義母と娘のブルース 第一話からハート熱くなり?

火曜ドラマがスタートしました。

番組タイトルは 義母と娘のブルース

義母という響きがなんとも・・・どんなブルースなんだ?

と思いつつ、見てみた第一話。

いきなり、ハマってしまいました。

 

綾瀬はるかさんはもちろん、宮本みゆき役の子役の横溝菜帆さんの役作りが凄い!

子役にして気迫を感じてしまう。

「家政婦のミタ」を彷彿とさせる宮本亜希子。

亜希子自身も母親との確執、幼いころいじめられた過去を持ちます。

 

義母と娘のブルース 歌のタイトルにも聞こえるこのタイトル。

桜沢鈴 作の4コマ漫画が原作のドラマ化です。

4コマ漫画のストーリーがこんな風にドラマ化されるなんて!

脚本がすごい! と感じました。それもそのはず、

脚本を手掛けたのが、森下佳子さんだとは。

「JIN 仁」「天皇の料理版」「とんび」「百夜行」「世界の中心で、愛をさけぶ」の脚本も

森下佳子さん。朝ドラ「ごちそうさん」の脚本では、向田邦子賞を受賞された注目の脚本家です!

 

語りは、成長した宮本みゆき。

思わず引き込まれてしまいます。

バリバリのキャリアウーマン、岩木亜希子演じる綾瀬はるかさんと

宮本みゆき扮する子役の横溝菜帆さんのストーリーに、

第一回目からいきなり目頭熱くなることしきりでした。

 

ひょうひょうと現れる父親役の竹野内豊さんの声としゃべり方に、

なんだかとっても癒されます。

この方の、話し方はどのドラマも同じようで同じでない。不思議な魅力の俳優さんだとしみじみ。

岩木亜希子と夫婦である、夫婦らしさや恋人っぽさは、

第一話ではあまり感じることはできませんでしたが、これからに期待するとして、

3人の世界はできてきているとしょっぱなから感じました。

宮本みゆきの子役の子のリードで父親らしく見えているという感もいだかないでもなかったけれど。

 

みゆきが困っていることは何か? をリサーチする亜希子。

みゆきが好かれているからこそのいじめ(ではないけど)を受けていることを知り、

その対策に興じるところ。みゆきにその子と立ち向かえと訴えるところに、ジーンとしてしまいました。

今、この世でいじめられているすべての子どもたちを、こんな風に救ってくれる大人たちがいたら、

どれだけ子どもたちは幸せになることだろう、などと思ってしまい胸が熱くなりました。

 

第一話目でこんなにハートがヒートするなんて!

きっとこのドラマ、胸が熱くなるドラマに違いない、とかってに確信。

さてさて、第2話は? 7月17日の火曜日を楽しみに待つことにします。

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

向田邦子を演じた女優たち 山口智子、ミムラ、山田真歩

向田邦子という脚本家のファンになったのは、向田さんが亡くなられてからずいぶん経ってからでした。

向田邦子さんのエッセイや小説、脚本を読みふけるうちに、どんどんその世界に引き込まれていきました。

 向田邦子 その人となりのかっこよさ、生き様の潔さ、切符の良さ、どれもなにひとつ自分には持ち合わせていないステキさに、だんだん憧れを抱くようになりました。周囲の方たちから慕われ、尊敬され、愛され、なんてすてきな方だったんだろう、と思います。

亡くなられた今もなお、その人気は不動です。

向田邦子さんを偲び、向田邦子特集のような企画が組まれていますし。

 

おいしいものが大好きという共通点を唯一見出しましたが、その先には及ばず。向田さんのお料理上手は圧巻。私は食べることが好きなだけで作ることはとんと苦手。下手です。物書きの才能は、食すること、料理を作れること、創意工夫ができることにもあるんだ、ということを向田邦子さんから学びました。

 そんな向田邦子さんを演じた女優さんのことを書いてみたいと思います。

向田邦子の恋文出演の山口智子さん

トットテレビ出演のミムラさん

トットちゃん!出演の山田真歩さん

 

向田邦子の恋文・・・2004年に東京放送系列でテレビ50年特別ドラマで放送されたドラマです。向田邦子を演じたのは女優の山口智子さん。

小説『 向田邦子の恋  』が出た時には衝撃的でしたが、やはりそうだったのか、と向田さんが不倫の恋をしていたのではないか、ということは作品を読んでいると自然と感じるものがありました。

 山口智子さん扮する向田邦子さんの表情、しぐさに何度もドキッとしました。

似ている! 醸し出す雰囲気が向田邦子さんのようでした。

といっても、私自身、向田邦子さんが徹子の部屋に出演されている過去の映像や、雑誌の写真、向田邦子さんを特集した出版本の向田さんしか知らないので、偉そうなことは言えないのですが、後半は山口智子さんが向田邦子さんに見えてきてしまいました。

