あなたには帰る家がある 第6話 崩壊しつつ揺れ動く感情  ドラマは佳境に

 こんな映画の予告のような予告文で始まった第6話でした。
本当のモンスター
その狙いは?
そして、最悪の修羅場
本当のモンスターが
ます
この日、すべてが終わる
 
すべてが終わるどころか、まだまだこれから始まるようで・・・。
こんな予告で始まった第6話には、期待しすぎて、手に汗にぎりました。
 
あなたには帰る家がある
佐藤家が茄子田と佐藤秀明の格闘(?)というより、茄子田の攻撃でグシャグシャに
崩壊してしまったのが、なんとも悲惨でした。
実際なら、すぐに警察呼ぶでしょ。
殺人事件にもなりかねない、騒動でしたから。
 
いよいよ佳境、いったいどうなる!?  とハラハラしたり、やきもきしたり。
これぞドラマの醍醐味。
ふだん、そういう刺激とは無縁の一主婦にとって、こういう刺激的なドラマは
しばし現実を忘れさせてくれ、そのドラマの中に入っていけるからいい。
それが、ドラマ。
 
真弓を演じる中谷美紀さんは、妻の役を実にリアルに演じているなぁ。
裏切られた夫への失望。腹立ち。虚しさ。
そんな感情が入り混じる葛藤を表現し、でも、心のどこかではやっぱり夫のことを
愛している(?)かもしれない、そんな様子がとてもよく伝わってくる。
 
玉木宏扮する秀明は、大変な事態にあいながらも、どこか他人事でお人好しで滑稽。
やはり、目の動きや表情がおどおどしていて、コミカル。
悲惨なはずなのに、なぜか滑稽。
 
それとは裏腹なのが、木村多江演じる綾子。
いったい、何者なんだ? 主婦のようでもなく母のようでもない。
それが、このドラマを面白くさせているんだろうけれど・・・・
かなり不気味な茄子田夫妻。
これぞ、一枚岩。
いったいこれから、どれだけ不気味さを披露してくれるのか?
ここまできたら、滑稽にもなってくる不思議なドラマ。
でも、なぜか引き込まれる。
 
そして、いよいよ第7話。2つの夫婦の行く末はいかに?
予告を見ると、今度は会社の女子社員・桃(高橋メアリージュン)がからんできて
またまた話は、こんがらがりそう。
とんでもない方向に転がっていく予感。
 
2つの夫婦の行く末はいったいどうなってゆくのか?
そこに森永桃(高橋メアリージュン)がどうからんでいくのか?
 
私が期待している、息子からの視線は?
息子が紐解いていくのは、茄子田綾子の過去(恋の遍歴)であるとふんでいるのだが。
なーんも、なかったら、私の独りよがりの推測ということで、大いに期待はずれということですね。
 
このドラマの原作者は、山本文緒さん。
その原作本が抽選で100名に当たるんですって。
 
応募先
〒107-8066 
TBSテレビ 「 あなたには帰る家がある 」 原作本プレゼント係
はがきに、住所 ・ 氏名 ・ 年齢 ・ 電話番号 を明記のこと
 
こういうプレゼントに率先して応募しますが、まったく当選したことありません。
特にテレビとなると狭き門です。
それにしても、いまどきメール応募ではなく、はがきで応募か・・・・
はがきが62円になってしまったし、どうしようか、と思いつつ、やはり応募しよう! 
 
原作本、読んでみたいです。
このドラマを見た後でもいいから。
 
↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

西城秀樹さん、ドラマでも活躍されました。寺内貫太郎一家での体当たりシーンが忘れられません。

西城秀樹さん、最期まで歌手としての生命を全うされました。
その生涯は、たくさんの方を元気づけ、勇気づけてくれました。
西城秀樹さんの歌、これからも歌い続けていきたいと思います。
懸命に生きた人生、素晴らしいと思います。
ご冥福をお祈りいたします。
 
