義母と娘のブルース第6話 第2章はそれから9年後、放送までの待ち遠しさ倍増

前回が最終回、だと思わせるくらい完璧なストーリーでした。

義母と娘のブルース

第1話と第5話まで感動の嵐で、この感情がたかぶりはどうなってしまうんだろう?

このドラマはどうなるんだろう! 

アイノカタチをハッキリ見せてもらえたところで、第1章が終わってしまいました。

 

そして、第6話。第2章がスタート!

え !? いきなり、良一が死んでしまうなんて!

もう良一(竹野内豊さん)に会えないの!?

そんな~! さみしすぎる! 

葬儀のシーンまで、涙なしてみることができませんでした。

みゆきが亜希子さんのことを「おかあさん」と何度も呼んだところで

涙があふれました。

 

みゆきの成長とともに、あ、ドラマの風が変わった気がしました。

ドラマの中では、9年の歳月が流れました。

これを違和感ととるか、流れととるかは、人それぞれ。

すっかりこのドラマにはまっている私は、これはこれでプチ感動

なんだか、すべてがつながっているんだ、ということに小さな驚きが・・・

 

子役が先に決まったの? 役者陣の選出にも興味がわく

子役がこの役者へパトンタッチ。

おぉ、なんだか面影ある! どういうこと。

この配役抜擢はすごい。子役から大人? 大人から子役?

みゆきちゃんも大樹くんも幼いころの面影があるように見えてきます。

子どもの頃の表情が似ているんです。芝居が上手だから?

どちらから選ばれたんでしょう。

大樹役の井之脇海さんの役どころが、ちょっと良一とかぶってしまうように

見えるのも演じる力の魔力?

ひょうひょうとした表情。電車内のちかんを制するところや、

みゆきが消えるように念じるクーラーをさりげなく止めるところなど、

父・良一をほうふつとさせるではありませんか? 

いい感じです。思わず、若い二人の恋を応援したくなりました。

 

第2章は、竹野内豊さんから佐藤健さんへバトンタッチ?

それから、麦田章役の佐藤健さん。

今まで、チョロチョロと出演していましたが、そうだったのか、

こう来たか! 

ここにつながっていたんですね。

やられた~ッ! と叫んでしまいました。

今までのチョロチョロ顔出し的な役割から、こんなに重要なポジションに

移行するんだ。はは~ん。後半、がぜん重要なポストにつくのですね。

 

正直、第一章では、彼の出演に、ときどきイラッとしたりしていたのでした。

公式サイトには、佐藤健さんはキーマンとしての役割、というようなことが

書かれてあり、どこが? と思っていたところでした。

 

麦田章という男が、転々と職を変えるわけもよくわかりました。

章の父親役には、宇梶剛士さん。

この親子と亜希子がどう関係してくるのかも、後半のお楽しみとなりそうです。

 

まさに新しいドラマ展開がスタートするってことなんですね。

みゆきと大樹の小さな恋もお楽しみのひとつになりそう。

亜希子と麦田章の関係はいかに?

次回は、8月21(火)です。

待ち遠しさが倍増しています。

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

義母と娘のブルース第6話 楽しみと名残惜しさのはざまで

義母と娘のブルース  第6話 放送まであと10時間たらず。

楽しみです。先週から楽しみにしていたのですが、

ふと、気がつきました。

 

もしや、良一(竹野内豊)さんをもう見ることができなくなる?

あの優しい笑顔に会えなくなるわけ?

あのあたたかな優しい声が聞けなくなる?

それは、あまりに寂しすぎ。

 

だから、今夜放送のこのドラマには特別な感情がわきそうな予感。

番組の公式サイトを見ると、新キャストが登場! とのこと。

 

高校3年生に成長したみゆきちゃんを演じるのは上白石萌歌さん。

謎の高校生として、井之脇海さんが。

佐藤健さん扮する麦田の父親に、宇梶剛士さん。

みゆきの親友役には、水谷果穂さんが。

 

新キャストで繰り広げられるまさに第2章がスタートするのか・・・・

 

私は個人的にドラマの回想シーンというのがあまり好きではないのですが、

このドラマにいたっては、回想シーン、想像シーン、大歓迎。

良一(竹野内豊)さん登場ならどんどん回想しちゃって~!