恋文に秘められた切ない恋心が、山口智子さんを通して痛いほど伝わってきました。

その切ない恋心や実らぬ恋の哀しさは、向田さんの作品に人情の機微を吹き込み作品に命を吹き込んだのだと思わずにはいられません。

周囲の方は、向田さんの恋人の存在に気づいておられたんだと思います。でも、大人ゆえ、そっと見守っていたのかもしれません。向田さんの美しさを写真に込めた、愛情に泣けてきます。彼の死を、受け止める苦しみがまた作品に生きていったのかもしれません。そんな、向田邦子の恋を見事に演じきった山口智子という女優は、素晴らしいと感じました。

向田邦子さんを演じた山口智子さんの素足。それが、向田邦子さんを表していたような記憶があります。ドラマで素足だったのかどうかは、今は思い出せないのですが。

もう一度見てみたいドラマの一つです。

 

トットテレビ・・・ミムラさんが、これまた、とても向田邦子さんでした。

その美しさと気品差にうっとりしてしまいました。

ちょっと微笑むその表情やしぐさは、まさに雑誌の特集で見る向田さんの微笑と似ていて、トットテレビの向田邦子の巻は、録画でも再放送でも何度か見ました。

向田邦子ファッションがとても似合っていることにも、驚きました。

私もいつか、向田邦子さんみたいになりたいな、とファッションやヘアスタイルをまねしたことがありますが、とてもじゃないけれど近づけませんでした。

黒柳徹子さんがこんなに慕っていたんだ、と改めて驚きました。

今もなお、皆に慕われている向田邦子さんの特集が掲載されている雑誌や本に飛びついてしまう私です。

 

トットちゃん!・・・山田真歩

昼ドラ、がいつの間にやら昼というキーワード抜きの  帯ドラマ劇場と命名され、

見たいドラマがあるときは、録画してみるようになりました。トットちゃん!は、

夜に放送してほしい! と思えるドラマでした。

福山雅治さんの主題歌 トモエ学園にも、どれほど涙したことでしょう。

で、ドラマに登場した向田邦子さん。

お、この女優は誰!? と思わず、ドキッとしました。

山田真歩さんという女優さんでした。

ドラマの中で、徹子さんを温かく見守るまなざしが向田邦子さんでした。

徹子さんに、人生を説くその語り方の大人なこと。

人生はイイことばかりが続くわけではなく、いい時もあれば、そうでない時もあるというような内容だったと思いますが、人生の酸いも甘いも知り尽くしたひとの言葉を見事に言ってのけてくれていました。

 

どの女優さんも個性的で、とても向田邦子さんでした。

これからも、向田邦子人気は冷めることがないと信じます。

今も、なお読み継がれる向田作品。

毎年、向田邦子さんを偲んで、雑誌やテレビで特集が組まれるのをみるにつけ、人気の深さを感じずにはいられません。

 

このブログでも、向田邦子さんのことは折れ、取り上げていきたいと思っています。

向田邦子ドラマについても思い出す限り、覚えている限り取り上げたいと思っています。

向田邦子ファンのひとりとして。

 
↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

玉木宏さん&木南晴夏さんが結婚。まさに、幸せな帰る家が なんてドラマチック!

あなたには帰る家がある というドラマにほんとうにハマっていました。

毎週、金曜日が楽しみでした。

このドラマであらためて、玉木宏 という俳優の魅力を知りました。

Twitterでも、玉木宏 という俳優の努力を知りました。これからも、素晴らしい人として、

俳優として、活躍されることでしょう。期待しています。

 

そのパートナーが、女優の木南晴夏さんです。

地道に、一つ一つの役を演じ、仕事をしている素敵な女性です。

最初にこの女優さんのことを知ったのは、『先輩 ROCK YOU』というトーク番組でした。

加藤浩次さんとの司会進行でも、息ぴったりでした。

それは、木南さんの控えめで賢い配慮がそこかしこにちりばめられていたからかもしれません。

 

実に自然に、楽しみながら、でしゃばらず、それでいてしっかり自分を持っている女性だな、と感心しながらも番組に引き込まれておりました。若いのに存在感が半端ないやん、と思いながら見ていました。

それから、ユースケ・サンタマリアさんと優香さんと共演したドラマで見せた、木南晴夏さんの演技は圧巻でした! (あ、ユースケ・サンタマリアさん、お二人と共演されたのですね)。

ぞっとするぐらいの気迫でした。

タイトルは 火の粉 

副題は、あなたの隣に住む狂気

このドラマでも、ユースケ・サンタマリアさんはかなりえぐかったのですが、

木南さんは、それに負ける劣らずの気迫で立ち向かっておられました。

 