西城秀樹さんといえば、ヤングマン、傷だらけのローラ、など数々の名曲が浮かびます。
 
と同時に、私が思い出すのは、あのドラマでの喧嘩シーンです。
寺内貫太郎一家
 
ちゃぶ台が吹っ飛び、ふすまがやぶけ、からだごと飛んでしまう、
あのすさまじい喧嘩シーンです。
小林亜星さんとのぶつかり合いは、それはダイナミックなものでした。
 
あぁ、また始まっちゃう! と思いつつ、どこか期待してしまうあの喧嘩タイム。
体当たりでぶつかるというのは、ああいうことをいうのでしょう。
ほんとに、一生懸命やっておられました。
 
時に骨折もして、それでもまだ体当たり。
役に徹していたのだと、思います。
 
寺内貫太郎一家
向田邦子脚本の当時、大人気のドラマのひとつでした。
 
体当たりのケンカあり、屋根の上での歌タイムあり、梶芽衣子さん扮する長女の恋あり、
樹木希林さんのジュリーのポスターに向かっての「ジュリー」という憧れの呼びかけあり。
それはそれは、バラエティーに富んだとラマでした。
 
寺内貫太郎一家というドラマの中には、長男として、ばあちゃんと関り、親父と体当たりの喧嘩をし、美代ちゃん(浅田美代子さん)と歌う若かりし日の元気いっぱいの秀樹さんがいます。
若さがまぶしく、何事にも一生懸命なのが伝わってきます。
はちきれんばかりのエネルギーにあふれた秀樹さんがそこにいます。
 
カレーのCМでの元気いっぱいの秀樹さんも、印象的でした。
 
どんな仕事にも一生懸命だったことは、いろいろな方のインタビューからも伝わってきました。
ファンの方にはもちろん、たくさんの人々に元気をありがとうございました。
天国でゆっくり休んでください。
ご冥福をお祈りいたします。
 
 
↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

あなたには帰る家がある 第5話 子どもをも巻き込んで波乱の展開への予感

第5話なのに、もう終盤のように感じるスリリングさ。あなたには帰る家がある。
すっちゃかめっちゃかの展開で、ますますの波乱の渦中へ。ストーリー展開もセリフも、
共感できること、多々あるんですが、
 
ユースケ・サンタマリア扮する茄子田太郎が言ってるセリフに
「それ、そっくりそのままあなたにお返ししますよ」と言ってやりたくなる私です。
そんなセリフが何度もあり、鏡を見ているような錯覚を起こしてしまいます。
いやいや、それはそちらにもあてはまるでしょう。
 
互いの嫁と夫が同じことをしているからそうなるわけで・・・。
見ていて、2つの疑問が。
いずれもドラマあるあるなので、いちいち取り上げるほどのことてもないのですが・・・・・
1、タケノコゆでるの、3時間かかる。えー? ってその日の晩ご飯はレトルト? 外食?
  (ま、ありあわせですませたってことでしょうか・・・・)
2、最後に、茄子田太郎がタクシーに乗り消えたがどこへ行ったのか?
  (これに関しては、次週わかるということですね)
 
不気味でスリル満点のドラマなのに、笑ってしまったところ数か所、あり。
一枚岩という言葉。今、あまり使わないよね。
でもなんかだ生々しく、それでいて滑稽。何度か出てきた一枚岩
 
背が高い玉木宏さんが、茄子田太郎に誘われ、3人で蕎麦屋のシーン。
おどおど玉木。子羊、小鹿? 小動物のような挙動不審な動き。
それをみた妻の真弓(中谷美紀)が。
「何が守るだ、このビビりが!」
 
真弓ちゃんのほうがよほど物おじせず男前。
そんな時に、蕎麦屋でダブル不倫のニュースが流れる。
こんな話題の中でお蕎麦、食べられたものじゃない、というのが
わかりすぎるぐらいわかり、笑ってしまいました。
まさにのどを通らないお蕎麦、味も何もあったもんじゃないとはこのことです。
 
久しぶりにベッドを共にする秀明(玉木)と真弓(中谷)。
一枚岩になるべきか思案する玉木を背に、
背中がイライラ、 むかつく 真弓ちゃん。これまたとてもよくわかる。
 
それにしても、美しすぎる玉木宏さんのお肌
ツルツルのすべすべじゃないですか! 玉木宏さんのお肌。
どんな手入れをしているかしら?
ひげは永久脱毛しているんでしょうか?
毛穴が見えない、きめ細やかなお肌。
 
そんな素朴な疑問もわきつつ、ドラマは進む。
ドラマ評には関係ないけれど、見ていて感じる感想なんです。
 
茄子田太郎の手帖が不気味。
いちいち、妻の行動をメモっている女々しさにゾゾッ。軽い軟禁?
 