祈る思いです。

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

義母と娘のブルース第5話 二人の会話から愛のカタチが溢れてる 涙こぼれる

もはや涙なくして見ることができなくなってしまった、義母と娘のブルース

第5話は夫の入院です。ピンピンコロリと人生を終えようとしていた良一が、

生きたい、死ぬのが怖いと本音を亜希子にぶつけます。

 

亜希子と良一の交わす言葉が切なくて、胸がしめつけられます。

その会話からあふれる愛。

愛は見えないけれど、確かにそこにある、と思わせる。

そして主題歌が「アイノカタチ」とくるこのドラマは、かなりすごい。

流れるBGMに涙し、ラストのテーマ曲「アイノカタチ」が流れるときには

もうあきません。号泣。

 

第5話は、二人の愛が育っていることが十分すぎるほど伝わってきました。

みゆきを真ん中に川の字で寝るという、家族の象徴そのもののシーンの中での

せりふひとつひとつが心にしみました。

 

「あきこさん」と言った良一の優しい声。

妻を呼ぶその優しい声に、目に見えない愛は、こういうところでカタチとなるのか、と

ドキッとしてしまいました。

 

この世の男性たちが、恋人、妻の名前を、あんなふうに優しく愛おしく呼びかけたとしたら、

きっと女性たちはとても幸せな気持ちに包まれるのでしょうね。

 

「みゆきがどんな女の子になるのかなぁ」という父の気持ちがいっぱいのセリフにも

ジーンときてしまいました。見届けることができない、かもしれないことが辛いです。

どんなに健康な人も、元気な人も、いつどうなるかわからないのが、人生。

見届ける保証なんてどこにもないけど、元気なら、見届けることができるに決まっている、

と思い込める。そんな幸せに気づかされる瞬間でもありました。

 

感情移入が激しすぎ、なかなか感想が書けません。

ほかのドラマもも見ているのに、このドラマに力が入ってしまいます。

 

第5話の後に、次の予告がなかったわけがわかりました。

義母と娘のブルースの公式サイトを見て・・・。

ドラマは第2章に。みゆきは成長し高校3年生になっているようです。

予告のタイトルには、第2章スタート! 父の愛がつなぐ10年~新たな出会いと奇跡とありました。

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

松本清張ドラマ 疑惑 が待ち遠しい 2019年放送予定ですって

早くも来年のドラマの制作発表が。松本清張 ドラマ 疑惑

松本清張ファンには、楽しみなドラマ予告です。

松本清張ドラマ、と向田邦子ドラマの人気は不滅です。

松本清張原作の『疑惑』がドラマ化されるという発表があり、今から楽しみです。

2019年の放送月は未定のようです。

新春早々だと嬉しいです。発表があり次第、このブログでもご報告します。

 

女優は、米倉涼子さんと黒木華さん。

佐原卓子という42歳の民事専門の敏腕弁護士を演じるのが米倉涼子さん。

白河球磨子という傷害や暴行、恐喝で4つの前科を持つ女性、33歳を演じるのが黒木華さん。

どちらの名前も個性的。

卓子ってたくこ? と読みそうになるけど、たかこ。

球磨子はたまこって読みそうになるけど、くまこ。

たかことくまこの物語です。正義と悪の対決物語になるのでしょうか。

共演者の発表は近々あるとのことです。楽しみです。

 

松本清張の小説のストーリーは、毎回息をのむほどスリルがあり、何度見ても飽きません。

人間がよく描けているので、テレビドラマ化になってもどれも面白くて好きです。

砂の器、鬼畜、黒い手帖、坂道の家、駅路など、携帯電話がないころの話でも

新鮮に見ることができるから不思議です。

疑惑が始まる前に原作を読んでおこうか、原作は読まずにテレビを先に見るか思案中。

なんでも、原作では米倉涼子さん扮する、弁護士は男性なんだとか。原作は読まずに、テレビドラマの世界を楽しむとしようか・・・。

秋になり活字が恋しくなったら、読むかもしれません。

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

義母と娘のブルース第4話 ストーリー、せりふ、主題歌の相乗効果に泣ける!

