?  
正義はないかもしれないとさえ思えることが起こったり、そんな目にあったり・・・・。
みな、強いものに巻かれ、弱いものは黙って泣きを見るしかないんかい!?  と
悔しい思いを抱くこともあり・・・・
それが人生かもしれない、とあきらめたりもして。
 
このドラマは、愉快痛快、見ていてスカッとした気持ちにさせてくれます。
途中、やきもきハラハラもするけれど、ぼんやりと正義はあるんだ、と
勇気づけてくれたりも。
強さに支えられた優しさというものについても考えさせられます。
 
次回がとても楽しみです。
久しぶりのハート熱くなるドラマ。
 
このドラマを見ていて思い出したドラマがあります。
そのドラマは ビギナー
ミムラさん、堤真一さん、オダギリジョーさんが出演していました。
 
司法試験に合格した平凡なOL,が司法研究所の門をくぐるところから始まるドラマ。
抱えている事情や夢、想いがそれぞれにあって、年齢も全く違うけど
弁護士や検察官、裁判官として巣立っていくまでの過程が描かれました。
カーペンターズのトップオブザワールドや見つめあう恋が流れ、なんともすがすがしい気持ちになったものです。ミムラさんの透明感あふれる表情に心洗われたものでした。
ビギナー あのドラマもハート熱くなるドラマでしたわ。