そして、私が木南晴夏という女優の魅力にグッと引き付けられたのが、

このブログでも書きました昼ドラです。

帯ドラマ劇場 越路吹雪物語 で演じた、岩谷時子。

若かりし頃の岩谷時子さんを、見事に演じ切りました。

きっと、岩谷時子さんという方は、こういう方だったんだ、と思わせてくれました。

 

こんなお二人が、出逢い、共演し、そして恋に落ち、ご結婚される、と知り、

本当にうれしくなりました。

いろんな方々が祝福のメッセージに、同感!です。

 

ほんとうにおめでとうございます。

いつまでもお幸せに~ (^^♪

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

 

ドラマの話をしましょ 番外編 更新しない言い訳 と予告

ドラマの話を綴りたくて始めたこのブログ。

書いているうちに、いろんな書きたいことが芽生えてきました。

月曜日~金曜日までは、仕事をしているので、なかなかパソコンを開く時間が作れずにいます。

土日は、飲み会や食事会に出かけること多く、

これまたパソコンとは無縁の一日を過ごすことになります。

仕事が終わり、晩ご飯を食べ、ドラマを見て、さぁ、パソコンに向かうぞという時には、目を開けていられないくらいの睡魔に襲われます。

これが、若かりし頃とがぜん違うところです。

40代後半ぐらいまでは、寝なくても平気なくらい夜ふかしが平気な体質でした。

最近はとにかく眠い。

ごろりと寝転んだらすぐに爆睡してしまう日々です。

 

取り上げたいと思っている記事のことを、3行書いては、眠気に襲われ、

また明日、とパソコンを閉じる日々。

今夜もそうなりそうです。

 

書いてみようとしているのが、向田邦子さんを演じた女優のこと。

向田邦子という脚本家であり、小説家であり、料理家でもあった女性を演じた

ドラマと女優について、書いてみようと思っています。

予告だけしておくことにします。

 

ごきげんよう。

そしてまた、このブログをご訪問くださいね。

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

あなたには帰る家がある 最終回 このドラマの続きが見たい!と思える最終話

あんなに楽しみにしていたドラマが、ついに終わってしまいました。

金曜ドラマ あなたには帰る家がある

おおいに盛り上がらせてくれたいいドラマに合えて一視聴者として

大満足しています。

 

どんでん返しでくるくるまわって、結局落ち着くところに落ち着きました。

茄子田家夫婦のハッピーエンドになるなんて、これまた意外な結末でした。

中谷美紀扮する佐藤真弓という女性は、なんていいやつなんだろう、と

思いました。自分の夫をそそのかした女のために、一芝居売ってやれるなんて、

人間の器が大きい。素晴らしい女性だわ。なかなか、いないよね、こんなひと。

 

真弓と秀明は結局、別れたままで、もとのさやにはおさまれませんでしたが、

好き同士であることには変わりなく、恋人みたいな関係をスタートさせました。

息子と娘たちも、互いの愛を育みつつあるようで。

あんなに、不気味だったり悲惨だったりしたのに、ラストはハッピーエンドに。

 

あなたには帰る家がある 最終回レポート

久しぶりのヒット作品に出合えた喜びに満たされた作品でした。

友人や家族ともこのドラマの話をたくさんすることができました。

いろいろなことを考えさせられるドラマでした。

そして何より、このドラマの続きが見てみたいです。

真弓と秀明の関係は、どうなるのか?

綾子と太郎は、今度は本当に愛し合うんだろうか? 

まさか、綾子さん、また別の男を見つける? な、わけないか。

いや、無いとは言いきれない?

子どもたちの付き合いはどうなるの? まさか、結婚はしないよね?

したら、茄子田家と佐藤家は親戚に?

いずれにしても、このドラマの続き、大いに気になるところです。

回想シーンのオンパレードはなかったし、見ごたえある11話でした。

というわけで、このドラマの最終回は高得点です。

ストーリー ★★★★★

期待度 ★★★★

もう一度見たい ★★★

このドラマの続きが見たい ★★★★★

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

 

 

正義のセ 最終回 凛々子、事務官との微妙な距離感のまま

下町の豆腐屋の娘、竹村凛々子とその家族。

横浜地検で新米検事として懸命に事件と立ち向かう。

どんな困難にもへこたれず、挑み続ける。

よく笑い、泣き、怒る。

喜怒哀楽を正直に表しながら、周囲の人を良き方向に巻き込む。

そんな情熱的な新米検事。

正義のセ とうとう最終回。

周囲の検事や事務官も、自然に彼女の情熱に協力してしまう。

そんな凛々子が、まっこうから、正義とはなんぞやと挑んでいくところに

胸打たれたりもしました。

 