家の契約の判を押すときの茄子田の問い。
4月13日は何してた?
 
綾子 「 何曜日かしら?」 
秀明 「 金曜日です。」
綾子 「 思い出したらお伝えします」
 
綾子が全部、ぶちまけてしまったらどうする?と、息のむシーンでした。
息のむシーンといいつつ、またまたイラっときてしてまう。
「 そんなのいちいち覚えていない」ですむではないか。
あ、それではドラマにならないんだ。
 
3人が語る茄子田綾子、いったいどれだけ嫌な女なのか!?
茄子田の母が吐き捨てるように言う。
庭も台所ものっとった。あの女、そうとうなもんだよ!
 
後ろから、高橋メアリージェンが
一番手を出しちゃいけないタイプなんですよね~ と。
 
中谷美紀も言いました。
ほんと、やばいよ! あの女
 
いったい、どんな女なんだ!?
 
息子の携帯を横から見てくる綾子に、息子がきつく言う。
「そういうのやめたら?」
「そいういうのって?」と、シラーと言ってのけたあの女。
イラッ! ここいらで視聴者はイラツキ度がピークに達するはず! キーッ!
まったく母親らしくないではないか!
いったい、どんな女なんだ? 
 
裏切られた側と裏切った側。
これ見てると、どちらも一枚岩なんじゃない? ということになりませんか?
 
最後のシーンで、綾子(木村多江)が佐藤の娘をお茶に誘う。
いったい、またまたなにをやらかそうとしているのやら。
 
第6話の予告を見て、察しがついた。
お茶に行った帰りに、そのまま佐藤家に上がり込むという魂胆?
 
次回予告が、怖かった。
 
本当のモンスター
その狙いは?
そして、最悪の修羅場
本当のモンスターが
ます
この日、すべてが終わる
 
え? 終わってしまうの? 終わらないでね。
最終回までまだ半分ぐらいあるのでは?
 
予告のシーンで、秀明(玉木)が階段からころがり落ちて倒れていました。
気になります。
 
茄子田の息子のキーワードからみる綾子は?
茄子田の母が口走った、あの女相当なもんだよ!
高橋メアリージュン扮する森永桃、真弓もそれぞれの表現で
綾子のことを言い表したけど、息子は、その女=母綾子のことをどう見ているのか?
「うち、普通の家じゃないから」3話、バーベキューで。佐藤の娘に告げる。
「そういうのやめたら?」5話、携帯を横から見てきた母への一言。
何気ないようでかなり重い。
まだ、これ以上の意味深なことを、彼は語るのか。はたまた、これっきり?
そこのところも、期待してしまうのです。
 
 
↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

はじめまして。ドラマの話をしましょ の誕生です。

はじめまして。

テレビドラマ好きがこうじてドラマのブログを書くことになりました。

ブログのタイトルは、ドラマの話をしましょ

いろんな方とドラマの話をするのが好きです。

ドラマの話に花が咲くことはけっこうあるもので。

ずっと見ているドラマがあったり、このドラマの熱狂的ファンであったりすることが

あるからです。

ドラマの話は差しさわりもなく、それでいて、その方のもののとらえ方やら、感じ方が

わかるので、話題に事欠いたときにもおすすめのテーマなんです。

 

ドラマについて知りたいこと  それがこのブログのテーマでもあるのです

今シーズン、どんなドラマを見ているか?

今シーズンのドラマでどれが一番好きか?

どんな連ドラが好きか?

かつてハマったドラマは?

もう一度見たいドラマは?

ドラマについての話題は尽きません。

一番好きなドラマは?

 

そんな、今まで話していたことをカタチにできたらいいな、と思い、

このブログを書き始めることにしました。

 

かつて見たドラマ、感動シーンは覚えていてもストーリーは覚えていなかったり、

その魅力的な主題歌は覚えているけどストーリー全く覚えていなかったり、

ドラマを見て感じたことを少しでもいいから書きとめておきたい、と思っています。

 

あのドラマ、どんなドラマだったかな? 