ぎぼむす見てる? が合言葉になるぐらい人気のドラマ義母と娘のブルース

回を重ねるにつれ、熱い想いがあふれ泣けてきます。

この第4話で、今までがまんしていた涙が一気にあふれてしまいました。

後々、このドラマのかなめとなったのは、この回だ、と思うのかもしれません。

キーワードは、親としてのリレーのバトンタッチ。

 

一生懸命、ことに立ち向かう姿がこんなにも感動を呼ぶなんて。

綾瀬はるかさん演じる岩木亜希子さんの生きる姿勢に、胸打たれます。

そこに、竹野内豊さんのせりふが詩のようにたたみこまれてくるんです。

 

先週予想された、岩木亜希子が母になったいきさつ

先週の予告で、十分予想された、再婚のいきさつ。

おそらくこのドラマを見ている方なら予想できる、そのいきさつ。

余命いくばくもないとわかった宮本良一が、再婚相手に選んだのが

岩木亜希子だったのはなぜかが、明かされていった第4話。

予告を見ただけで想像できたそのストーリーが、見ると想像よりも感動的でした。

このドラマの脚本も配役も完璧じゃん! 

 

二人が手をつなぐシーンもかわいくて素敵でした。

きっと演じながら竹野内豊さん、綾瀬はるかさんのこと、「かわいいなぁ」と

感じてるだろうな、と想像してしまいました。余計なお世話だ、と言われそうですが。

 

コマなし自転車がこげるようになる、その背後に親の愛

定番だけど、このシーンにもジーンときました。

みゆきちゃんが、何度か練習していた自転車。

コマがない自転車を、持って支えて、の練習。

良一が練習につきあいます。

乗れた~! やった~! 

後ろを見ると、倒れている良一。

どうなるの!?  

ここで、次週へと続きます。

小さな奇跡が起きますように、と願わずにはいられません。

 

主題歌「アイノカタチ」との相乗効果で涙があふれる

MISIAさんが歌う「アイノカタチ」。

ドラマを知り尽くして書かれた歌詞なの? きっとそうですね。

作詞作曲はGReeeeN。コーラスにもGReeeeNのメンバー HIDEさんが参加されているとのこと。

ドラマと歌の相乗効果が、琴線に触れ、涙があふれてしまうというコースになってしまいます。

どれだけ泣けるねん? と思うほどの涙を誘うこの歌、そしてメロディー。

彦丸さんじゃありませんが、歌とドラマの相乗効果やねん~! と叫びたくなります。

それから、ドラマのセリフのバックで流れる曲にも心ゆさぶられます。

 

余談ですが、前回の第3話から、このドラマを2回は見ることにしています。

感動がさらに膨らむからです。

見逃していたことにも気づけるからです。

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

綾瀬はるか ノートパソコン、ボイスレコーダーはやっぱりパナソニック

義母と娘のブルースにハマっています。

次回、第4話は7月31日(火)です。

このブログで感想レポート書いていますが、これは番外編。

 

第3話で、岩木亜希子扮する綾瀬はるかさんが使っていたノートパソコン。

パナソニックでしたね。

PTA役員たちの言動を、録音したボイスレコーダーもパナソニックでした。

おぉ、さすが(?)

パナソニックCМに起用されていますもんね。

こういうところでも、宣伝を怠らない姿勢(?)にも

クスっと笑ってしまいました。

綾瀬さんはパナソニック製品を使うことを誇りに思っているのかな?

やっぱ、パナソニックでしょ、って思っているのかな? 