難しすぎるテーマの時は、セリフやドラマ展開とテーマのアンバランスさに

違和感を感じたりもしてしまいました、が、竹村凛々子を演じ切った

吉高由里子さんの魅力にまた来週も見よう、と思って見続けてしまいました。

 

ストーリーよりも、担当事務官との掛け合い(漫才ではないけれど・・・・)、

距離感の変化が、めちゃおもしろかった。私的には、このドラマ、それに尽きます。

最初から、2話、3話、と距離感がどんどん縮まり、かといって恋に発展するわけでもなく、

あれよあれよという間に終わってしまいました。

 

港南支部のエース検事、大塚仁志扮する三浦翔平との関りも

中途半端に終わってしまったような気がします。

 港南支部の支部長演じた寺脇康文さんの役どころも、ただただ甘く、優しすぎ。

包容力を表したかったのかもしれませんが、もう少し大人の男性の魅力や渋さが

寺脇康文さんなら出せたはず。

これまた残念でした。

 

正義のセ 最終回レポート

回想シーン連発ではなく、ラストにふさわしいストーリーとゲスト俳優起用でした。

人間関係のからみが、全体的に希薄な感じで終わってしまったように思え、

期待はずれでした。

ストーリー ★★★

期待度 ★★★

もう一度見たい 

このドラマの続きが見たい ★★★

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング

あなたには帰る家がある 第10話 どんでん返しに思わず涙 

とうとう、ラスト2。これが最終回でもよかったくらいの完成度でした。

感動しました! ユースケ・サンタマリアさんの想いが切なく、泣きました。

あなたには帰る家がある

本当に楽しみだったドラマが、とうとう終わってしまうのが寂しいです。

 

佐藤秀明役の玉木宏さん、最初から最後まで声をひそめて

おどおどしっぱなし、陰から妻を垣間見るだけ。

自分には見せなかった妻の笑顔。妻の言動。

それを、ひやひや、やきもき、おどおどしながら陰から見つめる、

ふがいない男を見事に演じ切りました。

玉木さん、いたの? というくらい影をひそめておられました。

最終回はどんなセリフをいうのでしょうか?

 

前話の感想の記事で茄子田綾子のことを、

嫌な女でかたづけられない悲しい過去がありそうで・・・・・と書きましたが、

哀しい過去を背負っていたのは、夫の茄子田太郎だったのですね。

綾子という女性をただ、幸せにしたかっただけ、という想いが見事に裏切られる。

結婚するとき、自分以外の男の子どもを身ごもっている

それを承知でその女と子どもを守る、そんな一途な男だった

綾子の母の葬儀に、(自分の子どもではない)息子と一緒に堂々と現れる。

自分の息子を誇らしげに見守る親父ぶりは、素晴らしかった。

ジーンときました。

 

 茄子田太郎ってなんていい人だったの !?  思わず涙

こんなに男らしく優しく、人間味あふれるいい男だったのか・・・。

最初のほうの、ただ不気味だった印象はなんだったのでしょう。

息子と妻を愛する夫である。思わず視聴している私たちが涙する。

その伏線は十分すぎるぐらいありました。

 

車を運転中に、佐藤が車に酔い履こうとしているときに、

スリップしている車を見つけ、全身全霊で援助する。

その時にスラックスに、泥をかぶる。

お礼を言われるのは、カッコいい佐藤(玉木宏)。

そんな縁の下の力持ち、陰で懸命に良きことをるす男が茄子田太郎だった。

 

それにしても、綾子という女はいったい何なの?

つまみ食いが好きな、ただのお騒がせオンナということ?

妻がいようと自分が惚れた男なら、お構いなしに自分に振り向かせる、という

そんなことを繰り返すオンナだったのですね。

夫の想いを知り、どうなるの?

それでも、佐藤秀明と暮らすと言い張るわけ?

 

真弓の提案、茄子田太郎と慎吾と幸せになるはどうなる?

そばで聞いていた綾子に、わざと聞こえるように言ったように思えなくもないけれど、

ま、それもアリかな、と思える終わり方でした。

あなたには帰る家があるの公式サイトの次号予告を見ると、

やはり、それは本心ではなく綾子に聞かせる言動だったようです。

 

これが最終回、といわれてもあり得るくらいの終わり方でした。

次回、いったいどうなるんでしょう?

息をひそめていた佐藤秀明(玉木宏)は、ここぞという男気を見せてくれるのかしら?

いったいどんな結末が待っているのでしょうか?

帰る家は?

佐藤秀明、茄子田太郎の帰る家はどこに?

 

いよいよ次回は、待望の最終回。

楽しみに待つことにします。

 

↓ ブログランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。


ドラマランキング