このブログを見たら、思い出せるヒントになるぐらいになれたら幸いです。

 

ドラマの話をしましょ をどうぞよろしくお願いいたします。

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

月9ドラマ コンフィデンスマンJP ハチャメチャ感アップ  はじける、時々とまどう

月9ドラマも、もち見ています。
コンフィデンスマンJP
主人公が全員詐欺師。彼らが繰り広げる奇想天外なドラマ。
 
最初からぶっ飛ばしてくれていますね。
ハチャメチャ感がアップしすぎで、ときどき見ている私はフリーズしていしまいます。
そんなこと、できるわけないだろ?
ありえないだろ? と。
ま、それがあり得るのがドラマなんでしょうが。
 
第5話ゲストはかたせ梨乃さん スーパードクター編
今回のゲスト出演は、かたせ梨乃さんでしたね。
医療現場のストーリー。ぶっとばしてくれました。詐欺師が医師に?
医療系にまでぶっとんだかぁ。
ブラックジャックになっちまうのか !?
 
見ていて焦りました。
最後は落ち着くところに落ち着いた展開で終わっていったので、
ホッと胸をなでおろしました。
 
なんだかんだで、もう5話。
 
奇想天外、痛快劇で、正義は勝つ、悪は倒されるという気持ちいい結末が用意されているので
見ていて安心なんですが、ハラハラドキドキがあり、この脚本家、すごいって思ってしまいます。
吉沢良太という方だそうです。
 
1話完結で、毎回ゲストが出演。
第1話は、江口洋介さんでした。かっこよすぎでかっこよかったわ。
第4話の佐野史郎さんの熱のこもった演技には、圧倒させられました。
ラストもアッパレで気分爽快でした。
 
第6話のゲストは内村光良さん 古代遺跡編
次回の第6話の内村光良さん出演のストーリーにも大いに期待しています。
なんでも古代遺跡編ということです。
 
内村光良さんといえば、思い出すのが、『 ベスト・キッド 』のパロディ。
くたびれたジャッキー・チェンの物まねがうますぎ。
 
ベスト・キッドのパロディ 『 ジャスト・キッド
上着をかけて、おとして、またかけて。
 
ジャケットを脱げ
上にかけて
拾って
ジャケットを着ろ
 
その特訓シーンを思い浮かべてしまいます。
 
ウッチャンがジャッキーに似ていて、思い出すだけで笑ってしまいます。
と同時に、金メダル男はじめ数々の映画監督作品も手掛けている内村さん。
 
次回、第6話が楽しみです。
見るほうも期待してしまいます。
 
西遊記以来、12年ぶりの月9出演なんだとか。
内村さん出演の西遊記も見ていました。懐かしいです。
 
その内村さん、長澤まさみさんのファンだそうで、今回の共演で長澤まさみさんの
パワー&演技に圧倒されそうだと感じたとのこと。
 
長澤まさみさんのはじける笑顔に、元気もらう
それにしても、長澤まさみさんのはじけるほどの輝きと笑顔には、
すっかりオバサンの私も元気をもらってしまうほど。
ダー子の七変化が楽しみです。
何に変身してもかわいいからいいですね。
赤系、白系、青系、黒系、何を着ても似合っているじゃないですか。
ヘアスタイルもロングよし、ショートよし。うらやましいです。
明石家さんまさんが、長澤まさみさんのことを絶賛していることに
なるほど、と思う今日この頃です。
 
カルピスのCМの笑顔にも、ぐんと好感をいだくのでありました。
あのまんまるお顔にはじける笑顔、いいですね~。
 
 ↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

 

 

連続ドラマの最終回の回想シーン いる? いらない?