パナソニックのCМといえば、きれいなお姉さんは好きですか? という

キャッチフレーズが好きです。

 

ボイスレコーダーといえば、ドラマの感想やひらめいたことを

ボイスレコーダーに録音できたら便利だろうな、と常々考えていたので、

このドラマの中で、綾瀬さんが机の上に差し出したボイスレコーダーを見て、

思わず欲しくなりました。

思いついたことをまずボイスレコーダーに吹き込んで、

記事のライティングに役立ててみたいものです。

 

ドラマの演出の小さなことで、なるほど、そっか、と思うようなことや、

なるほど、そうだったのね、ということを見つけるのも楽しいものです。

ドラマの話に花が咲くのもそんな発見があった時です。

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

義母と娘のブルース第3話 PTA廃止運動が感動の結末に

火曜ドラマ 義母娘のブルース

火曜日の夜 10時が待ち遠しくてたまりません。

その気持ちにこたえるべく、火曜ドラマの公式サイトでは、

次のドラマまでのカウントダウンしています。

 

さて、第3話

期待以上の見ごたえでした。

何度も見たいストーリーだったね、感動した! と友だちや妹と話しました。

その通り、再度見てみましたが、2回目には我慢していた涙が溢れました。

 

親の喧嘩に子どもを巻き込むな! に同感、拍手! 

「 子どもの喧嘩に親が出るというのはいかがなものか 」という夫(竹野内豊)に

「 先に親の喧嘩に子どもを巻き込んだのは、向こうのほうだ 」という亜希子。

正論! そうだそうだ、と視聴者は思います。

耐え忍べと? と亜希子。

そのやりとりの夫である宮本良一(竹野内豊)の受け答えもまたいい。

子どもを守る、というのはいったいどういうことなのか、ということも考えさせられます。

 

それにしても、感情的にならずに、こんな風に冷静に現状を把握・分析でき

ひとつひとつを良き方向へ導くべく水面下で行動をすすめていけるリーダーが

いてくれたら、どんな集団もうまくまとまるのになぁ。

岩木亜希子さんのすばらしさ、に脱帽します。

どんな苦難にも屈せず、あきらめず、ひたすら一目散に立ち向かっていけるひと。

よきことのために、よい結果を出すために一途な人を目の当たりにしたら・・・

こりゃ、周囲の人も動かざるを得ません。

 

PTAの仕事を全部一人でやる、という提案を校長室で話そうとしているときに

みゆきが入ってくる。

そんなことやめて、というみゆきに、亜希子の熱い思いが伝わる。

私の大切な娘に、という熱い思いがみゆきに伝わる。

みゆきのナレーションが入る。

私の義母はキャリアウーマンだった。

誰よりもカッコいい。闘うキャリアウーマンだった。

ここで、涙腺が一気に緩んだ。泣けました。

 

子どもをひとりの人として接する亜希子の言葉遣いがステキ

帰宅した亜希子に、マンションの入り口で待っていたみゆきが言います。

「 みゆきも手伝う。手伝う 」

「 ありがとうございます 」 

子どもをひとりの人間として接する、この言葉の丁寧さもいいな。

 

ひとりでPTAの活動をすることになった時の夫宮本良一(竹野内豊)の

包容力にもジーン。PTA活動で、感動のショットを抑えられなかった亜希子に送られてきた写メール。あのシーンにもジーンときました。

 

そして最後は、ハッピーエンド。

PTA廃止と銘打っ手の活動は、PTAが必要という証になりました。

PTA会長の空虚感も埋めてあげて、なんという功績を亜希子さんは成し遂げのか。

それを助けたのは、まぎれもなく夫、娘その周囲の人たちなんですが。

 

義母と娘のブルース  次回は第4話

毎回こんな感動をくれるこのドラマの次回はいったいどうなるの?

予告を見ただけで想像力ふくらみ、泣けてきます。

なぜ、この二人が夫婦になったのか、がいよいよ次回でわかるようになっているんだ、と予告を見て感じました。

奇跡、が人生にどんな風に起きるのか、人それぞれに違うんでしょうが

このドラマを見ていたら、良きことに向かって良き行動をしていたら、奇跡は

割とよく起きるのではないかしらん? と思えてきます。

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村