連続ドラマが山場を迎え、最終回にむかっていくとき、
なんとも名残惜しい気持ちになるものです。
 
早くラストを知りたいけれど、最終回は見てしまいたくないという複雑な気持ち。
最終回でこのドラマが終わってしまうさみしさは何とも言えないものがあります。
 
また次のドラマが始まるのですが・・・。
今クール放送中のドラマもやがてラストを迎えます。
 
いいドラマであればあるほど、どっぷりハマったドラマであればあるほど、
最終回に期待してしまうのは無理もありません。
 
効果的な回想シーンは、確かに必要
私は個人的には、回想シーンは2~3シーンにとどめておいてほしい。
効果的な回想シーンはもちろん必要です。
ここになくてはならない回想シーンって確かにありますものね。
連続ドラマの最終回で、いつも残念に思うのが回想シーンの使い方です。
 
回想シーンが多すぎるドラマ、けっこう多いです。
回想シーンがドラマの大半を占めている最終回には唖然としてしまいます。
今までの展開がよかっただけに、残念だと思ってしまいます。
 
最初から最後まで、回想されてしまうと、げんなりしてしまうんです。 
回想するためだけの最終回?
そんな馬鹿な !?
最初から見ているから、そこはわかってるって、と叫びたくなることがあります。
 
念押しなんでしょうか?
最終回だけみれば、あらかたのストーリーがわかってしまうようなラストだけは
作ってほしくないのですが・・・・。
ラストが一番難しいのは、どのドラマを見ていても、よくわかります。
 
ラストが回想シーンのオンパレードのドラマを見た時、
いっそ、ラストの前の回で終わっておいたらよかったのに、という気持ちになることさえあります。
 
最終回に期待しすぎるからそうなるのか、それまでのストーリー展開に比べて出来の悪さをかんじてしまうのは
私だけ?
 
 連続ドラマ最終回に期待すること
ああ、見てよかったな、と感じさせてくれる最終回のドラマに出合うと、
ほんとうに、このドラマ、見てよかった、と幸せな気持ちになります。
 
ドラマの最終回に期待することは、ただ一つ。
回想シーンは控えめであること、です。
もちろん、効果的な回想シーンは大歓迎です!
視聴者に回想させてくれるようなドラマ作りにおおいに期待します。
 
ドラマの評価を見るときに知りたいのは、最初のシーンの引付力と
ラストの引き際の美しさです。
どれだけ、余韻を残してくれるか、ということに期待します。
 
このドラマブログを運営するに当たり、そんなことにも注目しながらドラマのことを
ドラマに思うこと、ドラマに望むことをあれこれ綴っていきたいと思います。
 
ドラマの話をしましょ をこれからもごひいきによろしくお願いいたします。
 
↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

あなたには帰る家がある 夫の不倫に嫉妬爆発する妻の気持ち伝わるドラマ

毎週金曜日に放送のこのドラマが楽しみです。
あなたには帰る家がある
 
第4話 ついに(やっと?)不倫劇場は終わる、と思いきや・・・・
秀明(玉木宏)&綾子(木村多江)やっとなんとか別れました。
でも、、まだまだ不倫の名残りは続くよう。
恐怖のバーベキューの後、真弓の問い詰めに秀明(玉木宏)はついに浮気を白状してしまう。
 
その日から、凍り付くような冷え切った真弓の感情が爆発する。
爆発させればさせるほど、激情が募っていくのが画面から伝わってきました。
 
頼りない秀明(玉木宏)がふらふらとしているのが、見ていてハラハラ。
シャキッと別れられない、ほどに迫っていく綾子(木村多江)。
これまた、続きそうだわ。
 
ユースケ・サンタマリア扮する茄子田太郎。
なんだ? 気づいていなかったの!? とちょっと意外。
次回予告で気づいて、また新たなるストーリーが始まっていくようですね。
 
3話で、意味深な言葉と告げた息子の言葉。
うち、普通の家じゃないから
そして、4話で、時々に映される息子の視線。
 
息子のセリフや視線から、いろいろなことが紐解かれていきそうな予感。
私はここのところに期待し、楽しみにしているのですが、
私の予想は、大はずれかも。
 
第5話の予告では、娘も巻き込んでの騒動になりそう。
いったいこれから、どうなるのか。
予想外の展開になるのか?
 
中谷美紀さんの迫真の演技を見ていて、またあのドラマが見たくなりました。
「JIN 仁」
中谷美紀さんが、粋でかっこよく、美しかったなぁ。
それと、映画 「阪急電車」
中谷美紀さんの演技は、どれもすがすがしくてカッコいいんですね。
 
原作は、直木賞受賞作家の山本文緒 著の「あなたには帰る家がある」。
思わず読みたくなりますが、読むのはこのドラマが終わってからにしようって思います。